「肉食女子」が相手だと、男子は萎えるってホント!?

もう21世紀なのに…

人気の記事

性の権利や男女差別の問題はずいぶん改善されてきているものの、21世紀の今もところどころに存在しているのが悲しい現実。化粧をしていないと「努力が足りない」と言われ、バッチリ決めると今度は「厚化粧」と揶揄されて…。男性に冷たくすると「生意気!」、惚れっぽい女性は「ふしだら」と叩かれる始末。一体どうしたらいいの!?

ADの後に記事が続きます

そんな中、女子たちにさらなる悲報が(涙)。コスモポリタン アメリカ版によると、<European Journal of Social Psychology>が「性的欲求が強い女性に対し、男性は不安を感じる傾向がある」という調査研究を発表したんだとか。

発達心理学では、対人関係を形成する上での絆の度合いや関係性を「愛着スタイル(Attachment Style)」と呼び、そのスタイルは「安心型」「不安型」「否定的回避型」「恐怖心を伴う回避型」4つのカテゴリーに分けられるのだそう。この研究では62組のカップルを対象に、2人の愛着スタイルが互いの性的欲求にどのように関連しているのかを調査。

以前、別の研究では、「安心型」のカップルのほうが互いに性的な内容を含んだメッセージ「セクスト(Sext)」を送り合う頻度が多い、ということが分かったよう。一方今回の研究は、調査対象者数は少ないものの、一定期間調査を行うことでパートナーの行動によって関係性に変化はあるのか?など、より深い内容を観察することを目的として実施されたのだとか。

参加者カップルたちには調査開始時と4カ月後、そして8カ月後に「自分たちがどの愛着スタイルに属するか」「2人の関係について」を質問。そして研究室での彼らの様子を定期的に録画し、「言語面」および「非言語面」の2つの側面から研究者が2人の行動を分析して、結論を出すという方法を採用。

その結果、男性の性的欲求が高い場合、女性の不安感は時間の経過とともに減少していくのに対し、性的欲求の強い女性をパートナーに持つ男性は、時間が経過しても関係性に不安感を持ち続ける…ということが判明したそう。

パートナー女性が性欲旺盛だと男性は「浮気されてしまう!」と不安になるのか…それとも「女性らしくない」と思い込んでしまうのか。まだ研究は始まったばかりで、今後さらなる調査が必要ではあるものの、女性にとってはちょっとガッカリなニュースかも? セックス面での男女による意識の差も、少しずつなくなっていくことを期待したいものですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 宮田華子

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
気をつけて!「離婚の引き金」になる4つのふるまい
ラブ & セックス
シェア
気をつけて!離婚の引き金になりかねない行動4
日常的にやってない…?
専門家に聞く!彼と結婚前に話し合うべき10のテーマ
ラブ & セックス
シェア
専門家が伝授!結婚前に彼と話し合うべき10のテーマ
こんなはずじゃなかった…なんてことにならないように
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
ラブ & セックス
シェア
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
長期的に見ると、相手にしないほうが身のためかも…
「複数恋愛」実践者が、聞かれて困る11の質問
ラブ & セックス
シェア
「複数恋愛」実践者が、よく聞かれる11の質問
「楽しく自由に恋愛している」イメージだけど…周りからの質問に困る側面もあるよう
それ、浮気のサイン!?専門家が教えるポイント12
ラブ & セックス
シェア
専門家たちが教える、見逃しがちな「浮気のサイン」12
一見罪はなさそう、でも用心にこしたことはない?
ベッドの上で深刻に悩むカップル
ラブ & セックス
シェア
「性欲が弱い」と言う彼とのセックス頻度を増やすには?
私とのセックスに問題が…?
セックスセラピストが教える、「性の悩み」との向き合い方
ラブ & セックス
シェア
性のプロに聞く!「セックスの悩み」と向き合う5つの方法
「最大の生殖器は、『脳』です」
カップルに起こりがちな、避けるべき「6つの過ち」
ラブ & セックス
シェア
付き合いの長いカップルが陥りやすい「6つの過ち」
末永く幸せに暮らすために…
男女10人が語る「パートナーの浮気を発見した瞬間」
ラブ & セックス
シェア
男女10人が明かす、「私たちが浮気を発見した瞬間」
浮気の数だけ発覚方法がある…
彼も大興奮!?男子の知られざる「感じるパーツ」9♡
ラブ & セックス
シェア
彼がムラムラ♡男子が触られて喜ぶパーツ9選
次回のセックスの時に、早速試してみよう!