世界の「若手女性起業家」7人が、仕事を始めたワケ

彼女たちが起業したきっかけとは?

人気の記事

若い世代が続々と起業する現代。もちろん男性だけでなく、今は女性の起業家もたくさん!

そこでコスモポリタン イギリス版から、若くして起業した海外の女性起業家7人を紹介。

勇気ある女性たちの仕事っぷりや、生き方はとても刺激的! 起業の理由やきっかけは?  資金はどうしたの?などなど、起業に興味がある人は参考にしてみて。

ADの後に記事が続きます

1. ニナ・ディヴァーニ(18歳)

コンピュータ・セキュリティ会社 Devanisoft.com

父のFacebookがハッキングされたことが、彼女にとっての転機。彼女はパスワードを忘れやすかった父のために、パスワードを簡単に思い出せるアプリ<Prompt Me Nina>を開発し、たちまち10,000ポンド(約140万円)の出資金を集めることに成功。彼女のモットーは、「まだ若過ぎる、大変そうなどとは考えず、成功するためにはまずやってみること」なんだそう。彼女が起業したのは、4年前の14歳のときだというから驚き!

2. アン=マリー・イマフィドン(25歳)

女子向けソーシャルエンタープライズ Stemettes

彼女はかつて神童として知られ、10歳のときに数学と情報技術においては義務教育(イギリスでは5~16歳)を修了。20歳になる前に名門オックスフォード大学の修士号を取得した才女の中の才女。女の子たちが理数科学の分野で活躍できるよう手助けする会社を起業し、ハッカソン(ソフトウェア開発の短期集中プログラム)や座談会、メンター制度などを提供しているそう。アン=マリーさんいわく、「プログラマーや化学研究者が女性の憧れの職業になったらいいな」とのこと。

3. ローレン・ポール/モリー・トンプソン(ともに29歳)

いじめ反対チャリティー団体 The Kind Campaign

大学の友人だった2人は、学生時代ともにいじめにあった経験を持ち、ローレンさんにいたっては自殺まで考えたほど悩んでいたそう。2人はいじめに反対するドキュメンタリーの製作を手がけ、「The Kind Campaign」というチャリティー組織を設立。このドキュメンタリーはイギリスだけでなくアメリカの学校でも上映され、数千人もの女子学生への啓蒙に役立っているそう。

ADの後に記事が続きます

4. オルガ・ヴィディシーヴァ(30歳)

オンラインマーケット Shoptiques.com

まさにアメリカンドリーム(?)を実現させたのがオルガさん。ある休日にネットでかわいい靴を見つけたものの、残念ながらそのショップは遠方にあり、ショッピングサイトも持っていなかったのだとか。このことをきっかけに彼女の会社が誕生。住んでいるところに関係なく、いろいろなお店、ブランドの商品を買えるサービスをスタートさせたところ大成功! しかも驚くことに、彼女が17歳でキリギス共和国からアメリカに移住してきたとき、一言も英語を話せなかったのだそう。とにかく夢は大きく持つべき!と教えられているかのよう。

5. ミシェル・ファン(29歳)

コスメの定期購入サービス Ipsy

16歳でメイク法やスキンケアに関する動画をYouTubeにアップし始め、たちまち大人気となったミシェル・ファンさん。テレビの世界からも多くのオファーを受けていた彼女だけど、そのオファーを断り続け、4年前に立ち上げたのが、コスメの定期購入サービス。月額10ドル(約1100円)で、毎月ミシェルさんがセレクトした、各会員に合うコスメ商品が届くというサービスで、既に150万人以上の利用者がいるそう! これまでの試み全てが成功してきたわけではないけど、失敗してもくじけなかった彼女いわく、「失敗したから学ぶことができた。それが一番の教訓かな」。

6. オリヴィア・ウルンバーグ(26歳)

グルテン、小麦、乳製品、精製砂糖など不使用のスウィーツを販売 Livia's Kitchen

栄養学のプロを目指していたオリヴィアさん。自身が食品アレルギーに悩まされていたからこそ、今のビジネスにたどり着いたのだとか。彼女は小麦と乳製品アレルギーと診断されたとき、スイーツを食べたいなら、小麦粉や乳製品を使わないスイーツを作ろう!と発想の転換を試みたそう。作ってみたらおいしい上に、小麦と乳製品を摂らない生活を続けて体調がよくなったということもあって、ビジネス化。最初は実家のキッチンからスタートした会社だったけれど、今では彼女の商品はイギリスの百貨店でも購入可能。レシピ本も発売され、大人気とのこと。

7. エミリー・ブルック(29歳)

自転車の安全グッズ販売会社 Blaze

"好き"が高じて起業したエミリーさん。プロダクトデザイナーであり、サイクリングが大好きだった彼女が、その2つを合体させようと作ったのが今の会社。扱っている商材は、事故を防ぐための自転車専用レーザーライト。彼女はクラウドファンディングを利用し起業したそう。銀行から多額のお金を借りなくてもできる起業の良い例。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
私が「ミュージカル・スター」に上りつめるまで
キャリア
シェア
夢は叶う!私の「トニー賞スター女優」への道のり
小学生時代の夢をブロードウェイの舞台で実現した、注目女優のライフストーリー
コーダリーのマチルド・トマさん
キャリア
シェア
コスメ会社創業者の信念は「世界を変える力」を信じること!
葡萄を使用したスキンケアを創設した、環境活動家のマチルドさんの原動力とは…?
働くすべての女性に!成功した女性6人が贈るアドバイス
キャリア
シェア
「真の成功」って?女性6人が贈るキャリアアドバイス
「成功とは、自分がしたことに満足すること」
【私の生き方】自分を誇りに思うことのできる選択を!
キャリア
シェア
アルマーニの広告にも選出。コメディアンの「生き方」とは?
弁護士からコメディアンに転身したことで人生の幅が広がった!
キャリア
シェア
高収入は幸せをもたらす?年収1000万円以上の女性に直撃!
自己投資できたり仕事の幅が広がったり…メリットはいっぱい!
仕事のストレス
キャリア
シェア
ストレスを増大させる、仕事での「NG習慣」15
上司や同僚だけがストレス因子じゃなかった?
交渉力の磨き方
キャリア
シェア
男に負けない!女子の"隠れ交渉力"の磨き方
「女性は交渉が下手」なんて、もう言わせない!
Photo for CV Resume
キャリア
シェア
履歴書写真の胸元の"開き具合"で結果が変わる?
こんなことに左右される就活って…(笑)
キャリア
シェア
収入での成功だけが、仕事の成功とは限らない!?
働く女性が経験した、リアルな成功体験をお届け。
キャリア
シェア
学生時代からの夢を追いかけ見知らぬ町へ【地方で働く私の生き方】
あえて都心でのキャリアを捨てて地方で働く女性たちにインタビュー。