施術時間はたったの3分?新たな"男性向け避妊法"開発中

男性の避妊に対する意識も変わってくるかも?

人気の記事

男女共にさまざまな避妊法が存在している今、引き続き新たな避妊法も開発されているもよう。

コスモポリタンではこれまでに「Vasalgel(ベイサルジェル)」や男性用ピルなど開発中の男性用避妊薬/避妊法を紹介してきたけれど、また1つ新製品のニュースをコスモポリタン アメリカ版から。

Contraline社が開発中のEcho-V(エコーV)」は、ポリマー・ジェルを睾丸に注入するタイプの避妊法。早ければ1年、遅くとも5年以内の実用化を目指しているのだとか。

ADの後に記事が続きます

Echo-V」は「Vasalgel」と同様、ポリマー・ジェルを睾丸にある輸精管に注射することにより精子を固め、精子がペニスに行くのを防ぐ仕組み。このジェルそのものに精子の働きを止める効果はないため、「薬」としてのカテゴリーではなく、精子をせき止める「デバイス(器具)」としての位置づけとのこと。しかしどちらの製品も注入後のジェルの有効期間についてはまだ研究段階であるため、実用化には至っていないよう。

Vasalgel」は開発資金の問題が生じたため実用化が遅れているものの、2018年には市販される見込み。一方Contraline社の共同創業者であるケビン・エイゼンフラッツ氏は「20171月または2月にアメリカ食品医薬品局の認可申請を目指しており、最長でも5年以内には市販される予定」と述べている。

Echo-V」と「Vasalgel」のもっとも大きな違いはジェルの注入法。「Vasalgel」はわずかとはいえ皮膚を切開する必要があるのに対し、「Echo-V」は切開する必要はなく、麻酔をしたうえで「Echo-V」を超音波で確認しながら注射器で注入するのだとか。痛みも少なく、施術時間も約3分とのこと。

「『Echo-V』の注入実験を行った泌尿器科医は、通常の精管切除手術より簡単だと語っています」とエイゼンフラッツ氏。また手術より痛みが少ないだけでなく、注射器によって確実かつ素早くジェルを注入できるため安全性も高いと説明。

ちなみに「Echo-V」は"一時的な避妊法"ではなく、すでに子供をもうけたため今後は避妊したいと考える男性用として開発されているのだとか。睾丸に直接注射をすること、また性感染症を防ぐタイプの避妊法ではないことから、若い世代の人たちがセックスを謳歌するための避妊法ではないよう。

「(ピルなど)女性が選択できる避妊法の方が多く、女性がリードして避妊を行うという風潮があります。しかし時代は移り変わっており、この分野でも男性がより協力すべきなのです」とエイゼンフラッツ氏は語っている。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 宮田華子

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
海外女子11人の"恋人と暮らして驚いたコト"エピソード
ラブ & セックス
シェア
女子11人に聞いた!「恋人と同棲して驚いたコト」
「意外…彼が家事好きだった!(ラッキー♡)」
官能小説で十分?「ポルノは観ない派」男子の本音
ラブ & セックス
シェア
男がみんな「ポルノ好き」とは限らない? 男子の言い分!
「観るのをやめたら、セックスをプレッシャー無く楽しめるようになった」
嫉妬の嵐?「友だち以上、恋人未満」のモヤモヤ14
ラブ & セックス
シェア
モヤモヤする!「友だち以上恋人未満」あるある13
"まだ"彼氏じゃないから、どこまで言っていいのかわからない!
やってるかも?ハッピーな恋愛関係を阻む11の行動
ラブ & セックス
シェア
専門家が教える!幸せな恋愛を遠ざける11の要因
意識を変えるだけで、関係が長続きするはず。
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
ラブ & セックス
シェア
みんな経験する?人生における典型的セックス10パターン
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
衝撃!「全人類の3分の2が性感染症」という調査結果が
ラブ & セックス
シェア
えっ! 全人類の3分の2が性感染症にかかってる?
やっぱりコンドームは大切!
ベッドの上で抱きしめ合うハッピーな美男美女カップル
ラブ & セックス
シェア
男子14人の本音!女子へのセックス・アドバイス
「もっとフェラして欲しい」がランクイン
ベッドの上でブランケットを強く握る女性
ラブ & セックス
シェア
オーガズムに達するのに、女子が必要な時間は何分?
あくまでご参考までに…
ラブ & セックス
シェア
「出会いを求めに行く場所」をイケメンに直撃!#北欧編
北欧のイケメンたちに、「出会いを求めて訪れる場所」を聞いてみた!
医師が教える、知っておくべき「性病」の基礎知識
ラブ & セックス
シェア
医師が解説!知っておきたい「性感染症」の基礎知識
感染したとき、適切な対処を行うために