華やかなバレリーナの知られざる11の現実

誰もが憧れる職業のタフな裏側とは?

人気の記事

ダイアナ妃を始め、多くの女性が憧れる職業の1つが"バレリーナ"。でも、一見華やかな舞台の裏側ってどんな感じなの? 

ニューヨーク・シティ・バレエ団の群舞団(ソリストやプリンシパル以外)のダンサーの実生活が書かれた<ニューヨーク・タイムズ>の記事を元に、踊りに人生をかけるダンサー達のハードな現実を、コスモポリタン アメリカ版がまとめています。

ADの後に記事が続きます

1群舞団は最も下位で、最も厳しい世界

若い群舞団のダンサーは週7回、5種類の違う演目に出るなんてこともザラなんだとか。途中で衣装が変わることもあるし、役柄が変わることさえあるそう。

212時間勤務は普通

まずは朝のレッスン、そしてリハーサル、衣装合わせ、整体、ヘアメイク、メイクアップ、そして着替えをしてその日の公演に挑む…となると、12時間は確かにあっという間

3週末はもっと過酷

中には、金曜の夜から日曜の午後までの間に7つの演目に出演する、なんていうダンサーも。

4.スターのほとんどが群舞団からキャリアをスタートする

ニューヨーク・シティ・バレエ団は、団員の中からソリストやプリンシパルが選ばれるそう。だから、今群舞団にいる人たちの中には将来のスターも含まれているということ!

5群舞団のメンバーは、ライバルでもあり家族でもある

24歳の群舞団のメンバー、クレア・クレツシュマーさんは「もちろん他のダンサーは競争相手。そしてみんな与えられる機会が違う。でも、それぞれがステージでベストを尽くすと同時に、他の人たちにもステージで輝いてほしいと思ってるわ」とコメント。「(ダンサーである以上)みんな最高の時と最悪の時をくぐり抜けなくてはならないの、だから群舞団のメンバーたちとは結束しなくてはいけないのよ」。

6.給料はかなりいい

ニューヨーク・シティ・バレエ群舞団のメンバーの給料は、経験やランクや契約によるけれど、1週間で12万円から24万円ほど貰えるよう。ダンサーのキャリア生命が他の職業に比べて短いのを考えると、これは妥当な金額かも…?

7.身体的にキツく、そして危険な職業

ケガはザラだし、ちゃんと治療をしなければキャリアはそこで終了。なので、ダンサーたちは公演やレッスンの合間に、しばしばバレエ団所属のフィジカルセラピストに相談して調整を行っているんだとか。

8群舞団には個別の着替え室なんてものはない

鏡や衣装や道具が置かれた共同スペースで、全員一緒に着替えをするのだそう。

9.パフォーマンス前には自分たち独特の「幸運を祈る」掛け声がある

その掛け声とは「メルド(merde)」。「足が折れるぞ!」という意味の、ちょっと不思議なゲン担ぎの掛け声なんだそう。「メルド(merde)」とはフランス語で「ウンチ」。昔、舞台で本物の動物を使っていた頃にお互いに「ウンチがあるわよ!(足を折っちゃうわよ!)」と声を掛け合っていた頃の名残という説が。

10.必ずしも最高も食事を摂っているとは限らない

2つの公演で踊り終えた後のクレツシュマーさんのある日の夕飯は、残り物のローストポークとマカロニチーズ。イメージしてたバレリーナの食事と違う!

11群舞団メンバーにとって、バレエはこの世の全てではない

クレツシュマーさんは現在コミュニケーション学の学位取得を目指しており、英語も勉強中。彼女はバレリーナとしての自分のキャリアは長くないことを自覚しているそう。バレエの世界から滑り落ちた時に困らないよう、別のスキルを習得中なんだとか。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:山下 英子

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
キャリア
シェア
「美しくない」と言われた私が、コスメ会社のCEOになるまで
「本当の美しさ」って、何?
テーブルに並んだ様々なお酒のグラス
キャリア
シェア
え、ロンドンに「二日酔い休みOK」の会社がある!?
就職したい…
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾、第二弾はこちらから。
キャリア
シェア
外務省志望から音楽の道へ!成功のカギは「続ける意志と覚悟」
転機は学生時代の、とある「出合い」。自分の夢を生き続けるコスモガール、ティガラに直撃♡
仕事での評価を…女性CEOが、髪の色を変えた悲しい理由
キャリア
シェア
正しい仕事の評価を…女性CEOが髪の色を変えたワケ
女性は外見で判断されてしまうの…?
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾はこちらから。
キャリア
シェア
どこで差がつく?20代で成功した女子から学ぶ「人脈づくり」
理想のライフスタイルを築き、キャリアアップに成功したコスモガールをご紹介!
女性起業家2人が「架空の男性社員」を必要としたワケ
キャリア
シェア
2人の女性起業家が「架空の男性社員」を作り出したワケ
性差別を逆手にとった女性たちがカッコいい!
輝く2018年に!参考にしたい世界のコスモガールの抱負
キャリア
シェア
輝く2018年にするために!世界のコスモガールの野望
海外移住、アートの制作、スキルアップ…5カ国のitガールの新年の目標をリサーチ!
キャリア
シェア
私はこうやってつかみ取った!「理想のライフスタイル」を築くまで
自分らしく輝くキャリア女子を徹底調査!憧れのライフスタイルはどうやって手に入れた?
優秀な女性ほどリスクあり!?「詐欺師症候群」とは?
キャリア
シェア
デキる女性が陥りやすい「詐欺師症候群」って、何?
自身を過小評価し不安になる「詐欺師症候群」、その傾向と対策をご紹介。
80年代、プレイメイトが過ごした刺激的な日々
キャリア
シェア
プレイメイトとして過ごした「刺激的」な80年代
雑誌『プレイボーイ』でプレイメイトに選ばれた女性に聞く、「プレイボーイ・マンション」って本当に大人の楽園? 彼女の80年代を振り返るエピソード