オスは不要!?サラマンダーの繁殖方法がすごい

「DNAを盗む」って、どういうこと…?

コスモポリタン アメリカ版によると、あるサラマンダーのメスの集団が、オスの存在に左右されない繁殖方法を持っていることが明らかになったそうで、彼女たちはオスのDNAを盗んで子孫を増やしているのだとか。

The Journal of Zoology』誌に掲載された記事によれば、北アメリカに生息する、あるトラフサンショウウオのメスの集団が、自らのクローンを作って繁殖しているとのこと。

ADの後に記事が続きます

「進化の視点から考えると、セックスなしでは遺伝子の変化が起こらないため、種の存続が難しくなるのが普通です」と語るのは、記事の執筆者の1人、ロバート・D・デントン氏。

一般的なサンショウウオは交尾をせずに、メスが産卵を始めるとオスが精子を排出する体外受精で繁殖するそう。ところがデントン氏いわく、この方法にうんざりしたメスたちが、"こっそりセックス"を試みているのだとか。詳細な仕組みはまだ把握できていないものの、メスたちはオスが放出した精包(精子が入ったカプセルのようなもの)からDNAを盗み、その後、産卵。つまり、精包の持ち主に気づかれずに自由に精子を利用している、ということのよう。

「それは理論上パーフェクトな繁殖方法で、メスはオスにその場にいてもらわずとも、自分の遺伝子を次世代に残せます。突然変異も起こり新しい型が生まれますから、種の存続も可能です」とデントン氏は解説。

この特殊な仕組みが解明されれば、いずれ人間にも応用できる日が来たりして…?

※この翻訳は、抄訳です。

TranslationYuko Oguma

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
綿あめがシュワシュワ溶ける!?「スノースイーツ」が楽しい♡
グルメ
シェア
SNS映えする、綿あめを使った「スノースイーツ」♡
カリフォルニアで注目を浴びる、新感覚スイーツをご紹介♡
GIF
キャリア
シェア
ティガラ流!海外で活躍したいなら「外人スマッシュ」!!
グローバルに生きて行くには術がある! チャンスを掴むための「外人スマッシュ」とは?
▼ANAインターコンチネンタルホテル東京「カスケイドカフェ」          天空都市「マチュピチュ」や「ナスカの地上絵」などの世界遺産で知られるペルーは、その独特の地形から食材の宝庫であることが知られています。じゃがいもにとうもろこし、トマト、ピーナッツなど日本でもおなじみの農産物も、そのルーツはペルーのアンデス山岳地帯と聞けば、なんだかちょっぴり親近感がわいてきますよね。ペルー料理は、魚介や野菜をメインにハーブを巧みに使うのが特徴。先住民のインディオとスペイン、アフリカ、アジアなどからの移民の文化が混ざり合って独自に進化した新ラテンアメリカ料理として、今世界中の美食家たちが注目しています。「カスケイドカフェ」では、そんなペルー料理を在日ペルー料理大使館による協力のもと、気軽に味わえる「南米ペルー料理ブッフェ」を開催。セビーチェ(魚介のマリネ)やロモ・サルタード(牛肉と野菜のソテー)などをはじめ、南米特有のライムやレモンを使った酸味のある料理からアンデス地方の肉や野菜を多く取り入れた料理まで本場の味わいを月ごとに20種類ラインアップ。現地を訪れるにはハードルが高すぎるペルーの料理…。ぜひブッフェスタイルで多彩な料理の数々を堪能してみて! 
グルメ
シェア
あれ食べたい!世界のグルメを気軽に味わう4つの提案
忙しくて、海外旅行する暇がないって時に♡
ライフスタイル
シェア
後悔しない人生を!性が変われど揺るがない「KABA.ちゃんの信念」
「棺桶に入った時に『こんなに変わっちゃったのね』って言われてもいいの」
ミラレシピ「アップルチーズケーキ」
料理レシピ
シェア
実はたくさん食べてる!モデルのおやつ
ルールを守ってとことん楽しむ!
グルメ
シェア
「食と旅」がテーマのホステル&レストランが渋谷に登場
WISE OWL HOSTELSの2号店!旅人たちが交流できるレストランが1階に。
「愛」をテーマに♡海外女子たちのタトゥー12選
トレンドニュース
シェア
アーティスティック♡「愛」をテーマにしたタトゥー12選
今や、タトゥー=モダンアート?
調査員からTV業界へ!私が「夢見た仕事」に就けるまで
キャリア
シェア
憧れのテレビ業界に転身!私が「夢の仕事」に就くまで
世界中で愛される、自然ドキュメンタリー『プラネットアース』のプロデューサーに!
おしゃれなエディブルプリントの「壁紙ケーキ」
グルメ
シェア
え、食べられるの!?世にも不思議な「壁紙ケーキ」
どうやって作るの…?
料理レシピ
シェア
【レシピ】冷やしたお酒との相性はバツグン
熱々ホタテを食べよう!