インターンが押さえるべき"仕事の基本"10

この経験があなたの未来を変えるかも!?

人気の記事

日本でも多くの企業が取り入れるようになってきたインターン制度。欧米では、経験の少ない学卒者はインターンを経てから採用されることが多いと言われている。

そこでコスモポリタン アメリカ版から、インターンとして働くうえで「押さえておくべき10のポイント」をお届け。就活中の人はぜひチェックしてみて。

ADの後に記事が続きます

1. メモをとる

上司に呼ばれたら必ずペンとメモを持参で。話や指示をちゃんと記しておく姿勢を取りましょう。上司やスーパーバイザー(教育係)にとって一番手間なのは、1度教えたことを繰り返し聞かれること。メモを取らなかったばかりに2度手間をかけさせるなんて論外ですし、そのせいで仕事のミスが起こってしまっては、それ以上に問題。メモを持参して、言われたことは正確に記すべし!

2. 手書きの手紙/メッセージを贈る

面接官や、インターンでお世話になった方々に感謝を伝えるひとつの方法がこれ。メールももちろん良いのですが、手書きで贈る言葉はやっぱり特別。インターンで過ごした時間がとてもためになったこと、その経験が貴重だったことを伝えることで、きっと面接官やスーパーバイザーの印象に残るはず。

3. よく観察して吸収する

上司とそのチームがどのように仕事をしているのか、まずはじっくり注意深く観察することが大事。もちろん、やる気を持って現場へと飛び込んだのだから、「自分のアイデアや、独自のやり方でやってみたい」と意気込むのもよくわかります。でも、まずはしっかり吸収すること。インターンのときは勉強すべきことがいっぱい。自分のやり方を主張するのはそれからでも全然遅くないはず。

4. チャンスを与えられたら、とにかく何でもやってみる!

インターンは、あらゆることを吸収して成長するとき。もしチャンスを貰ったら尻込みしたり遠慮したりせずに、何でもやってみましょう。それに失敗だって成長の元。また、いろいろ体験していくことは、結果的に多くの人々と関わることになり、自然と人脈を築けるというメリットも。

5. ちゃんと話を聞く

上記でも述べたように、やはり上司やスーパーバイザーの言うことをしっかり聞くことが大事。同じことを繰り返し言わせないこと。やる気があるのに、"話を聞いてないな"なんて思われたら損ですよ。

6. すべての人に敬意を払う

上司や先輩たちには敬意を払うこと。当然のことかも知れませんが、インターンとして働き始める前に今一度認識しておきましょう。彼らはそれなりの経験を積んできたからこその上司や先輩なのですから、そのことにはちゃんと敬意を払うことを忘れずに。

7. 自ら動こう

指示を待つのではなくどんどん仕事を探して積極的に動きましょう。もしやることがどうしても見つからなかったり、どうするのがベストなのかわからない場合は誰かに聞いてみること。それによって印象が悪くなることはないはず。他にも希望者がいる中でせっかくインターンシップを勝ち取ったのですから、ここで時間を無駄に過ごすわけにはいきませんよね。

8. ダブルチェックならぬ、"トリプルチェック"をしよう!

誤字脱字や、数字のチェックは念入りに。ちょっとしたケアレスミスですが、繰り返せばやはり信頼を失ってしまいます。そうなれば任される仕事も減り、その分経験を積む機会が少なくなってしまうのです。とにかくチェックはしっかりと! 慣れればどうってことないですよ。

9. 質問する

分からないことがあったら恐れず質問しましょう。同じ質問を何度もするのはいけませんが、事後に問題になってしまうより、事前に入念に説明できたほうが上司も安心できます。何より、作業を深く知ることができます。

10. なるべく多くの人とコミュニケーションを取ろう

もし社内で初めての相手と話すことがあったら、自己紹介はマスト。たくさんの人とコミュニケーションを取りましょう。あなたのことを知っている人が増えれば増えるほど、職場での可能性は広がるのだから。また、上司やスーパーバイザーと話す機会があったら、いろいろと聞いてみましょう。コーヒーブレイクでもランチタイムでも、チャンスあれば、気になることや教えてほしいことなど、話してみると得られるものがいっぱいあるかも。積極的にコミュニケーション取ることは、あなたのお仕事への積極性や情熱をアピールすることにもつながるはず。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
テーブルに並んだ様々なお酒のグラス
キャリア
シェア
え、ロンドンに「二日酔い休みOK」の会社がある!?
就職したい…
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾、第二弾はこちらから。
キャリア
シェア
外務省志望から音楽の道へ!成功のカギは「続ける意志と覚悟」
転機は学生時代の、とある「出合い」。自分の夢を生き続けるコスモガール、ティガラに直撃♡
仕事での評価を…女性CEOが、髪の色を変えた悲しい理由
キャリア
シェア
正しい仕事の評価を…女性CEOが髪の色を変えたワケ
女性は外見で判断されてしまうの…?
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾はこちらから。
キャリア
シェア
どこで差がつく?20代で成功した女子から学ぶ「人脈づくり」
理想のライフスタイルを築き、キャリアアップに成功したコスモガールをご紹介!
女性起業家2人が「架空の男性社員」を必要としたワケ
キャリア
シェア
2人の女性起業家が「架空の男性社員」を作り出したワケ
性差別を逆手にとった女性たちがカッコいい!
輝く2018年に!参考にしたい世界のコスモガールの抱負
キャリア
シェア
輝く2018年にするために!世界のコスモガールの野望
海外移住、アートの制作、スキルアップ…5カ国のitガールの新年の目標をリサーチ!
キャリア
シェア
私はこうやってつかみ取った!「理想のライフスタイル」を築くまで
自分らしく輝くキャリア女子を徹底調査!憧れのライフスタイルはどうやって手に入れた?
優秀な女性ほどリスクあり!?「詐欺師症候群」とは?
キャリア
シェア
デキる女性が陥りやすい「詐欺師症候群」って、何?
自身を過小評価し不安になる「詐欺師症候群」、その傾向と対策をご紹介。
80年代、プレイメイトが過ごした刺激的な日々
キャリア
シェア
プレイメイトとして過ごした「刺激的」な80年代
雑誌『プレイボーイ』でプレイメイトに選ばれた女性に聞く、「プレイボーイ・マンション」って本当に大人の楽園? 彼女の80年代を振り返るエピソード
キャリア
シェア
人気モデルが子ども達の未来のために立ち上げたNPO団体とは
子供たちに夢を見つけてもらう「DREAM PROJECT」って?感動のエピソードも教えてもらいました。