男子が激白!「イク」のを止めるための9の秘技

セックス中に思い出したら笑ってしまいそうw

人気の記事

男子がセックス中、思っていたより早くイキそうになって密かに焦る…コスモポリタン アメリカ版の男性ライターに言わせると、「そんな経験をしたことがない」と言う男は絶対嘘をついているんだそう。

そんな彼がまとめた「男子がイクのを止めるために密かにしている9の努力」を知れば「男ってなんていじらしいんだろう」と可愛く思える…かも。

ADの後に記事が続きます

セックスしている最中に思い出したらついニヤニヤしてしまいそう♡

1.あらかじめオナニーしておく

準備運動に勝るものなし。前もってわかっておけば、対策が取れるからね。車での長いドライブ旅行に行く前に、トイレに行っておくのと同じことさ。

2.今やってることを一旦止める

ポジションを変える、動きを止める…など。とにかく勢いを止めるのが、リセットするコツ。

3気持ち悪いことや、セクシーさと無縁の事を考える

セクシーじゃない事って、深く考えなくても浮かんでくるよね。僕がよく思い浮かべるのは"野球"。そしてありとあらゆるセクシーじゃない事柄に想像を巡らせるんだよ。

4.あんまり気持ちいいと思わない体位にチェンジする

普段いまいちイケない体位に変えるんだ。そうすればちょっとは長持ちする。が、注意したいのは、その体位を彼女の方は気に入っているという前提。そうでなければ単に白けたセックスになっちゃうからね。

5.めちゃくちゃスローダウンする

動きの早い情熱的なセックスが好きな男だったら、動きを遅くする事だね。そしてロマンチックな雰囲気になってみる。彼女をちょっとじらしたりしてさ…頭の中では「これでちょっと間が持ったな」ってホッとしてたりするんだけど。

6.分厚いコンドームを用意する

もちろん避妊はいつだってしなきゃダメだよね。でも自分が割と「早漏だ」って自覚してるんだったら、あの分厚いコンドームのいまいち気持ちよくない感触が逆に便利なんだ。早くイッちゃうのを止めるのに一役買ってくれるよ。

7.コックリングを付ける

コックリングって一部の人の趣味的なプレイのために使われるっていう印象があるけど、実は勃起を長時間持続させるのを手伝ってくれる効果もあるんだ。

8.前戯にまた戻る

しばらく挿入したら、一休み。で、また前戯に戻る…女の子は気にしないはず。だって、前戯の間は男の意識が全部彼女に注がれるんだからね。その間ペニスは一休みするのさ。

9.彼女をイカせようと頑張ってみる

ダメな時はダメ、もう快楽の波に流されるしかない。もう長くない…と自分でも分かったら、とりあえず全神経を集中して、彼女もイケるように最大限の努力を試みるのみ。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:山下 英子

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
英調査で判明!皆が密かにやってる「セックスプレイ」10
ラブ & セックス
シェア
英調査で判明!カップルに人気の「アブノーマルプレイ」10
海外の皆さんは、どんなプレイを楽しんでいるの?
男性が家事を手伝うと、2人の性生活が向上するかも?
ラブ & セックス
シェア
男性が家事を手伝うと、2人の性生活が向上するかも?
これ、パートナーにも見せなきゃ!
「愛」と「欲」の違いは?見極めるための6つのサイン
ラブ & セックス
シェア
彼への感情が、「欲望」であり「愛」ではない6のサイン
この関係は「愛」なのか、それとも…?
花嫁を抱きかかえる花婿/結婚式を挙げて幸せそうなカップル
ラブ & セックス
シェア
海外男子10人が振り返る「妻との結婚初夜」
男子にとっても、思い出深い初めての夜。
ラブ & セックス
シェア
大胆告白!セレブ13人の「性生活」にまつわる発言集
ここまでくると、もはや清々しい!
ほっこり♡男性9人が語る「妊娠した妻のカラダ」への感想
ラブ & セックス
シェア
妊娠した妻のカラダを見てどう思った?男子の本音9連発
「この世で1番美しい存在だと思った」
海外のカップルのセックス頻度
ラブ & セックス
シェア
海外既婚者15人が語る、リアルな「夫婦のセックス頻度」
えっ…みんなそんなにしてるの!?
添い寝する赤ちゃんと若い夫婦/赤ちゃんを見て微笑む男性
ラブ & セックス
シェア
男性8人が告白!子供ができて性生活はどう変わった?
チャンスを逃さないのが大切?
圧倒的快感が一気に!「混合オーガズム」を手に入れる
ラブ & セックス
シェア
同時に快感が押し寄せる!「混合オーガズム」への道
その道のプロが徹底解説
ベッドで彼氏を前に悩む彼女/恋愛の悩み
ラブ & セックス
シェア
胸がコンプレックスで、彼とのセックスに踏み切れない…
「体の違いは君の個性」ということを忘れないで