熟睡できん…「彼と一緒に寝るとき」の悩みあるある12

​「一晩中の腕枕ツラい」「いびきが…」

彼と一緒に暮らし始めると、お互いへの理解も深まって、いろんなことが言い合えるようになって…。幸せいっぱいかと思いきや、多くの人を悩ませているのが「ベッドで眠るときのマナー」。彼と毎日一緒に眠れるのはうれしいけれど、その反面、快適な睡眠を妨害されてイラつくことも。一緒のベッドで寝るのって、本当に難しい! 

ADの後に記事が続きます

そんな、女性たちが密かに感じている「ベッドでの不満あるある」を、コスモポリタン アメリカ版から。

1. 一晩中腕枕されるのはしんどい

だんだん腕も汗っぽくなるし、5分で十分じゃない?

2. ベッドでの私の定位置は決まっている

勝手に場所を変えられたり、"私のゾーン"に侵入されたりするとイラっ…。

3. 私のお気に入りの枕を勝手に使わないで

知らないだろうけど、枕にはこだわりがあるし、それなりのお金をかけてるんだから。

4. 男性ってなんでこんなに抜け毛が多いの!? 

カツラ作れるんじゃないの。

5. 硬くなったアレを「偶然当たっちゃった!」みたいに、押し当てるのやめてくれる? 

セックスしたいなら、もっと気の利いた誘い方をしてほしい。

6. 掛け布団の取り合い

夜中の3時に寒くて目が覚めるなんて、まっぴらごめん。

7. 彼のいびき

お酒飲んだ後とか…ほんっと耐えられない。叩いてでも起こす!

8. 掛け布団の上で寝ないで

布団に入れないから!

9. なんで大の字になって寝そべるの? 

私だってベッドを独占したいけど、優しいからそうしないのよ。

10.男の人って眠ると体温が上昇するの? 

布団の中がまるでコタツの中みたいで暑すぎる。

11.目覚ましのベルが鳴る前に起こさないで

先に目が覚めたとしても、1人で大人しくしてて!

12.ベッドが一緒だからって、いつもセックスしたいわけじゃない

基本、ベッドは寝るためのものだから!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
恋愛感情を持たない「アロマンティック」たちの告白
ラブ & セックス
シェア
恋愛感情を持たない性的指向、「アロマンティック」とは?
「アロマンティック」を自認する、3人の男女を直撃!
ベッド以外だと…?皆がセックスに使う「家の中の場所」
ラブ & セックス
シェア
ベッド以外で♡皆がセックスに使う「家の中の場所」は?
参考にして、マンネリを打破しよう!
男子がセックス中女子にされたら燃える言動
ラブ & セックス
シェア
男子が回答!セックス中女子にされたら燃える言動10
すぐにマネできそう!
女性が「最高のオーガズム」を体験する年齢が判明!?
ラブ & セックス
シェア
調査で判明!女性が最高のオーガズムを得られる年齢は?
女性の皆さん、本番はこれからみたいですよ♡
抱っこが苦手な女子
ラブ & セックス
シェア
彼と「抱き合って寝るのが苦手」な女子の本音10
彼のことを愛してないわけじゃないんです!
オーガズムのあと、男子の脳内をよぎる10の考え
ラブ & セックス
シェア
セックスでイッたあと、男子の脳内をよぎる10のこと
ムードも何もあったものじゃない?
男子が回答!女子に「オーラルセックス」するときの疑問
ラブ & セックス
シェア
男子が回答!「オーラルセックス」に関する9つの疑問
アメリカの20代男子はどう考えてる…?
男性陣が回答!女子が男子に抱く「素朴な疑問」9
ラブ & セックス
シェア
男性陣が回答!女子が男子に抱く「素朴な疑問」9
考えてみたら実は知らない、あんなことやこんなこと
元SMの女王が告白!「私が男について学んだ16のこと」
ラブ & セックス
シェア
元SMの女王がこっそり教える、「男とセックスの秘密」16
足フェチは「本当に多い」!?
男女11人が「失恋から立ち直るためにやったこと」
ラブ & セックス
シェア
男女11人が実践した「失恋から立ち直るための方法」
効果あるかも…!