熟睡できん…「彼と一緒に寝るとき」の悩みあるある12

​「一晩中の腕枕ツラい」「いびきが…」

彼と一緒に暮らし始めると、お互いへの理解も深まって、いろんなことが言い合えるようになって…。幸せいっぱいかと思いきや、多くの人を悩ませているのが「ベッドで眠るときのマナー」。彼と毎日一緒に眠れるのはうれしいけれど、その反面、快適な睡眠を妨害されてイラつくことも。一緒のベッドで寝るのって、本当に難しい! 

ADの後に記事が続きます

そんな、女性たちが密かに感じている「ベッドでの不満あるある」を、コスモポリタン アメリカ版から。

1. 一晩中腕枕されるのはしんどい

だんだん腕も汗っぽくなるし、5分で十分じゃない?

2. ベッドでの私の定位置は決まっている

勝手に場所を変えられたり、"私のゾーン"に侵入されたりするとイラっ…。

3. 私のお気に入りの枕を勝手に使わないで

知らないだろうけど、枕にはこだわりがあるし、それなりのお金をかけてるんだから。

4. 男性ってなんでこんなに抜け毛が多いの!? 

カツラ作れるんじゃないの。

5. 硬くなったアレを「偶然当たっちゃった!」みたいに、押し当てるのやめてくれる? 

セックスしたいなら、もっと気の利いた誘い方をしてほしい。

6. 掛け布団の取り合い

夜中の3時に寒くて目が覚めるなんて、まっぴらごめん。

7. 彼のいびき

お酒飲んだ後とか…ほんっと耐えられない。叩いてでも起こす!

8. 掛け布団の上で寝ないで

布団に入れないから!

9. なんで大の字になって寝そべるの? 

私だってベッドを独占したいけど、優しいからそうしないのよ。

10.男の人って眠ると体温が上昇するの? 

布団の中がまるでコタツの中みたいで暑すぎる。

11.目覚ましのベルが鳴る前に起こさないで

先に目が覚めたとしても、1人で大人しくしてて!

12.ベッドが一緒だからって、いつもセックスしたいわけじゃない

基本、ベッドは寝るためのものだから!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
専門家が教える「マスターベーション」のメリット9/セクシーに手で唇を触る女性
ラブ & セックス
シェア
専門家が教える「マスターベーション」のメリット9
なぜか、恥ずべきことって思われてきたけど…。
気をつけて!「離婚の引き金」になる4つのふるまい
ラブ & セックス
シェア
気をつけて!離婚の引き金になりかねない行動4
日常的にやってない…?
タッチすれば彼に火がつく?12の男の「性感帯」♡
ラブ & セックス
シェア
刺激しちゃおう♡彼がムラムラする12の「性感帯」
くるぶしの下のくぼみが性感帯って、知ってた?
専門家に聞く!彼と結婚前に話し合うべき10のテーマ
ラブ & セックス
シェア
専門家が伝授!結婚前に彼と話し合うべき10のテーマ
こんなはずじゃなかった…なんてことにならないように
性専門家セラピストが語る「セックス依存症」の9のこと
ラブ & セックス
シェア
誰でもなる可能性あり!?「セックス依存症」の基礎知識
セレブにも多い「セックス依存症」。"セックス抜き"のセックス依存症も増えつつあるとか…
彼にベッドで「こうしてほしい♡」を、上手に伝える方法6
ラブ & セックス
シェア
「ベッドでこうして♡」彼に上手にリクエストする6の方法
パートナーを傷つけず、かつ批判もせず、セックスを向上させるには?
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
ラブ & セックス
シェア
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
長期的に見ると、相手にしないほうが身のためかも…
「複数恋愛」実践者が、聞かれて困る11の質問
ラブ & セックス
シェア
「複数恋愛」実践者が、よく聞かれる11の質問
「楽しく自由に恋愛している」イメージだけど…周りからの質問に困る側面もあるよう
それ、浮気のサイン!?専門家が教えるポイント12
ラブ & セックス
シェア
専門家たちが教える、見逃しがちな「浮気のサイン」12
一見罪はなさそう、でも用心にこしたことはない?
ベッドの上で深刻に悩むカップル
ラブ & セックス
シェア
「性欲が弱い」と言う彼とのセックス頻度を増やすには?
私とのセックスに問題が…?