「オーラルセックスされるのが苦手…」克服法はある?

人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!

人気の記事

コスモポリタン アメリカ版の男性ライターが、女性の悩みに本音で答える人気コーナー。今回はなかなかディープなセックスのお悩み。彼女はオーラルセックス(される側)が楽しめないそうなのですが…。

Q. 23歳です。ここ数年間、充実したセックスライフを送ってきたと思ってます。セックスが好きですし、フェラチオに関してはかなり自信があります(男の人にしてあげるのが大好き!)。でもどうしても自分がオーラルセックスをされるのが好きになれないんです…。今まで2回しかトライしたことがないのですが、1度目は高校2年生のときに、彼の家のリビングのソファで。2度目は大学で付き合っていた彼と。正直全然気持ちよくなかったんです。なぜ好きになれないのかは自分でもわかりません。楽しめるようになるポイントやアドバイスがあったら教えてください。

A. 誰にだって趣味嗜好はあるもので、好きな食べ物、スポーツ、音楽…人それぞれ違いますよね。セックスも同じこと。好きなものは好きでいいし、逆もしかりです。例えばサンドイッチを注文するときに、苦手なタマネギを抜いてください、とお願いするのは別におかしなことではない。オーラルセックスをやってほしいかやってほしくないかというのも、それとそう変わりありません。

ADの後に記事が続きます

セックスで新しいことに挑戦するときは、トライ&エラーがあっていい。徐々に正解がわかってきたりするものです。最初からなにもかも最高!というわけにはいかないんですね。あなたは最初の2回が全然良くなかった、と言いますが、もしかしたら元彼2人がうまくなかっただけなのか、2人とも若かったのであれば、単に方法がわからなかったのかもしれません。あるいは、あなたがこの2人に完全には身を委ねることができていなかったからかもしれません。もしくは、どうすれば気持ちいいか、どうされると気持ち良くないのか、あなたが彼らに伝えることができなかったからかもしれません。もっともっと単純に、あなたたちの関係がそれほど良いものじゃなかったから、ということだってあるかもしれません。そんなわけで、あなたがオーラルセックスで気持ち良いと思えなかった理由は、実にいろいろと考えられるのです。

そこで、3つのことを覚えていてください。まずオーラルセックスが好きになる必要はないということ。そしてたった2人の経験でダメだと思い込む必要はないということ。そして3つ目は、セックスで何か新しいことにトライするときは信頼できる人とするのがベストだということ。初めてのことにチャレンジするときは、自分の希望や気持ちを正直に話せる相手の方が安心でしょ?

気負わずにね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
男子が考える、セックスでの「正常位」の利点10
ラブ & セックス
シェア
男子が語る、「僕たちが正常位を好む理由」10
女子の皆さん、「くだらなすぎ…」って言わずに聞いてあげて(笑)!
ラブ & セックス
シェア
お尻フェチ男子が悦ぶ「バックスタイル」5つの奥義
刺激を求める2人にピッタリ♡
私がイケないことに悩む彼。前向きになってもらうには?
ラブ & セックス
シェア
私が「イケない」ことで落ち込む彼。これって私のせい?
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
プロが教える!「指で愛撫」されるときの問題点と解決法
ラブ & セックス
シェア
プロが指南!「指で愛撫」されるときの悩みと対処法8
彼と一緒に勉強しよう♡
人が恋人に求める、理想的な「セックスの経験人数」は?
ラブ & セックス
シェア
米調査で判明!相手に求める「セックスの経験人数」は?
みんな、けっこう厳しい…
えっ!セックス頻度が高い人ほど「記憶力がいい」!?
ラブ & セックス
シェア
えっ!セックス頻度が高い人ほど「記憶力がいい」!?
セックスの意外な効果をまた1つ発見!?
交際9カ月経ってもセックスしない彼…原因は私なの?
ラブ & セックス
シェア
付き合って9カ月でセックスはまだ…私に魅力がないの?
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
性の専門家が教える、オーラルセックスの悩み解消法10
ラブ & セックス
シェア
性の専門家が回答!オーラルセックスにまつわる10の悩み
彼に口で愛撫されるとき、気になるあんなことやこんなこと
ベッドの上で絡み合う男女の足
ラブ & セックス
シェア
女性の「あえぎ声」は、気持ち良さに比例…しない!?
たしかにそうかも…?
ベッドで布団を握りしめる女性
ラブ & セックス
シェア
20代で身につけたい、セックスに関する大事な習慣
人任せにしないで、自分の体は自分で知る。