夫がムカつく…「産後クライシス」を夫婦で乗り切る方法8

考えてみたら、夫も育児初心者だし。

人気の記事

結婚前はケンカ1つしなかったのに、子供ができたら夫婦関係が変わってしまった…そんな人いませんか?  これって日本独特?と思いきや、アメリカでもカップルは同じような問題に悩むことが多いみたい。

How Not To Hate Her Husband After Kids(産後に夫を嫌わずに済む方法/原題)」を執筆した作家のジャンシー・ダンさんも、娘が産まれた後、パートナーと離婚を考えるほどに悩んだ1人なんだとか。セラピーどころか、FBIの交渉専門家にまで相談をしたというダンさんが、コスモポリタン アメリカ版のためにまとめた8つの「夫を嫌わずに済む方法」を読めば、夫婦にありがちな"産後クライシス"を乗り越えることができるかも。

ADの後に記事が続きます

1一度ゆっくり腰掛けて、家事の分担を決める

「わかってる、それって退屈よね。なら、ワイン片手にでもいいわ。でも、家事や子供の世話の分担を決めるのってとっても大切なことなのよ。ある結婚カウンセラーが私にしたアドバイスは、役割分担が明確でない時にケンカが起こるんだ、というもの。これは、子供が産まれる前にしておいてほしい。絶対子供が産まれた最初の週にはしないでね。

娘が生まれてまだ12週間しか経ってない頃、私とトム(パートナー)の間で、どっちが睡眠を取るべきかで大ゲンカになったの(結果は前の晩に3回も起こされて、かつ9カ月私たちの赤ちゃんをお腹で育んだ私の勝ちだったけど)。今思うと、そこまでケンカするくらいなら、母乳だけじゃなくミルクを使っていればよかったのよ。土曜日と日曜日で交互に赤ちゃんの面倒を見る。これで解決してた問題だったのにね」

2パートナーをやり込めないで

「パートナーにガミガミ言う理由は様々…彼の選んだ赤ちゃんの服が気に入らないとか(こんなに寒いのにセーターも着せないの? 風邪を引かせる気なの!?とかね)。でもこれを繰り返していると、母親が全部の責任を負うことになって、父親の方はどんどん自信をなくして自分の殻に閉じこもってしまうのよ。私は自分でコントロールしたくなる気持ちを抑えて、なるべくトムに参加してもらうことにしていたの。子供の晩御飯に野菜を使わなかった、くらいのことでいちいち文句を言わないことにした。それで子供が死ぬわけじゃないのだから」

3肌の触れ合いはキープすべし

「胸から母乳が漏れてくるし、寝不足だし…とてもセックスしようなんて気にはならないわよね。私は何度もセックスしたがるトムを拒否して、背を向けて寝てたわ。でも今思うとはっきり『産後の6週間は我慢してね』と言っておけば、トムを傷つけなくて済んだのになって思う。

セックスする気にはならなくても、最初の数週間の間、相手の体にボディタッチをして、親近感をキープしてあげて。腕を撫でるでもいいし、映画を見ながら脚を絡めるのでもいい。無理をしないで、自然にセックスがしたくなったらすればいい。最初は心地よく感じないかもしれないけど、セックスで分泌されるドーパミンはあなたとパートナーの一体感をキープするのに役立つのよ。

赤ちゃんのお世話でとてもそれどころじゃないわよね…なら1週間に一度でもいいから、トライしてみて。あなたとパートナーの、お互いの幸せのために」

4.ケンカにもテクノロジーを活用すべし

「私は"赤ちゃんの前でケンカしても、どうせ赤ちゃんにはわからないし…"って思ってたのよ。でもオレゴン大学の研究によると、6カ月の赤ちゃんがネガティブな感情や怒りの声に反応する、という実験結果が出ているの

そこで便利なのは携帯電話。赤ちゃんの前で『バカ!』って叫ぶより、携帯で"バカ!"とメールする方がまだマシだし、書いている間に落ち着くことってあると思うわ」

5.彼はエスパーじゃないんだ、と認識すべし

「赤ちゃんが小さい時、散らかったキッチンで『なんでトムはキッチンでの仕事を分担してくれないのかしら』って密かに黙ってイライラしていたわ。だけど、男性ってはっきりと言わないとわからないものなのよ。

