彼とお風呂に入る前に!知っておきたい8つのこと

ロマンチックな気分になるかと思いきや…

人気の記事

恋愛映画などでよく見る、彼氏との「お風呂シーン」。泡のお風呂でゆったりしながら、甘い言葉をささやき合って…というシチュエーションに憧れるものの、実際やろうと思うと、なかなか映画のようにはいかないようで。

今回はコスモポリタン アメリカ版の恋愛ライターがまとめた、「彼氏とお風呂に入ってわかったこと」をお届け。経験者は、けっこう共感しちゃうかも?

ADの後に記事が続きます

1. お風呂が思ったより狭かった

セレブの家のようなジャクジー付きなら別だけど、普通の家のお風呂は基本1人で入るために設計されていることがほとんど。彼と密着できるのはいいけど、あまりにぎゅうぎゅうだとロマンチックな雰囲気どころじゃなくなっちゃうことも。

2. お風呂でのセックスは難易度が高い

水や石鹸ですべりやすくなっているので、お風呂場で激しいアクションをするのはかなり危険。じゃあ浴槽の中はどうかというと、これもあまりオススメできないかも。没頭してたら相手が溺れてた、なんてシャレにならないでしょ。

3. お風呂でのお酒は想像以上に早く酔っ払う

ワイングラス片手に泡風呂に浸かりながら…なんてシーンよくあるけど、お湯につかって血流が良くなっている状態だと、アルコールが回るのがめちゃくちゃ早い! グラス半分飲んだ頃にはヘロヘロになって、イチャつくどころじゃなくなるはず。

4. 汗まみれでセックスすることになる

お風呂に入ってセックスするのは、サウナに入るようなもの。湯気と熱気で汗をダラダラかきながらセックスするのが大好きなら問題ないけど、そうでないならクーラーの効いた部屋の方がやっぱり快適では?

5. やることがなくて退屈する

一緒にお風呂に入ってもセックスしないとなると、これが意外と退屈。狭いから身動き取れないし、テレビを持ち込むわけにもいかないし、することといえば会話くらい。でも、ただ会話するだけなら天気の良い公園にでも行った方が気持ちよさそう。

6. おなら問題

お風呂でのおならは音がよく鳴るし泡が立つから、ごまかしがきかない…。どっちかがしたら必ずバレる!

7. お湯の温度

好みのお湯の温度は、人によって結構違うもの。相手に合わせて熱いお湯を我慢してたらのぼせてしまった…なんてことも。

8. お湯は潤滑油にならない

お湯の中だと滑って挿れやすくなる、とか思ってたら大間違い。むしろお湯がアソコに入り込むことで、滑りが悪くなって痛く感じる場合も。

彼とお風呂に入るときは上記を踏まえて、あれこれ工夫してみて!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
19歳年上の彼と婚約して、私が学んだこと
ラブ & セックス
シェア
【体験談】19歳年上の彼と婚約するということ
同世代との恋愛に比べて、直面しがちな問題とは?
恋愛感情を持たない「アロマンティック」たちの告白
ラブ & セックス
シェア
恋愛感情を持たない性的指向、「アロマンティック」とは?
「アロマンティック」を自認する、3人の男女を直撃!
ベッド以外だと…?皆がセックスに使う「家の中の場所」
ラブ & セックス
シェア
ベッド以外で♡皆がセックスに使う「家の中の場所」は?
参考にして、マンネリを打破しよう!
男子がセックス中女子にされたら燃える言動
ラブ & セックス
シェア
男子が回答!セックス中女子にされたら燃える言動10
すぐにマネできそう!
女性が「最高のオーガズム」を体験する年齢が判明!?
ラブ & セックス
シェア
調査で判明!女性が最高のオーガズムを得られる年齢は?
女性の皆さん、本番はこれからみたいですよ♡
抱っこが苦手な女子
ラブ & セックス
シェア
彼と「抱き合って寝るのが苦手」な女子の本音10
彼のことを愛してないわけじゃないんです!
オーガズムのあと、男子の脳内をよぎる10の考え
ラブ & セックス
シェア
セックスでイッたあと、男子の脳内をよぎる10のこと
ムードも何もあったものじゃない?
男子が回答!女子に「オーラルセックス」するときの疑問
ラブ & セックス
シェア
男子が回答!「オーラルセックス」に関する9つの疑問
アメリカの20代男子はどう考えてる…?
男性陣が回答!女子が男子に抱く「素朴な疑問」9
ラブ & セックス
シェア
男性陣が回答!女子が男子に抱く「素朴な疑問」9
考えてみたら実は知らない、あんなことやこんなこと
元SMの女王が告白!「私が男について学んだ16のこと」
ラブ & セックス
シェア
元SMの女王がこっそり教える、「男とセックスの秘密」16
足フェチは「本当に多い」!?