男性も"ピルを飲んで避妊"する時代がやってくる!?

​ホルモンを使用しない"男性用ピル"がアメリカで研究中なんだとか

男性の場合、コンドームや膣外射精以外の避妊となると、パイプカットなど体への負担が大きいのが問題。現在インドでは、ペニスの精管に注射をする避妊方法が治験中だとか。

一方、コスモポリタン アメリカ版によると、米ミネソタ大学の研究者が男性用のピルという画期的な避妊薬の開発を計画しているそう。<Broadly>によれば、グンダ・ゲオルグ博士率いるチームは、ホルモンを使用しない男性用ピルの開発を可能にする「被験物質」の特定、抽出に成功したとのこと。

ADの後に記事が続きます

<Broadly>の取材に対しゲオルグ博士は、「テストステロンを抑えるホルモン療法を使った男性の避妊研究が数十年も行われていますが、市販に至ったものはありません。そこで、ホルモンを使用しない方法に注目しています」と語っています。

発表された研究によれば、テストステロンは男性の20%には効果が出ないばかりか、体重増加や善玉コレステロールの減少などの副作用があるため、ホルモンを使用しない方法の研究に重点を置いているそう。市販にこぎつけるには、性欲を減退させることなく、"すぐに効果が出る"経口摂取型の男性用ピルにする必要があり、さらに、数十年服用しても安全な薬であることが条件。博士の話では「男性用ピルの販売には非常に高い壁がある」のだとか。

もちろん、最終的な目標は簡単で効果的な男性の避妊。もし実現すれば、ピルを飲めない女性や、ピルを毎日飲むことにうんざりしている女性の肩の荷が軽くなるはず。

私たちが生きているうちに実現して、男性も女性もピルで避妊できるようになるといいですね!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
【体験談】彼と1週間、ベッドでスマホを禁止した結果…
ラブ & セックス
シェア
【体験談】彼と1週間、ベッドでスマホを禁止した結果…
予想以上にハッピーな結果に!?
医師が解説!「オーガズム障害」の基礎知識4
ラブ & セックス
シェア
セックスでイケない…「オーガズム障害」の基礎知識4
実に「3人に1人の女性が悩んでいる」!?
サヨナラの予感…彼が「別れ」を考えている5つのサイン
ラブ & セックス
シェア
破局の予感…?彼が「別れ」を考えている5つのサイン
心当たりがあったら、早めに話し合って!
セクシーな寝顔の女性
ラブ & セックス
シェア
睡眠中にオーガズムに達する!?「夢イキ」を専門家が解説
え、「夢イキ」ってなに?
ラブ & セックス
シェア
【SNAP】ラテン系イケメンが告白♡忘れられない「刺激的な恋」
タトゥーに刻んだ束の間の恋に、友人のイトコに惚れちゃった!? なんとも情熱的なイタリア人の恋愛模様♡
コスモポリタン アメリカ版のセックスライター ジル・ハミルトンによると、アソコが細い彼とのセックスするときに、念頭に置いておくべきことは2つ。「ペニスが細い男性は、細さを補うためにテクニックを駆使してくれる。ペニスが太い男子はそれだけで女子が満足すると思い込み、テクを磨かない」「ペニスが細くても気持いい体位をあなたが積極的に取る」ということ!ってことは、楽しめる可能性は無限大! 早速オススメの体位をチェックして試してみて。
ラブ & セックス
シェア
アソコが細い彼とでも♡気持ちよくなる体位5
工夫してさらに快感♡
今さら聞けない、コンドームの「間違った使い方」8選
ラブ & セックス
シェア
心当たりあるかも…!?間違ったコンドームの使い方8
きちんと安全確認できてる?
専門家が解説!「性欲アップ」に効果的な食べ物24選
ラブ & セックス
シェア
性欲を高める食材は身近にある!?専門家が勧める食べ物24
さりげなく彼に食べさせちゃおう♡
ラブ & セックス
シェア
NYのイケメンが告白♡忘れられない「刺激的な恋」【SNAP】
略奪愛に社内恋愛、出会ってすぐのロードトリップまで!? ニューヨーカーの恋愛模様をチェック♡
ラブ & セックス
シェア
【SNAP】イケメンが告白♡忘れられない「刺激的な恋」
年上女性に調教!? 浜辺で今の彼女を見つけた!? 読んでるだけでドキドキしちゃう♡