バリキャリからヨガ教師へ!ある女性の華麗なる転身

年収1,000万超の仕事を辞め、自分の生き方を見つけた女性の告白

人気の記事

人生においてお金は大切。でも、お金だけが人生じゃないのもまた事実。ハードワークに追われる毎日の中で、"自分が本当になりたい自分"について考えたことのある女子も少なくないのでは…?

今回はコスモポリタン アメリカ版より、キャリアを捨て、"ありのままの自分"として生きる道を選んだ女性、サラ・ディヴェロさんの体験談をお届けします。

心が病んでいくのを感じていました。

ADの後に記事が続きます

31才のころ、私は年商約85兆円の金融系企業のPR部長として働き、年収は1,000万円以上ありました。でも、今は安定した仕事も高収入も捨て、ヨガ教師兼ライターをしています。…というとシンプルな話に聞こえるかもしれないですが、私にとってはとても大きな決断でした。

10年近くのあいだ、私は脳がマヒするぐらい働き、官僚主義的な会社の気質にも耐え、憂鬱な日々を送っていました。それもすべてお金のため。でも少しずつ心が病んでいくのを感じていたのです。

厳しい業界でストレスをともなう業務と出張続きの生活が根本的な問題でした。私はとにかく疲れ切ってしまったのです。家族や友人、そして私と同じぐらい出張の多い婚約者と過ごす時間はほとんどありませんでした。私も彼もいつもスーツケースはドアの前に置いたまま。小さいアパートの狭い納戸にスーツケースを出し入れする手間を考えたら、そのほうが楽。そんな風に思うぐらいお互いに出張つづきでした。

ストレスで行き詰った私は、ヨガにのめり込みました。残業、コーヒーの飲み過ぎ、精根尽きているのに明日も必死で働かなくてはならない…そういった辛さからの解放を求めてヨガクラスに通いました。1時間半のクラスではまず集中し、深呼吸して緊張をゆるめていきます。そして静けさに身をゆだね、元気を取り戻すのです。

そんなとき、「本当にすべきことを、今の私はやっていない」という自分自身の心の声を聞いたのです。でも当時の私は心の声に耳を傾けるには忙しすぎました。そして「キャリアも大切」と思い込んでいました。

「作家になりたい」という贅沢な夢の代わりに、私の目の前にあったのは学生ローンの支払いという現実でした。

そんな風にしてなんとか日々をやり過ごしていたのには理由がありました。私は貧しい家庭で育ちました。洋服はお下がりばかり。いつもお金の心配をしていたのです。親戚中で大学に進学したのは私が初めて。人生を自分自身で切り開いてきたのです。本当は「本を書きたい」という憧れがあったけれど、就職に有利な学部を専攻しました。「作家になりたい」という贅沢な夢の代わりに、私の目の前にあったのは学生ローンの支払いという現実でした。

「やらなくてはならないからやること」と「本当にやりたいこと」の間には大きな溝があり、その溝はだんだん大きくなっていくものです。こんなことを続けているべきじゃない、と知っていても自分に嘘をついていれば何十年かは過ぎていきます。でも気づかないうちに、自分自身が壊れてしまうのです。

私がそのことに気づいたのは、ロッキー山脈で開催されたある大事な会議に参加したときです。高山病によるめまい、夜遅くまで続く会議、そしてワイン漬けのビジネスディナー…私は疲れ果てていました。ある晩、夜中にふと目が覚めると、自分がどこにいるのか本当に分わからず混乱してしまいました。

今すぐに自宅に飛んでかえり、婚約者の胸に顔を埋めたい衝動にかられました。でも私は標高3,200メートルもの山の上、彼も出張でロンドン。スケジュールと時差を考えると、実際に彼と話せるのは何日も先のことです。「私たちは最強のカップル!」と信じてきたけれど、そのとき「こんな状態のときも会えないなんて、本当に私たちはカップルなんだろうか?」と思いました。何かを変える必要があったのです

ADの後に記事が続きます

私はヨガに救いを求めつづけました。自宅に戻るとヨガ講師になるためのコースに申し込みました。ヨガをより深く知り、自分自身をさらに解放するためです。実際にヨガ講師になるつもりはまったくありませんでした。「高学歴→高キャリア」を目指してこれまで頑張ってきたのです。このままキャリアを積むべきだと自分に言い聞かせていました。

私よりずっと経験の少ない人が新しい上司に就任。私が数カ月掛けて成功に導いたあるプロジェクトを、今後彼女がすべて担当することが全社会議で発表されました。これが我慢の限界を超えた瞬間でした。

そうこうしているうちに金融界が不安定な時期となり、競争がさらに激化していきました。私よりずっと経験の少ない人が新しい上司に就任。私が数カ月掛けて成功に導いたあるプロジェクトを、今後彼女がすべて担当することが全社会議で発表されました。これが我慢の限界を超えた瞬間でした。私は辞職願を出しました。