『今やって欲しいのは***ね。よろしく!』とはっきり言うこと。夫に対して、意識してはっきりと、何をして欲しいのかを言うの。この方が、黙ってスマホをいじってる夫を睨みつけるよりもずっといいのよ」

6.ケンカになった時は、相手の言葉を繰り返してみる

「これは、FBIの交渉専門家からのアドバイス。相手が言った言葉を繰り返えすと、相手がすっと落ち着くの。例えばパートナーに『君が怒っているのは、君がキッチンで料理をしつつ、子供の宿題を見てあげて、ディッシュウォッシャーの食器を片付けているというのに、僕がソファに座って何もしないからだね?』と繰り返されると、気持ちが落ち着く。誰でも相手が自分の話を聞いているんだ、って思うと落ち着くものなのよ」

7.「自分の時間」は家の外で!

「一休みしたくて、寝室に行ってドアを閉めて好きな雑誌を眺めている…けど、ドアが開いて子供が入ってくる。リラックスするためにお風呂を入れたのに、2歳の子供が『私も一緒に入る!』と騒ぎ出す…それよりは、子供を夫に預けて、家から出ること。夕暮れ時にお散歩するもよし、図書館で本を探して、どこかに美味しいコーヒーを飲みに立ち寄るのもよし。30分でもいいから家から出てみて」

8.「ありがとう」と言うのを忘れないで

「シンプルな『ありがとう』の一言が本当に効くの。ジョージア大学の研究結果によると、ケンカの回数よりも、日常的にお互いに対してどういう態度で接しているかが、夫婦関係に強く影響するらしいの。中でも相手に対する感謝の表現は、コミュニケーションの質に大きな影響を与えるらしい。ほんの些細なことにも『ありがとう』と言う習慣をつけてみて。

時々相手を喜ばせる大きなことをするよりも、日常的に小さなジェスチャーを繰り返すこと…もちろん、私だって今でもトムに腹を立てる時はある。でもお互いにこの毎日の小さな努力を繰り返したら、今まで想像もできなかったような、かけがえのない味方同士になれたのよ。だからあなたも諦めないで!」

※この翻訳は抄訳です。

Translation:山下 英子

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
実は前戯も重要!?妊活中セックスのポイント6
ラブ & セックス
シェア
医師が教える、妊活中のセックスで心がけたい6のこと
とにかく楽しむのが大事♡
海外男女がセックスを回避するためにとった行動8
ラブ & セックス
シェア
ごめん無理!男女8人がセックスを避けるためにやったこと
みんなのとっさの思いつきがスゴイ…(笑)
英調査で判明!皆が密かにやってる「セックスプレイ」10
ラブ & セックス
シェア
英調査で判明!カップルに人気の「アブノーマルプレイ」10
海外の皆さんは、どんなプレイを楽しんでいるの?
「愛」と「欲」の違いは?見極めるための6つのサイン
ラブ & セックス
シェア
彼への感情が、「欲望」であり「愛」ではない6のサイン
この関係は「愛」なのか、それとも…?
花嫁を抱きかかえる花婿/結婚式を挙げて幸せそうなカップル
ラブ & セックス
シェア
海外男子10人が振り返る「妻との結婚初夜」
男子にとっても、思い出深い初めての夜。
ラブ & セックス
シェア
大胆告白!セレブ13人の「性生活」にまつわる発言集
ここまでくると、もはや清々しい!
ほっこり♡男性9人が語る「妊娠した妻のカラダ」への感想
ラブ & セックス
シェア
妊娠した妻のカラダを見てどう思った?男子の本音9連発
「この世で1番美しい存在だと思った」
海外のカップルのセックス頻度
ラブ & セックス
シェア
海外既婚者15人が語る、リアルな「夫婦のセックス頻度」
えっ…みんなそんなにしてるの!?
添い寝する赤ちゃんと若い夫婦/赤ちゃんを見て微笑む男性
ラブ & セックス
シェア
男性8人が告白!子供ができて性生活はどう変わった?
チャンスを逃さないのが大切?
圧倒的快感が一気に!「混合オーガズム」を手に入れる
ラブ & セックス
シェア
同時に快感が押し寄せる!「混合オーガズム」への道
その道のプロが徹底解説