アメリカの「カーセックス経験者」数はやっぱり多かった!

ちなみに後部座席だった人が多いらしい(笑

日本とは比較にならないほどの車社会であるアメリカにおいて、駐車した車中でのカーセックスはほぼ誰もが経験する通過儀礼のようなもの。コスモポリタン アメリカ版によると、それを証明する研究結果があるんだとか

サウスダコタ大学の研究者は、中西部に位置するこの大学の706人の学生(男性195人、女性511人)に対し、彼らのカーセックス体験について調査。すると、男性の61%、女性の59.5%はカーセックスの経験があると回答したんだそう。その422人の学生のうち、14%は初体験がカーセックスだったと回答。

ADの後に記事が続きます

サウスダコタ大学で心理学の教鞭を取り、研究主任を務めたシンディ・ストラックマン-ジョンソン教授は、同大学のプレスリリースの中で、「自動車が発明されて以来、セックスと車は切り離せない存在です」とコメント。もう1つの特筆すべき研究結果は、彼らの56.9%が、一度限りのセックスではなく、交際していながらも同棲していないパートナーとカーセックスをしたということ。その一方で、63.4%は後部座席で、56%は田舎の道路に停めた車の中で行為に及んだんだとか。

論文によると、「思い出に残るパーソナルな出来事を含むこれらのデータを見ると、駐車中の車の中でのセックスには不便さ、体のぶつかり合い、他人にバレるなどのリスクがあるのにもかかわらず、男女ともに、性的かつロマンチックな良い経験だったと捉えられている」とのこと。とはいえ、カーセックス経験を持つ男性の2.5%、女性の4.3%は相手に無理強いされたと回答ていることも事実のよう

ちなみに、研究者らは、将来的に「都市環境」における駐車中のカーセックスの研究を実施するそうとにかく熱心に研究が続けられることは間違いないみたい

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
タッチすれば彼に火がつく?12の男の「性感帯」♡
ラブ & セックス
シェア
刺激しちゃおう♡彼がムラムラする12の「性感帯」
くるぶしの下のくぼみが性感帯って、知ってた?
専門家に聞く!彼と結婚前に話し合うべき10のテーマ
ラブ & セックス
シェア
専門家が伝授!結婚前に彼と話し合うべき10のテーマ
こんなはずじゃなかった…なんてことにならないように
性専門家セラピストが語る「セックス依存症」の9のこと
ラブ & セックス
シェア
誰でもなる可能性あり!?「セックス依存症」の基礎知識
セレブにも多い「セックス依存症」。"セックス抜き"のセックス依存症も増えつつあるとか…
彼にベッドで「こうしてほしい♡」を、上手に伝える方法6
ラブ & セックス
シェア
「ベッドでこうして♡」彼に上手にリクエストする6の方法
パートナーを傷つけず、かつ批判もせず、セックスを向上させるには?
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
ラブ & セックス
シェア
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
長期的に見ると、相手にしないほうが身のためかも…
「複数恋愛」実践者が、聞かれて困る11の質問
ラブ & セックス
シェア
「複数恋愛」実践者が、よく聞かれる11の質問
「楽しく自由に恋愛している」イメージだけど…周りからの質問に困る側面もあるよう
それ、浮気のサイン!?専門家が教えるポイント12
ラブ & セックス
シェア
専門家たちが教える、見逃しがちな「浮気のサイン」12
一見罪はなさそう、でも用心にこしたことはない?
ベッドの上で深刻に悩むカップル
ラブ & セックス
シェア
「性欲が弱い」と言う彼とのセックス頻度を増やすには?
私とのセックスに問題が…?
セックスセラピストが教える、「性の悩み」との向き合い方
ラブ & セックス
シェア
性のプロに聞く!「セックスの悩み」と向き合う5つの方法
「最大の生殖器は、『脳』です」
カップルに起こりがちな、避けるべき「6つの過ち」
ラブ & セックス
シェア
付き合いの長いカップルが陥りやすい「6つの過ち」
末永く幸せに暮らすために…