会社を辞めることにした私はひと夏を休暇として過ごし、ヨガを教えたり自分を立て直したりする時間に使いました。でもまたいつかPRの仕事に戻り、バリバリ働くつもりでした。このとき私はすでに結婚していたのですが、夫は私が休みを取ることに大賛成でした。しかし私は仕事を辞めると決めたとたん、子どものときからしみついた「お金がなくなるのでは…」という恐怖に取りつかれてしまったのです。ヨガを教えるだけでなく、コンサルタントとして働くことでお小遣いが稼げるから、と自分に言い聞かせました。

会社を辞め、家で過ごす初めての朝。アパートの中をぐるぐると歩き回りながら、心は空しく、孤独で不安な気持ちでいっぱいでした。心を静めるように努めたものの、頭の中はどうやってヨガ講師の仕事を見つけようかとそればかり考えていました。

ヨガクラスを初めて受け持つ日。12ページ分ものメモを握りしめて会場に到着し、歯ががちがち音を立てて震えるほど緊張していました。こんなことはハイヒールにスーツ、メイクもばっちりキメた姿でステージに上がり、プレゼンしていた前職時代にはなかったことです。でも今はもうスーツやメイクで自分をごまかすことはできません。裸足にすっぴん、ヨガウェアを着ただけの「ただの私」。本当に怖かったけれど、たぶん「素のままの私」で勝負した初めての体験でした

ストレスで疲れた人々が私のリードで深呼吸し、集中力を高め、緊張をほぐす。そして静けさに身をゆだねて元気を取り戻していく…。ヨガが作り出す流れの一部に私が存在し、そして人々を助けていることに喜びを感じました。

夏は過ぎ、私はいまもヨガ講師をしています。PRの仕事に戻ることはもうないでしょう。私のアップダウンの激しい人生を通じて学んだ「本当にやりたいことを見つける」ことをテーマにした本も執筆しました。身体のバランスや人生の方向性、そして達成感を探すための「ツールとしてのヨガ」を全国各地で教えています。毎日が完璧なわけではありません。でも「これこそ自分がすべきこと」と信じていることをやっているとき、大きな満足感が得られます。そしてこれは他の何にも代えがたいものなのです。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 宮田華子

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾はこちらから。
キャリア
シェア
どこで差がつく?20代で成功した女子から学ぶ「人脈づくり」
理想のライフスタイルを築き、キャリアアップに成功したコスモガールをご紹介!
女性起業家2人が「架空の男性社員」を必要としたワケ
キャリア
シェア
2人の女性起業家が「架空の男性社員」を作り出したワケ
性差別を逆手にとった女性たちがカッコいい!
輝く2018年に!参考にしたい世界のコスモガールの抱負
キャリア
シェア
輝く2018年にするために!世界のコスモガールの野望
海外移住、アートの制作、スキルアップ…5カ国のitガールの新年の目標をリサーチ!
キャリア
シェア
私はこうやってつかみ取った!「理想のライフスタイル」を築くまで
自分らしく輝くキャリア女子を徹底調査!憧れのライフスタイルはどうやって手に入れた?
優秀な女性ほどリスクあり!?「詐欺師症候群」とは?
キャリア
シェア
デキる女性が陥りやすい「詐欺師症候群」って、何?
自身を過小評価し不安になる「詐欺師症候群」、その傾向と対策をご紹介。
80年代、プレイメイトが過ごした刺激的な日々
キャリア
シェア
プレイメイトとして過ごした「刺激的」な80年代
雑誌『プレイボーイ』でプレイメイトに選ばれた女性に聞く、「プレイボーイ・マンション」って本当に大人の楽園? 彼女の80年代を振り返るエピソード
キャリア
シェア
人気モデルが子ども達の未来のために立ち上げたNPO団体とは
子供たちに夢を見つけてもらう「DREAM PROJECT」って?感動のエピソードも教えてもらいました。
【私の生き方】90年代、スーパーモデル全盛期のパリで学んだこと
キャリア
シェア
90年代スーパーモデル全盛期のパリで学んだ生き方
新しいことに挑戦し続ける! パワフルに生きるSAKURAさんの秘訣とは?
キャリア
シェア
必ずYESと言う!ラッシュの商品開発、アイデアの源は?
ラッシュの個性的な商品って、どんな人が作ってる? ラッシュ共同創立者ロウィーナ・バードさんインタビュー
キャリア
シェア
人気モデルが立ち上げた、子ども達のためのボランティア活動
夢を持って生きて欲しい!NPO団体「ランド・オブ・ドリーム」に込められた思いとは?