健康にも良い!?「キス」にまつわる意外な事実19

くちびるを重ねる"だけ"じゃなかった!!

人気の記事

恋人同士や夫婦、そして時には親子間でもする"キス"。実はその行為には、いろいろな効果があるみたい! コスモポリタン アメリカ版から、「キスにまつわる19のトリビア」を紹介します。

1.生まれる前から、キスの練習をしていた!?

3分の2の人はキスのときに顔を右に傾けるらしいんだけど、<Women's Health>によると、ほとんどの人はお母さんのお腹の中にいるときに右側に頭を傾けていたんだとか! どうやらこれが、成長してから誰かとキスをするときの角度に関係あるみたい。

ADの後に記事が続きます

2.キスすることで、関係のゆくえがわかるかも

米テキサス大学の研究科学者でジャーナリストのシェリル・カーシェンバウムさんの著書『なぜ人はキスをするのか?』によると、スキンシップが上手なカップルは関係自体もうまくいく傾向があるのだとか。というわけで、気になる人とはとりあえずキスしてみるのがいいかも!?

3.キスは、"幸せホルモン"と呼ばれるエンドルフィンやオキシトシンを分泌させる

つまり、キスをするとハッピーでポジティブになり、ストレスが軽減されるみたい。

4.唇はあなたが思っているよりもずっと敏感

私たちがキスに夢中になるのは、これが理由みたい。クリスタ・A・ブルーム博士によると、唇はとてもセンシティブなのだそう。なんとクリトリスの8,000を超える、約1万もの末端神経があるんだとか。

5.健康にも良い

様々な研究で、定期的にキスをするカップルは長生きするという結果が出ているらしい。このキスには、"仕事に行く前のキス"といった、軽いものも含まれているのだそう。

6.口を開けてするキスは、テストステロン(男性ホルモンの一種)を相手に分け与えている

米NY州立大学オールバニー校での研究によると、男性がもつテストステロンには相手の性欲を増す効果があるんだとか!

7.フランスでは最近まで「フレンチ・キス」と呼ばれていなかった

日本では"軽いキス"と思われがちだけど、本来は"ディープ・キス"を指す「フレンチ・キス」という言葉。AP通信によると、フランス政府は2013年になって初めてフレンチ・キスを指す"galocher(舌を使ってキスする)"という言葉をフランス語として認めた(=辞書に登録した)のだとか。もともと"フレンチ・キス"という言葉は、第一次世界大戦中に情熱的にキスを交わす(つまりディープ・キスをする)フランス人を見たイギリス人兵士によって広まったものらしい。なぜかはわからないけれど、"フロレンタイン・キス"と呼ばれていた時期もあったそう。

8.一度のキスで8,000万個もの菌を交換!

微生物関係の<マイクロバイオーム・ジャーナル>で紹介された研究によると、人は誰かと初めてキスするたびに8,000万個もの菌を交換するのだとか。この数は、公衆トイレにある菌の数、7万7,000個よりもはるかに多い! というわけで、定期的にキスをするカップルはすでに、8,000万個をゆうに超える菌を共有してるってこと。

9.だけど"菌の交換"は免疫アップにもつながる!

この研究ではまた、菌の交換が免疫システムの向上につながることもわかっているらしい。つまりキスをすれば、風邪をひきにくくなる!?

10.キスが"廃れた"時代もあった

心理学関連サイト<サイコロジー・トゥデイ>によると、(ロマンチックな要素を含まない)キスの存在は紀元前5世紀にまでさかのぼるそう。ちなみにエロチックなキスが最初に出てきたのは、インド最古の性の経典『カーマ・スートラ』(推定:4世紀または5世紀)だそうだけど、西ローマ帝国の分裂・滅亡後(推定:5世紀)は廃れた時期もあったとか。そして11世紀ごろから、(社会情勢の安定で?)"恋愛"が盛んになってきたこともあって、人はキスを再開するようになったんだって。

11.世界最長のキス記録は58時間35分58秒!

誰か、この世界記録更新に挑戦してみる?

12.キスについて研究する学問を"philematology(フィレマトロジー)"と呼ぶ

一体、どんな研究がなされるのか…。

13.キスでうつる病気もある

それは「伝染性単核球症(いわゆるキス病)」と「ヘルペス」。前者は咳やくしゃみでもうつり、後者はオーラルやアナル、性器のセックスでも感染するそう。

14.キスはすべての文化に存在しているわけではない

ヨーロッパからの開拓者が持ち込むまで、多くの文化圏にはキス自体が存在しなかったらしい。例えば北極圏に暮らすイヌイットの人たちは、お互いの鼻をこすり合わせることで知られている。日本を含むアジア圏や中東でも、人前でのキスをよしとしない風潮がある。

15.結婚式での新郎新婦のキスにはちゃんとした理由があった

大学教授のマイケル・フィリップ・ペン氏の著書『キッシング・クリスチャンズ(直訳:キスをするキリスト教徒たち)』によると、昔はキスに"契約"の意味があったそう。

16.キスをするのは人間だけじゃない!

牛や鳥類の一部、リス、そしてカタツムリだってキスをするそう! チンパンジーにいたっては、人間のようなキスをするんだとか。

17.ディープ・キスは顔の筋肉をすごく使う

顔の筋肉は「チュッ」とやるだけでは2カ所しか使わないそうだけど、"激しい"ディープ・キスでは顔にある34もの筋肉すべてを使うのだとか!

18.というわけで、数秒キスするだけで5キロカロリーを消費する!

どうやら10時間もチュッチュやっていれば、ジムに行く必要もないらしい…。

19.情熱的なディープ・キスこそが、ムードを高める最高のアクション!

恋愛やセックスについて研究しているアヴァ・カデル博士によると、こういったキスは血圧を上昇させ、心拍数もアップするそう。つまり体全体に血液が送られるので、体がアツくなるってわけ!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
ラブ & セックス
シェア
みんな経験する?人生における典型的セックス10パターン
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
衝撃!「全人類の3分の2が性感染症」という調査結果が
ラブ & セックス
シェア
えっ! 全人類の3分の2が性感染症にかかってる?
やっぱりコンドームは大切!
ベッドの上で抱きしめ合うハッピーな美男美女カップル
ラブ & セックス
シェア
男子14人の本音!女子へのセックス・アドバイス
「もっとフェラして欲しい」がランクイン
ベッドの上でブランケットを強く握る女性
ラブ & セックス
シェア
オーガズムに達するのに、女子が必要な時間は何分?
あくまでご参考までに…
ラブ & セックス
シェア
「出会いを求めに行く場所」をイケメンに直撃!#北欧編
北欧のイケメンたちに、「出会いを求めて訪れる場所」を聞いてみた!
医師が教える、知っておくべき「性病」の基礎知識
ラブ & セックス
シェア
医師が解説!知っておきたい「性感染症」の基礎知識
感染したとき、適切な対処を行うために
ラブ & セックス
シェア
「出会いを求めに行く場所」をイケメンに直撃!#NY編
大都会NYのイケメンたちに、「出会いを求めて訪れる場所」を聞いてみた!
Tinderのメッセージは、GIFを使うと効果的?
ラブ & セックス
シェア
GIFを使うと、Tinderの返信率が30%アップする?
早速使ってみよう!
「肉食女子」が相手だと、男子は萎えるってホント!?
ラブ & セックス
シェア
「肉食女子」に対して男は不安になる!?という調査結果が
もう21世紀なのに…
元カノと縁を切らない彼。これ、責めていいの?
ラブ & セックス
シェア
元カノと連絡を取り続ける彼…これってどうなの?
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!