彼とお風呂に入る前に!知っておきたい8つのこと

ロマンチックな気分になるかと思いきや…

人気の記事

恋愛映画などでよく見る、彼氏との「お風呂シーン」。泡のお風呂でゆったりしながら、甘い言葉をささやき合って…というシチュエーションに憧れるものの、実際やろうと思うと、なかなか映画のようにはいかないようで。

今回はコスモポリタン アメリカ版の恋愛ライターがまとめた、「彼氏とお風呂に入ってわかったこと」をお届け。経験者は、けっこう共感しちゃうかも?

ADの後に記事が続きます

1. お風呂が思ったより狭かった

セレブの家のようなジャクジー付きなら別だけど、普通の家のお風呂は基本1人で入るために設計されていることがほとんど。彼と密着できるのはいいけど、あまりにぎゅうぎゅうだとロマンチックな雰囲気どころじゃなくなっちゃうことも。

2. お風呂でのセックスは難易度が高い

水や石鹸ですべりやすくなっているので、お風呂場で激しいアクションをするのはかなり危険。じゃあ浴槽の中はどうかというと、これもあまりオススメできないかも。没頭してたら相手が溺れてた、なんてシャレにならないでしょ。

3. お風呂でのお酒は想像以上に早く酔っ払う

ワイングラス片手に泡風呂に浸かりながら…なんてシーンよくあるけど、お湯につかって血流が良くなっている状態だと、アルコールが回るのがめちゃくちゃ早い! グラス半分飲んだ頃にはヘロヘロになって、イチャつくどころじゃなくなるはず。

4. 汗まみれでセックスすることになる

お風呂に入ってセックスするのは、サウナに入るようなもの。湯気と熱気で汗をダラダラかきながらセックスするのが大好きなら問題ないけど、そうでないならクーラーの効いた部屋の方がやっぱり快適では?

5. やることがなくて退屈する

一緒にお風呂に入ってもセックスしないとなると、これが意外と退屈。狭いから身動き取れないし、テレビを持ち込むわけにもいかないし、することといえば会話くらい。でも、ただ会話するだけなら天気の良い公園にでも行った方が気持ちよさそう。

6. おなら問題

お風呂でのおならは音がよく鳴るし泡が立つから、ごまかしがきかない…。どっちかがしたら必ずバレる!

7. お湯の温度

好みのお湯の温度は、人によって結構違うもの。相手に合わせて熱いお湯を我慢してたらのぼせてしまった…なんてことも。

8. お湯は潤滑油にならない

お湯の中だと滑って挿れやすくなる、とか思ってたら大間違い。むしろお湯がアソコに入り込むことで、滑りが悪くなって痛く感じる場合も。

彼とお風呂に入るときは上記を踏まえて、あれこれ工夫してみて!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
ラブ & セックス
シェア
分析!男女における「セックスの違い」5つ
女子は性別関係なしに興奮できる…!?
「アソコが小さな男」として生きるということ
ラブ & セックス
シェア
自称「アソコが小さな男」の嘆きがツラすぎる
切々と綴られた手記が、切な過ぎて泣ける…
女性ブロガーが明かした、出産後の一部始終が超リアル!
ラブ & セックス
シェア
これが出産のリアル!女性ブロガーが赤裸々告白
出産後、女子の心とカラダってどうなるの?
その彼、ダメかも…セックス相手を間違ってるサイン16
ラブ & セックス
シェア
不毛な関係に終止符を!これが「悪いセックスの相手」
「キレイだね」って言ってもらったことある?
どうなる?結婚17年の夫婦が、「自由恋愛」を試した件
ラブ & セックス
シェア
どうなる?結婚17年の夫婦が、「自由恋愛」を試した件
夫婦関係を維持したまま、お互い自由に恋愛する"オープンマリッジ"体験談
疲れるだけ…カップルの無意味なケンカ8パターン
ラブ & セックス
シェア
時間のムダだよ!カップルの「無意味なケンカ」8選
エネルギーのムダ遣いでもある。
男性が不能になるのは、私に魅力が足りないから?
ラブ & セックス
シェア
セックス相手がこぞって"不能"に…原因は私なの?
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
聞きたいけど聞けない!初デートで男が知りたい10のコト
ラブ & セックス
シェア
男子が「初デート」で、密かに聞きたがってる10のコト
デート中、男性の脳内を駆け巡っているのは…?
海外女子11人の"恋人と暮らして驚いたコト"エピソード
ラブ & セックス
シェア
女子11人に聞いた!「恋人と同棲して驚いたコト」
「意外…彼が家事好きだった!(ラッキー♡)」
官能小説で十分?「ポルノは観ない派」男子の本音
ラブ & セックス
シェア
男がみんな「ポルノ好き」とは限らない? 男子の言い分!
「観るのをやめたら、セックスをプレッシャー無く楽しめるようになった」