女子の不安を解消!「オーガズム」の豆知識10

「イケない」のは普通のこと!

人気の記事

「妊娠を目指しているのでなければ、2人がオーガズムに達することがセックスの"ゴール"」。そう考えるのが一般的かもしれないけど、ゴールに到達することに集中するあまり、そこまでの過程を楽しめなくなってしまっては台無し。また、「パートナーとのセックスでオーガズムに達せない」といった問題は、多くの女性が抱えているよう。オーガズムを中心とした見方は、セックスライフにどんな影響を及ぼすの?

ADの後に記事が続きます

コスモポリタン アメリカ版のエディター、エリサ・ベンソンとエマ・バーカーが、一度もオーガズムに達したことがないというリサ(27歳)、家庭医療医で臨床性科学者のレイチェル・ロス博士、セックスセラピストのバネッサ・マリン氏を迎え、女性のオーガズムについて座談会を開催。10のポイントにまとめました!

1.リサのように、オーガズムに達しない女性もいる

23年前にコスモポリタンで、『オーガズムの欠如』と題する特集を組んだのですが、1人のマスターベーションではイケるのに、パートナーとではイケないという女性が多いことに気づきました」とベンソン。20154月号に掲載した調査によると、25歳から29歳までの女性の8%、18歳から24歳までの16%が、一度もオーガズムに達したことがないという結果に。

2.分からないことがまだまだたくさんある

オーガズム問題については調査が不足しているのが現状のよう。パーカーは、「医師たちは(オーガズムが)命に関わる問題ではないと考えているため、女性たちが求めている答えを示すことができないのです」と指摘。「この種の調査には費用と時間がかかるんです」。情報不足により孤独感に陥った女性たちは、ますます必要な情報を求めることをためらってしまうかも…。「女性にオーガズムを与えるクリームが発明されたら、命を救われる人がいるかもしれないのに」とベンソン。

3.オーガズムに達しない女性全員が、この世の終わりと感じているわけではない

リサさんは、「それが普通なんです。最初から期待していないし、起こるとも思っていない。でも私はセックスを楽しんでます」とのこと。

4.多くの女性がイッたフリをする

20154月の調査では、回答者の67%が「オーガズムに達したフリをしたことがある」と認めたそう。その理由について、「パートナーの気持ちを害さないため」や「セックスを早く終わらせるため」と答えたのは97%。リサさんも時々、燃えすぎる相手を止めることがあるのだとか。「チャレンジみたいに考えてる人がいて、2時間以上続けちゃうの。『もういい!』って感じ」。

5.オーガズムに達しなくても、セックスはすばらしい

「人生の大切なものを失ってるとは思っていません。オーガズムに達しようと無理をすることもないんです」とリサさん。彼女はオーガズムに達しないことを問題視していないので、マスターベーションの必要性も感じないのだとか。その考え方に賛同するロス医師は、患者にもよく、「オーガズムは過大評価されすぎ」だと話しているそう。オーガズムに達しなくても、リサさんのようにセックスを楽しめばいいようです。

6.オーガズムは様々な要因に影響を受ける

「オーガズムに達しないのが気持ちや体の問題から来ていても、その人が悪いわけではない」と語るベンソン。オーガズムに達しない女性は大勢いるけれど、彼女たちが"絶対にオーガズムを得られない"ということではないのだそう。ロス医師は、「ゴールを目指すことばかり考えると過程を楽しめなくなり、逆効果です」とアドバイス。

7.一度もやったことがないなら、マスターベーションを試してみる

自分の体やクリトリスを知ると、パートナーとのセックスでもオーガズムを得やすくなるのだとか。刺激が足りないようなら、体勢を変えてみたりバイブレーターの購入を考えてみて。試行錯誤が大切。

8.コミュニケーションがカギ

指示を出してパートナーを導くことが大切、と話すロス医師。「男性は、してほしいことを伝えると喜びますよ。それができるようになれば、セックスはぐんと楽しくなるはず。口に出して言えなければ、触ってほしいところに手を持ってくればいいんです」。

時には誤った情報が、パートナーとのオーガズムを感じる妨げになっていることも。「女性のオーガズムについて、オープンに話されることはまずありません」と語るのはマリン氏。「よいパートナーでいたいという男性はたくさんいますが、女性のオーガズムに関する知識が間違っていることも多いんです。前のパートナーがいつも"フリ"をしていたために、正しいと思い込んでいることもありますね」。

9.薬物療法がオーガズムに影響しているかも

現在、抗うつ薬や抗不安薬を服用している人は、それが盛り上がりの妨げになっている可能性もあるそう。セックスの意欲が減退し欲求不満になっているのなら、「薬物療法に頼らず、自然な物質を用いてうつ症状に対処する統合医療医のもとで、適切な治療法を見つけてください」とロス医師。

10.オーガズムはコントロールできる

マリン氏はサイトに「オーガズムは自然に起こるべきものという考え」というスレッドを立て、オーガズムに達するのが難しい女性たちが話し合う場を提供しているそう。「多くの女性たちが、オーガズムはくしゃみのようなもの、つまり体が本質的にそのやり方を知っていて、自然に生じるものだと考えています。でも実際は、オーガズムはスキルのようなもの。学んで、練習して、どう働くのかを理解しなければなりません。オーガズムに達するのが難しくても、絶対にあなたが悪いのではないし、オーガズムを感じない体ということでもありません。ただ、学ぶ機会を自分に与えればよいだけなのです」。

※この翻訳は、抄訳です。

TranslationYuko Oguma

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
気をつけて!「離婚の引き金」になる4つのふるまい
ラブ & セックス
シェア
気をつけて!離婚の引き金になりかねない行動4
日常的にやってない…?
タッチすれば彼に火がつく?12の男の「性感帯」♡
ラブ & セックス
シェア
刺激しちゃおう♡彼がムラムラする12の「性感帯」
くるぶしの下のくぼみが性感帯って、知ってた?
専門家に聞く!彼と結婚前に話し合うべき10のテーマ
ラブ & セックス
シェア
専門家が伝授!結婚前に彼と話し合うべき10のテーマ
こんなはずじゃなかった…なんてことにならないように
性専門家セラピストが語る「セックス依存症」の9のこと
ラブ & セックス
シェア
誰でもなる可能性あり!?「セックス依存症」の基礎知識
セレブにも多い「セックス依存症」。"セックス抜き"のセックス依存症も増えつつあるとか…
彼にベッドで「こうしてほしい♡」を、上手に伝える方法6
ラブ & セックス
シェア
「ベッドでこうして♡」彼に上手にリクエストする6の方法
パートナーを傷つけず、かつ批判もせず、セックスを向上させるには?
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
ラブ & セックス
シェア
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
長期的に見ると、相手にしないほうが身のためかも…
「複数恋愛」実践者が、聞かれて困る11の質問
ラブ & セックス
シェア
「複数恋愛」実践者が、よく聞かれる11の質問
「楽しく自由に恋愛している」イメージだけど…周りからの質問に困る側面もあるよう
それ、浮気のサイン!?専門家が教えるポイント12
ラブ & セックス
シェア
専門家たちが教える、見逃しがちな「浮気のサイン」12
一見罪はなさそう、でも用心にこしたことはない?
ベッドの上で深刻に悩むカップル
ラブ & セックス
シェア
「性欲が弱い」と言う彼とのセックス頻度を増やすには?
私とのセックスに問題が…?
セックスセラピストが教える、「性の悩み」との向き合い方
ラブ & セックス
シェア
性のプロに聞く!「セックスの悩み」と向き合う5つの方法
「最大の生殖器は、『脳』です」