女子がイキやすい「3つの手技」が研究で明らかに!

なかなかイケない女性必見!!

人気の記事

オーガズムを得やすい人の特徴を明らかにするべく、大規模な研究が実施されたのだそう。コスモポリタン アメリカ版によれば、そこでわかったのは(ある意味当たり前だけれど)異性愛者の女性と比べ、異性愛者の男性のほうが遥かに多くの割合でセックス中にオーガズムを得ているということ

ADの後に記事が続きます

ところが、52,000人を対象にしたこの研究の報告書の筆頭著者であるデヴィッド・フレデリックさんによると、過去にはわからなかった、性的指向による違いがあることが判明したそう。

この研究はチャップマン大学とキンゼイ研究所が共同で行ったもの異性愛者の男性の95パーセント毎回、またはほぼ毎回セックスでオーガズムを得ているという結果。一方で、同じことがわずか65パーセントの女性にのみしか当てはまらなかったのだとか。そこで、興味深いのが、同じことが同性愛男性の89パーセント、レズビアンの89パーセント、バイセクシュアル男性の88パーセント、そしてバイセクシュアル女性の66パーセントに当てはまったということ

つまり、この比較的大規模な研究によると、異性愛者の女性はオーガズムを一番感じにくいということ…とこの結果を聞いて残念に思った女性も多いはず。ただ、この研究の中で、女性がもっとキやすくなる3つの手技も明らかにイギリスの新聞ガーディアンで報じられたのは、「性器の愛撫」「ディープキス」「オーラルセックス」の3つ。これらを行うと女性がもっともオーガズムを得やすくなるのだとか。

また 研究者らは、研究に先立ってオーラルセックスオーガズムを得る上での大きな指標となるという仮説を立て実施した研究は、「オーラルセックスを頻繁にされている人は、オーガズムを得る頻度がより高い」と報告書に記述されている。ちなみに、オーラルセックスをされることで、よりオーガズムを得ると「報告しなかった」のは、異性愛者の男性グループのみだったよう。つまり、それ以外は、「たいていいつも」オーラルセックスをされると、「たいていいつも」オーガズムを得ると言う結果がでたということ。

最近のセックスに満足できていなかった人は、この結果を踏まえてもっとオーラルセックスをおねだりしてみてもいいかも♡

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
ベッドで彼氏を前に悩む彼女/恋愛の悩み
ラブ & セックス
シェア
胸がコンプレックスで、彼とのセックスに踏み切れない…
「体の違いは君の個性」ということを忘れないで
見極めが大事な大人の恋愛に!彼との「共通点」チェックシート
ラブ & セックス
シェア
大人の恋で見極めておきたい、相手との「共通点」11
「好きな音楽が一緒」だけでは、続けていけないのが大人だから…
恋愛セラピストが教える「気持ちが冷めた時」の12のサイン
ラブ & セックス
シェア
恋愛のプロが教える「彼への愛が冷め始めたサイン」12
見て見ぬふりをせず、自分の気持ちとしっかり向き合ってみて。
楽しそうなティーンエージャーカップル
ラブ & セックス
シェア
男子10人が振り返る、ホロ苦い「初体験」の思い出
トホホ…だけどなんか可愛い♡
フィリピン人女性5人が語る「国際結婚で学んだこと」
ラブ & セックス
シェア
大事なのは「愛」♡女子5人が国際結婚で学んだこと
彼との出会いから、困難の乗り越え方まで
バーレスクダンサーが教える、とっておきの「誘惑テク」8
ラブ & セックス
シェア
バーレスクダンサーが指南!男性を誘惑する8つのテク
普段の恋愛テクニックとしても、使えそうな要素が色々♡
衝撃的!セレブがマスターベーションについて語った9の瞬間
ラブ & セックス
シェア
赤裸々!堂々と「マスターベーション」を語ったセレブ9人
大胆すぎてこっちが赤面しちゃう!
ラブ & セックス
シェア
楽ちん!なのに気持ちいい「モーニング」セックス体位
寝起きに、まったりしながら♡
ラブ & セックス
シェア
【SNAP】美男パリジャンが告白♡忘れられない「刺激的な恋」
愛の逃避行、夜中のセーヌ川で始まった美女との恋…。パリジャンが語るドラマチックなラブストーリーとは?
初めての「ソフトSM」で気をつけるべき7つのこと♡
ラブ & セックス
シェア
カップル必読♡「ソフトSM」を試すときの7つの心得
お互いの合意の元で、新しい刺激を楽しんで!