世界の「若手女性起業家」7人が、仕事を始めたワケ

彼女たちが起業したきっかけとは?

人気の記事

若い世代が続々と起業する現代。もちろん男性だけでなく、今は女性の起業家もたくさん!

そこでコスモポリタン イギリス版から、若くして起業した海外の女性起業家7人を紹介。

勇気ある女性たちの仕事っぷりや、生き方はとても刺激的! 起業の理由やきっかけは?  資金はどうしたの?などなど、起業に興味がある人は参考にしてみて。

ADの後に記事が続きます

1. ニナ・ディヴァーニ(18歳)

コンピュータ・セキュリティ会社 Devanisoft.com

父のFacebookがハッキングされたことが、彼女にとっての転機。彼女はパスワードを忘れやすかった父のために、パスワードを簡単に思い出せるアプリ<Prompt Me Nina>を開発し、たちまち10,000ポンド(約140万円)の出資金を集めることに成功。彼女のモットーは、「まだ若過ぎる、大変そうなどとは考えず、成功するためにはまずやってみること」なんだそう。彼女が起業したのは、4年前の14歳のときだというから驚き!

2. アン=マリー・イマフィドン(25歳)

女子向けソーシャルエンタープライズ Stemettes

彼女はかつて神童として知られ、10歳のときに数学と情報技術においては義務教育(イギリスでは5~16歳)を修了。20歳になる前に名門オックスフォード大学の修士号を取得した才女の中の才女。女の子たちが理数科学の分野で活躍できるよう手助けする会社を起業し、ハッカソン(ソフトウェア開発の短期集中プログラム)や座談会、メンター制度などを提供しているそう。アン=マリーさんいわく、「プログラマーや化学研究者が女性の憧れの職業になったらいいな」とのこと。

3. ローレン・ポール/モリー・トンプソン(ともに29歳)

いじめ反対チャリティー団体 The Kind Campaign

大学の友人だった2人は、学生時代ともにいじめにあった経験を持ち、ローレンさんにいたっては自殺まで考えたほど悩んでいたそう。2人はいじめに反対するドキュメンタリーの製作を手がけ、「The Kind Campaign」というチャリティー組織を設立。このドキュメンタリーはイギリスだけでなくアメリカの学校でも上映され、数千人もの女子学生への啓蒙に役立っているそう。

ADの後に記事が続きます

4. オルガ・ヴィディシーヴァ(30歳)

オンラインマーケット Shoptiques.com

まさにアメリカンドリーム(?)を実現させたのがオルガさん。ある休日にネットでかわいい靴を見つけたものの、残念ながらそのショップは遠方にあり、ショッピングサイトも持っていなかったのだとか。このことをきっかけに彼女の会社が誕生。住んでいるところに関係なく、いろいろなお店、ブランドの商品を買えるサービスをスタートさせたところ大成功! しかも驚くことに、彼女が17歳でキリギス共和国からアメリカに移住してきたとき、一言も英語を話せなかったのだそう。とにかく夢は大きく持つべき!と教えられているかのよう。

5. ミシェル・ファン(29歳)

コスメの定期購入サービス Ipsy

16歳でメイク法やスキンケアに関する動画をYouTubeにアップし始め、たちまち大人気となったミシェル・ファンさん。テレビの世界からも多くのオファーを受けていた彼女だけど、そのオファーを断り続け、4年前に立ち上げたのが、コスメの定期購入サービス。月額10ドル(約1100円)で、毎月ミシェルさんがセレクトした、各会員に合うコスメ商品が届くというサービスで、既に150万人以上の利用者がいるそう! これまでの試み全てが成功してきたわけではないけど、失敗してもくじけなかった彼女いわく、「失敗したから学ぶことができた。それが一番の教訓かな」。

6. オリヴィア・ウルンバーグ(26歳)

グルテン、小麦、乳製品、精製砂糖など不使用のスウィーツを販売 Livia's Kitchen

栄養学のプロを目指していたオリヴィアさん。自身が食品アレルギーに悩まされていたからこそ、今のビジネスにたどり着いたのだとか。彼女は小麦と乳製品アレルギーと診断されたとき、スイーツを食べたいなら、小麦粉や乳製品を使わないスイーツを作ろう!と発想の転換を試みたそう。作ってみたらおいしい上に、小麦と乳製品を摂らない生活を続けて体調がよくなったということもあって、ビジネス化。最初は実家のキッチンからスタートした会社だったけれど、今では彼女の商品はイギリスの百貨店でも購入可能。レシピ本も発売され、大人気とのこと。

7. エミリー・ブルック(29歳)

自転車の安全グッズ販売会社 Blaze

"好き"が高じて起業したエミリーさん。プロダクトデザイナーであり、サイクリングが大好きだった彼女が、その2つを合体させようと作ったのが今の会社。扱っている商材は、事故を防ぐための自転車専用レーザーライト。彼女はクラウドファンディングを利用し起業したそう。銀行から多額のお金を借りなくてもできる起業の良い例。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
テーブルに並んだ様々なお酒のグラス
キャリア
シェア
え、ロンドンに「二日酔い休みOK」の会社がある!?
就職したい…
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾、第二弾はこちらから。
キャリア
シェア
外務省志望から音楽の道へ!成功のカギは「続ける意志と覚悟」
転機は学生時代の、とある「出合い」。自分の夢を生き続けるコスモガール、ティガラに直撃♡
仕事での評価を…女性CEOが、髪の色を変えた悲しい理由
キャリア
シェア
正しい仕事の評価を…女性CEOが髪の色を変えたワケ
女性は外見で判断されてしまうの…?
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾はこちらから。
キャリア
シェア
どこで差がつく?20代で成功した女子から学ぶ「人脈づくり」
理想のライフスタイルを築き、キャリアアップに成功したコスモガールをご紹介!
女性起業家2人が「架空の男性社員」を必要としたワケ
キャリア
シェア
2人の女性起業家が「架空の男性社員」を作り出したワケ
性差別を逆手にとった女性たちがカッコいい!
輝く2018年に!参考にしたい世界のコスモガールの抱負
キャリア
シェア
輝く2018年にするために!世界のコスモガールの野望
海外移住、アートの制作、スキルアップ…5カ国のitガールの新年の目標をリサーチ!
キャリア
シェア
私はこうやってつかみ取った!「理想のライフスタイル」を築くまで
自分らしく輝くキャリア女子を徹底調査!憧れのライフスタイルはどうやって手に入れた?
優秀な女性ほどリスクあり!?「詐欺師症候群」とは?
キャリア
シェア
デキる女性が陥りやすい「詐欺師症候群」って、何?
自身を過小評価し不安になる「詐欺師症候群」、その傾向と対策をご紹介。
80年代、プレイメイトが過ごした刺激的な日々
キャリア
シェア
プレイメイトとして過ごした「刺激的」な80年代
雑誌『プレイボーイ』でプレイメイトに選ばれた女性に聞く、「プレイボーイ・マンション」って本当に大人の楽園? 彼女の80年代を振り返るエピソード
キャリア
シェア
人気モデルが子ども達の未来のために立ち上げたNPO団体とは
子供たちに夢を見つけてもらう「DREAM PROJECT」って?感動のエピソードも教えてもらいました。