アメリカで"アソコ"を大きくする手術が人気上昇中!?

アメリカの医師が開発した整形術。サイズはLからXXLまで!?

人気の記事

コスモポリタン アメリカ版によると、ロサンゼルスのジェームズ・エリスト医師が開発した最新の男性器増大手術、「Penuma」が密かに人気を集めているらしい。

手術はたったの45分だけど、お値段は13,000ドル(約140万円)と、なかなかの価格。それでもほぼ確実にアソコを大きくしてくれ、L、XL、XXLとサイズも選べる。S、Mは無いのだとか。医師が言うには「だって誰もスモールなんて頼まないじゃない?」とのこと。そりゃそうかも…? ちなみに、これまでに約1,300人が手術を受けたんだそう。

ADの後に記事が続きます

その方法を大雑把に説明すると、包皮を切って剥がし、内部にインプラントを入れてまた皮を元に戻すというもの。男性誌『GQ』に掲載された内容によると"ウィンナーの外側の皮を剥がして元に戻す感じ"(超痛そう!)らしい。剥がしたときの中がどうなっているのかなんて知る由もないし、正直知りたいとも思わないのだけど、これが結構確実な方法なのだとか。

実際、手術の成功率は95%。インプラントが内部で破損する確率は0.5%、外にはみ出してしまう確率は1%未満とのこと。失敗したときのことを考えるとかなり痛そうだけど、安全性は相当高い。失敗の原因は、術後の治癒が十分じゃないのに、ガマンできずに使っちゃった…みたいなのがほとんどらしい。大事なところだからやっぱり慎重に扱わないとダメなのね…。でも無事成功すれば、立派になったアソコが手に入るというわけ!

手術を受けるのは、"サイズの小ささ"で悩んでいる人はもちろん、単に大きくしたいから、という理由の人もいるのだとか。ロサンゼルス在住の会計士(39歳)の男性はもともと約20センチ(勃起時)という、アメリカ男性の平均サイズである約13センチをはるかに上回る長さだったにもかかわらず、「もっと大きくしたかった」から受けたらしい。そして巨大なアソコを手に入れることができたのだが、本人の満足度はともかくとして奥さんの方は、「正直ちょっと痛くなったわ…。時々たまらず"お願い、それ(大きいの)で私に触れないで!"って思っちゃうこともあるわ」なんて本音がポロリ。フェラチオはさらに大変なんだとか。

2004年に認可を取得したPenuma。今後エリスト医師は手術に使う器具を他の医師などに販売し、手術方法を指導して広めていくことも考えているとのこと。

今や、男性のアソコのコンプレックスも手術でなんとかなる時代になったってわけ。ただ、やたら大きすぎる男性ばかりの世の中になっちゃったら、女子もそれはそれでちょっと大変かもね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
プロが教える!「指で愛撫」されるときの問題点と解決法
ラブ & セックス
シェア
プロが指南!「指で愛撫」されるときの悩みと対処法8
彼と一緒に勉強しよう♡
ラブ & セックス
シェア
【SNAP】ベルリンのイケメンたちを「トキめかせた瞬間」とは?
ベルリンの街角で、イケメンたちが思わずキュンとしちゃった瞬間を調査♡
セックスのプロが教える「至極のオーラルセックス」
ラブ & セックス
シェア
セックスのプロが教える「オーラルセックス」の極意9
彼が喜ぶテクニックをプロが伝授!
人が恋人に求める、理想的な「セックスの経験人数」は?
ラブ & セックス
シェア
米調査で判明!相手に求める「セックスの経験人数」は?
みんな、けっこう厳しい…
えっ!セックス頻度が高い人ほど「記憶力がいい」!?
ラブ & セックス
シェア
えっ!セックス頻度が高い人ほど「記憶力がいい」!?
セックスの意外な効果をまた1つ発見!?
交際9カ月経ってもセックスしない彼…原因は私なの?
ラブ & セックス
シェア
付き合って9カ月でセックスはまだ…私に魅力がないの?
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
性の専門家が教える、オーラルセックスの悩み解消法10
ラブ & セックス
シェア
性の専門家が回答!オーラルセックスにまつわる10の悩み
彼に口で愛撫されるとき、気になるあんなことやこんなこと
ベッドの上で絡み合う男女の足
ラブ & セックス
シェア
女性の「あえぎ声」は、気持ち良さに比例…しない!?
たしかにそうかも…?
結婚1年目でわかる、「結婚生活」の現実16
ラブ & セックス
シェア
結婚1年目で実感する、「結婚すること」のリアル16
なるほど、これが結婚か!
ベッドで布団を握りしめる女性
ラブ & セックス
シェア
20代で身につけたい、セックスに関するでの大事な習慣
人任せにしないで、自分の体は自分で知る。