怖がり大人が婚約~結婚で学んだこと【Mamiの気になりニュース】

「人を信用できなかった」。バイリンガルニュース Mamiが考える結婚。

もっと読む THIS WEEK TOP10(5/12~5/19)
9 articles
チェルシー・ハンドラー
本心や弱さをさらけ出すのを怖れない、米人気コメディアン
あるセリフを囁くだけで…セックスの満足度が上がる!?
セックスの満足度を上げる「魔法のセリフ」って?
あなたが「恋人依存症」かもしれない16のサイン

家庭が崩壊したり、周りもびっくりするほど親友に裏切られたり、近しい存在が突然亡くなったり。予測不能なことが起きるのが人生で、口には出さずともほとんどの人が、心が折れそうな思いをしたことがあるはず。

人はつらいことがあるたびに自己防衛を覚えていくものですが、もう傷つきたくない、とあまりに怖がるばかり、自己防衛のレベルを年々高めすぎてしまった私。期待すると裏切られるから最初から期待しない、というのを極めすぎて、なにかを心から楽しみにしたり、人を信用したりすることが出来なくなっていました。

ADの後に記事が続きます

自分の中では、それはむしろ良いことであり大人になった証拠で、期待したり人を信用したりするのは危ないから意識して避けるべき、と強く信じていました。

その結果、自分が結婚しているところなんて全く想像もできなかったし、人と人は信頼しあったら傷つくことになるんだから、わざわざリスクをとって結婚する意味なんて全くないと思っていました。

そんな怖がり大人の私が結婚して半年。1年半前に婚約してから今までに、個人的に学んだことが3つあります。


① It's okay to trust someone.

わかってくれる人は結構多いんじゃないかと思うけど、人を信頼するってものすごく怖い! 子どもの頃は誰にでも心を開いてたのに、いまや怖くて絶対できない。笑

今の夫に出会ったとき、優しくされればされるほど、「なにか裏があるんじゃないか」「いつかがっかりさせられるに違いない」と無意識に勘ぐりすぎて、彼に騙されて自分の臓器を売りとばされる夢を何度も見たほど(笑) さらに彼が私のことを信用している様子を見て、「なんでこの人はこんな簡単に他人を信用するんだろう、気をつけないと危ないのに」と勝手に心配までしていました。おせっかい…。

でも何年一緒にいても、私が期待しているような悪いことは一向に起きない。信用しても大丈夫な人が地球上に実は存在し、その人には自分のことを全部知られてもそれを不利には使われないこと、そして逆に自分も彼の信用を裏切るつもりが一切ないことを発見しました。

私のここ数年のモットーは Unlearn what you think you've learned(自分が経験から学んだと自負していることを思い切って捨てる)。「これは経験から得た自己防衛で正しいことなんだ」と頑なに同じ反応にすがりついていても成長しないんだ、と気付かされました。

② Living in fear is pointless.

「怖がり大人あるある」だと思うけど、「傷つくことを避けるための予防」を第一に考えすぎる傾向がある私。死んだら悲しいから動物とは暮らさない、裏切られたら傷つくだろうから結婚しない、などなど。これを極めすぎると「死にたくないから生きない」ってことになっちゃうけど(笑)

結婚のデメリットうんぬんとか、離婚率が上がっているとか、嫁姑問題がどうのとか、メディアでは怖がり大人が結婚したくなくなる情報が散らばっています。さらに実体験で言うと、若いうちから「結婚なんてするもんじゃないよ」「既婚男性なんてほとんどが不倫してるよ」など大人たちに散々言われ、結婚直後にも「今が一番楽しいときだよ、ここから下がる一方だから」と真面目に言われたことも。

こういう忠告って必ずしも悪意があるわけじゃなくて、発言者自身の個人的な経験を反映していることが多く、それが全人口に無条件で当てはまるわけではないことを単に忘れてるんだと思うけど、ポイントは、怖がる要素は常にどこにでも転がっているということ。

法的に結婚している間はある意味運命共同体になってしまうわけで、どちらかが病気になったり死んだり浮気したり職やお金がなくなったり、リスクは無限にある。でも予測不能な人生、全部のリスクから身を守り続けることなんてどうせ不可能なんだ、ということを思い出しました。

③ You don't have to wonder anymore.

実際結婚するまで考えつきもしなかったけど、個人的に結婚の大きなメリットのひとつがこれ。

付き合う直前に「これってどうなるのかな、彼氏彼女になるのかな」と思案したり、付き合ってから、将来の話やお金のことをはっきり明言するのは避けたり。そういう手探り状態って楽しくもあるけど、曖昧な状態が続くと、めんどくさくなってくるときがあります。

でも婚約した瞬間にいきなり全てのタブーがなくなって、例えばお互い「年収いくら?」「貯金ある?」と聞くことが下世話ではなく単に実用的な質問に。直接聞くことがはばかられるトピック自体が存在せず、全てがオープンになってる状態を他人とシェアするって、私にとっては初めてのことだったので新鮮でした。


私は法的な結婚って便宜上のものだと思っているので、結婚自体を「おすすめ♡」とか言うつもりは全くないけど、私のような過剰防衛状態の怖がり大人で、交際や結婚に踏み出せない…けど脱却したい!という人がいるとしたら、ちょっとでも参考になれば嬉しいです。

◆【Mamiの気になりニュース】まとめはこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ウェディング
シェア
コスモ独占♡栗原ジャスティーンの結婚式に密着@バリ
憧れのふたりの結婚式を完全密着! 愛が溢れる時間をお裾分け♡
私が「小さな結婚式」をオススメする7つの理由
ウェディング
シェア
先輩花嫁が語る!「小さな結婚式」がオススメな7つの理由
小さい式だからこそのメリットがいっぱい♡
新郎の連れ子に「誓いの言葉」を送る花嫁/感動のウェディング
ウェディング
シェア
花嫁が新郎の連れ子に贈った「誓いの言葉」が泣ける…
相手の家族も思いやる気持ちが素敵♡
「白いドレス」を着るブライズメイド/結婚式/トレンド
ウェディング
シェア
ブライズメイドに「白いドレス」が今のトレンド!?
かつてはタブーだったけど…
歩いてみたい♡お花畑風バージンロードが素敵
ウェディング
シェア
歩いてみたい♡お花畑風バージンロードが素敵
花嫁気分を味わえる動画もチェック!
離婚弁護士が教える、「結婚が続く夫婦」の特徴12
ウェディング
シェア
離婚弁護士が教える、「結婚生活を維持できる夫婦」の特徴11
「関係が以前と変わってきた」と思っても、焦らず冷静に2人の関係を見つめてみて。
ウェディング
シェア
【祝・ウェディング】栗原嵩&ジャスティーン夫妻の結婚式を彩ったアイテムたち
コスモガールの憧れの存在、栗原嵩&ジャスティーン夫妻。先日、ふたりの結婚式がバリで執り行われました。素敵な1日を彩った会場、ドレス、指輪...、コスモ独占でお届け♡
結婚式で新郎新婦に頼まれた「ありえないお願い」11
ウェディング
シェア
本気か…?結婚式で新郎新婦に頼まれた「無茶なお願い」11
断りたい…。
五輪カップルが教える♡「遠距離ウェディング」のコツ
ウェディング
シェア
五輪選手カップルが公開♡遠距離の2人の、結婚準備術
納得の結婚式を迎えるために!
大胆セクシー♡「バックレスウェディングドレス」に注目
ウェディング
シェア
背中が主役♡美しい「バックレスウェディングドレス」
見ているだけでもウットリ…♡