アメリカで"アソコ"を大きくする手術が人気上昇中!?

アメリカの医師が開発した整形術。サイズはLからXXLまで!?

人気の記事

コスモポリタン アメリカ版によると、ロサンゼルスのジェームズ・エリスト医師が開発した最新の男性器増大手術、「Penuma」が密かに人気を集めているらしい。

手術はたったの45分だけど、お値段は13,000ドル(約140万円)と、なかなかの価格。それでもほぼ確実にアソコを大きくしてくれ、L、XL、XXLとサイズも選べる。S、Mは無いのだとか。医師が言うには「だって誰もスモールなんて頼まないじゃない?」とのこと。そりゃそうかも…? ちなみに、これまでに約1,300人が手術を受けたんだそう。

ADの後に記事が続きます

その方法を大雑把に説明すると、包皮を切って剥がし、内部にインプラントを入れてまた皮を元に戻すというもの。男性誌『GQ』に掲載された内容によると"ウィンナーの外側の皮を剥がして元に戻す感じ"(超痛そう!)らしい。剥がしたときの中がどうなっているのかなんて知る由もないし、正直知りたいとも思わないのだけど、これが結構確実な方法なのだとか。

実際、手術の成功率は95%。インプラントが内部で破損する確率は0.5%、外にはみ出してしまう確率は1%未満とのこと。失敗したときのことを考えるとかなり痛そうだけど、安全性は相当高い。失敗の原因は、術後の治癒が十分じゃないのに、ガマンできずに使っちゃった…みたいなのがほとんどらしい。大事なところだからやっぱり慎重に扱わないとダメなのね…。でも無事成功すれば、立派になったアソコが手に入るというわけ!

手術を受けるのは、"サイズの小ささ"で悩んでいる人はもちろん、単に大きくしたいから、という理由の人もいるのだとか。ロサンゼルス在住の会計士(39歳)の男性はもともと約20センチ(勃起時)という、アメリカ男性の平均サイズである約13センチをはるかに上回る長さだったにもかかわらず、「もっと大きくしたかった」から受けたらしい。そして巨大なアソコを手に入れることができたのだが、本人の満足度はともかくとして奥さんの方は、「正直ちょっと痛くなったわ…。時々たまらず"お願い、それ(大きいの)で私に触れないで!"って思っちゃうこともあるわ」なんて本音がポロリ。フェラチオはさらに大変なんだとか。

2004年に認可を取得したPenuma。今後エリスト医師は手術に使う器具を他の医師などに販売し、手術方法を指導して広めていくことも考えているとのこと。

今や、男性のアソコのコンプレックスも手術でなんとかなる時代になったってわけ。ただ、やたら大きすぎる男性ばかりの世の中になっちゃったら、女子もそれはそれでちょっと大変かもね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
海外女子11人の"恋人と暮らして驚いたコト"エピソード
ラブ & セックス
シェア
女子11人に聞いた!「恋人と同棲して驚いたコト」
「意外…彼が家事好きだった!(ラッキー♡)」
官能小説で十分?「ポルノは観ない派」男子の本音
ラブ & セックス
シェア
男がみんな「ポルノ好き」とは限らない? 男子の言い分!
「観るのをやめたら、セックスをプレッシャー無く楽しめるようになった」
嫉妬の嵐?「友だち以上、恋人未満」のモヤモヤ14
ラブ & セックス
シェア
モヤモヤする!「友だち以上恋人未満」あるある13
"まだ"彼氏じゃないから、どこまで言っていいのかわからない!
やってるかも?ハッピーな恋愛関係を阻む11の行動
ラブ & セックス
シェア
専門家が教える!幸せな恋愛を遠ざける11の要因
意識を変えるだけで、関係が長続きするはず。
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
ラブ & セックス
シェア
みんな経験する?人生における典型的セックス10パターン
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
衝撃!「全人類の3分の2が性感染症」という調査結果が
ラブ & セックス
シェア
えっ! 全人類の3分の2が性感染症にかかってる?
やっぱりコンドームは大切!
ベッドの上で抱きしめ合うハッピーな美男美女カップル
ラブ & セックス
シェア
男子14人の本音!女子へのセックス・アドバイス
「もっとフェラして欲しい」がランクイン
ベッドの上でブランケットを強く握る女性
ラブ & セックス
シェア
オーガズムに達するのに、女子が必要な時間は何分?
あくまでご参考までに…
ラブ & セックス
シェア
「出会いを求めに行く場所」をイケメンに直撃!#北欧編
北欧のイケメンたちに、「出会いを求めて訪れる場所」を聞いてみた!
医師が教える、知っておくべき「性病」の基礎知識
ラブ & セックス
シェア
医師が解説!知っておきたい「性感染症」の基礎知識
感染したとき、適切な対処を行うために