「凍結受精卵」で亡くなった夫の子を産みたい!妻の選択

妊娠・出産への新たなる選択肢。

人気の記事

体外受精や人工授精が一般的になり、妊娠や出産への選択肢が広がっている昨今。人々の出産に対する考え方も多様化している中、コスモポリタン アメリカ版では、亡くなった夫の子どもを産もうと決断したある女性を紹介している。

アメリカ フロリダ州ベロビーチに暮らすクリステン・トリプソンさんは2児の母であり、現在第3子を妊娠中。彼女は先日自身のInstagramに「妊娠してるの。サムの子よ」というコメントをアップ。サムとは血液のガンである悪性リンパ腫により、20159月に亡くなったクリステンさんの夫の名前で、夫妻はIVF(体外受精)でできた受精卵(胚)を2012年に凍結していたのだそう。

ADの後に記事が続きます

「(病気の夫が)いつか死ぬことについて2人で話したことはあまりなかったけど、でも凍結胚についてはよく話しあったわ。凍っているけれど、私たちの子どもになる可能性を秘めた存在だから。たとえ将来何が起こっても、いつかまたサムの子どもを産みたいというのは2人で計画したことだったの」と語るクリステンさん。

凍結胚を使い亡き夫の子どもを妊娠した彼女は<US Weekly>の取材に対し、「この選択は簡単なものではなかった。でも何も怖くないし、新しい命に会える日を本当に楽しみにしているの!」と回答。「妊娠に至るまでの過程は大変だったことも事実だけど、もう1人のサムの子どもに会える喜びを考えたら何でもないことよ

彼女を決意させたのは、2人の子どもたちに宿る夫の面影だったのだとか。「夫は愉快でちょっとおバカなことが好きな人だった。そんな彼の資質が子どもたちにちゃんと受け継がれていることがすごくうれしいの。毎日サムのことを感じて生きているわ

悲しみを乗り越え力強く生きていこうと決めたクリステンさん。今、第3子の誕生を待ちわびている。

※こちらはクリステンさんがサムさんについて語った動画(※字幕なし)

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 宮田華子

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
海外女子11人の"恋人と暮らして驚いたコト"エピソード
ラブ & セックス
シェア
女子11人に聞いた!「恋人と同棲して驚いたコト」
「意外…彼が家事好きだった!(ラッキー♡)」
官能小説で十分?「ポルノは観ない派」男子の本音
ラブ & セックス
シェア
男がみんな「ポルノ好き」とは限らない? 男子の言い分!
「観るのをやめたら、セックスをプレッシャー無く楽しめるようになった」
嫉妬の嵐?「友だち以上、恋人未満」のモヤモヤ14
ラブ & セックス
シェア
モヤモヤする!「友だち以上恋人未満」あるある13
"まだ"彼氏じゃないから、どこまで言っていいのかわからない!
やってるかも?ハッピーな恋愛関係を阻む11の行動
ラブ & セックス
シェア
専門家が教える!幸せな恋愛を遠ざける11の要因
意識を変えるだけで、関係が長続きするはず。
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
ラブ & セックス
シェア
みんな経験する?人生における典型的セックス10パターン
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
衝撃!「全人類の3分の2が性感染症」という調査結果が
ラブ & セックス
シェア
えっ! 全人類の3分の2が性感染症にかかってる?
やっぱりコンドームは大切!
ベッドの上で抱きしめ合うハッピーな美男美女カップル
ラブ & セックス
シェア
男子14人の本音!女子へのセックス・アドバイス
「もっとフェラして欲しい」がランクイン
ベッドの上でブランケットを強く握る女性
ラブ & セックス
シェア
オーガズムに達するのに、女子が必要な時間は何分?
あくまでご参考までに…
ラブ & セックス
シェア
「出会いを求めに行く場所」をイケメンに直撃!#北欧編
北欧のイケメンたちに、「出会いを求めて訪れる場所」を聞いてみた!
医師が教える、知っておくべき「性病」の基礎知識
ラブ & セックス
シェア
医師が解説!知っておきたい「性感染症」の基礎知識
感染したとき、適切な対処を行うために