「家事分担」が夫婦のセックスに影響する?調査で判明

夫婦のセックスライフの充実は、夫の家事への貢献度にあった?

人気の記事

共働きが増えてきた現代では、家事を分担しているという夫婦も多いはず。コスモポリタン アメリカ版によると、そんな夫婦に嬉しい(?)研究結果が発表されたもよう。それは、「家事を分担する夫婦の方が、セックス頻度が多い」というもの。

研究論文の著者の1人、コーネル大学のシャロン・サスラー教授が言うには、「家事を分担し、協力して行うことにしたカップルは、過去のデータに比べてセックス頻度の上昇が見られました。一方、そうでない夫婦、特に女性が主に家事を行うという夫婦はセックスが減少しています」とのこと。なお、この主張は1992年から2006年のデータを比較研究して結論づけたものだそう。

ADの後に記事が続きます

また最新の調査によると、家事分担制夫婦は月に平均6.8回セックスをしており、女性が主に家事をする夫婦に比べて少なくとも1回は多い、との報告が。

ところがこれは非常に科学的検証の難しい問題らしく、2014年にはNew York Times誌が逆の主張、つまり、「保守的な夫婦の方がセックスの回数が多い」という特集記事を掲載したことも。実際のところは、あらゆる夫婦の寝室を覗いてみなければわからないのかも? 確実な数字を把握するには、さらなる研究が必要といえそう。

一方で、歴史学者ステファニー・クーンツさんはこう解説。「サスラー教授らの研究をはじめ、夫婦のセックスに関する研究が増えているのは、この70年間で男女差が確実に縮まったということを反映していると言っていいでしょう。1950~60年代の主婦たちの多くは、生活を夫に頼らざるをえなかったがために、自分が望んでいる以上の回数のセックスを嫌でも受け入れてきたのです。実際そのような報告が多くあるんですよ」。

統計と研究の真偽を突き止めるのは現状難しいようだけど、家事にせよセックスにせよ、大事なパートナーと合意の上で協力して行うことが幸せなのは確かなはず。もし家事を分担することによって愛情のあるセックスが増えるのだとしたら、実践してみる価値はありそうですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
恋愛感情を持たない「アロマンティック」たちの告白
ラブ & セックス
シェア
恋愛感情を持たない性的指向、「アロマンティック」とは?
「アロマンティック」を自認する、3人の男女を直撃!
男子がセックス中女子にされたら燃える言動
ラブ & セックス
シェア
男子が回答!セックス中女子にされたら燃える言動10
すぐにマネできそう!
女性が「最高のオーガズム」を体験する年齢が判明!?
ラブ & セックス
シェア
調査で判明!女性が最高のオーガズムを得られる年齢は?
女性の皆さん、本番はこれからみたいですよ♡
抱っこが苦手な女子
ラブ & セックス
シェア
彼と「抱き合って寝るのが苦手」な女子の本音10
彼のことを愛してないわけじゃないんです!
オーガズムのあと、男子の脳内をよぎる10の考え
ラブ & セックス
シェア
セックスでイッたあと、男子の脳内をよぎる10のこと
ムードも何もあったものじゃない?
男子が回答!女子に「オーラルセックス」するときの疑問
ラブ & セックス
シェア
男子が回答!「オーラルセックス」に関する9つの疑問
アメリカの20代男子はどう考えてる…?
男性陣が回答!女子が男子に抱く「素朴な疑問」9
ラブ & セックス
シェア
男性陣が回答!女子が男子に抱く「素朴な疑問」9
考えてみたら実は知らない、あんなことやこんなこと
元SMの女王が告白!「私が男について学んだ16のこと」
ラブ & セックス
シェア
元SMの女王がこっそり教える、「男とセックスの秘密」16
足フェチは「本当に多い」!?
男女11人が「失恋から立ち直るためにやったこと」
ラブ & セックス
シェア
男女11人が実践した「失恋から立ち直るための方法」
効果あるかも…!
ベッドで男性を誘ってる笑顔の素敵な女性
ラブ & セックス
シェア
セックスに誘うのはいつも私…彼を積極的にするには?
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!