僕たちが"年上の女性"に惹かれる理由

​ 「依存せず、強くて自立した女性はセクシー」

人気の記事

多くの場合、年上の女性と付き合う男性は、"セックスライフにスパイスを"的に見られがち。でも、中には自分より15歳以上も年上の女性と、本気で交際している若い男性陣も。セックスにまつわる赤裸々トークを繰り広げる、コスモポリタン アメリカ版のコーナー<Sex Talk Realness>では、「付き合うなら年上!」派の男性3名にインタビュー。彼らが語る、年上女性の魅力とは?

ADの後に記事が続きます

――今現在の交際ステータスは?

A24歳):シングルです。

B27歳):交際中です。

C31歳):真剣なお付き合いをしています。

――今のパートナーとの年の差はどのくらい?

A今はシングルですが、最後に付き合った相手は僕が24歳で彼女が40歳でした。

B15歳差です。

C32歳差です。

――年上女性と交際する上で、何が一番魅力的ですか?

A真剣な場面では成熟した態度で、でも遊ぶときはとことん無邪気になるところが好きです。元カノとはよく、ゆっくり座りながら好きな音楽を一緒に聴いたりして…それまでに体験したことのないくらい有意義な2人の時間でした。自分よりもかなり年上の人があんなに共通の趣味を持っているなんて思っていなかったし、あんなに心を通わせられる存在になってくれるとも予想していませんでしたから。

B年上の女性の方が格段に落ち着いています。それに自分よりも15年長く生きているので、話も幅があっておもしろいです。

C年上女性との方が、ケンカなどの小さないざこざが起きることは少ないし、依存されることもあまりありません。強くて自立した女性はセクシーですよ。

――年上の女性との交際やセックスは、同年代の女性とどう違いますか?

A年上の女性の方が新しいことにいろいろ挑戦させてくれます。僕の経験から言うと、(体も心も)全体的に満たしてくれますね。

B年上女性の方が自分の求めているものがはっきりしているので、こっちが勘ぐったり察したりする必要がありません。相手の言う通りにしているだけでいいので、プレッシャーもだいぶ軽減します。彼女たちはベッドの中でも落ち着いていて、状況をしっかりコントロールしているんです。そんなとき、とにかくセクシーに感じますね。

C年上だからって、特に大きくは変わりませんよ。付き合うという意味で言うならば、ケンカとかのいざこざがないことくらいですね。多くの場合、相手もすでに家庭を築いているので、お互いに依存し合ったりしません。だから、彼女たちは嫉妬もしないし、支配的でもないんです。

――年上女性と付き合って、一番びっくりしたことは何ですか?

A僕が出会う女性は、みんな新しい人生の扉を開かせてくれるような存在です。オーラルセックスのテクニックから音楽の趣味まであらゆることすべてに驚かされっぱなしで、ひたすら刺激的です。

Bセックスの回数ですね。同世代の子たちとは、月に数回という感じでしたが、今の彼女とはデートのたびにしてて、最高です。

Cセックス面では、彼女の新しいことに挑戦するオープンさと、オーラルセックスを嫌がらない点にびっくりしました。僕が前に結婚していた相手は、オーラルセックスが苦手でしたから。

――"年上の女性に惹かれる男性"が直面する、大きな誤解って何だと思いますか?

A"フェチ"だと思われちゃうことですかね。男の中には、ただ純粋に年上の女性と付き合うのが好きな人もいるんです。相思相愛の2人の大人が、真剣に向き合ったり遊んだりすることは悪いことではないはずです。

B当人が、年上に惹かれてしまうことを非難されると思い込んでしまうこと。案外自分が恐れているほど、周りはそのことを非難したりはしないんですよ。

Cエディプス・コンプレックス(マザコン)と勘違いされることだと思います。僕たちは彼女たちに母親像を求めているわけでもないし、養って欲しいと思っているわけでもありません。至って対等な立場で向き合っています。相手の女性たちは心が若々しく、僕たちは年齢よりも成熟している。それだけなんです。

――年上の女性と付き合いたいと思う男性へ(あるいは年下男性と付き合いたい女性へ)アドバイスを贈るとしたら? 

A男性には、無理して相手の女性の趣味に合わせなくていいということを伝えたいです。興味を示すことは大事だけど、相手の好きな音楽や映画を好きになる必要はありません。女性も同じことに気をつけていれば、きっと理想通りの男性に出会えると思いますよ。

B「臆するな!」ですね。僕自身、15歳年上の女性にぞっこんだし、彼女がアプローチして来てくれたときに、もし僕が自分の中の恐れに負けて逃げていたら、きっと一生そのことを後悔する羽目になっていたと思います。

C男性へのアドバイスとしては、相手の求めているものを知り、自分の求めているものを知ること。彼女はセフレが欲しいのか、あるいは彼氏が欲しいのか。もし真剣に交際したいのなら、子どもっぽい態度は取らないこと。そして女性のみなさんへ。あなたのことを美しいと感じ、大切にしたいと思っている若い男性はちゃんといるんです。若い男の子が声をかけてきたら、どうか軽く受け流さないでくださいね。

この翻訳は、抄訳です。

Translated by 名和友梨香

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
男性陣が回答!女子が男子に抱く「素朴な疑問」9
ラブ & セックス
シェア
男性陣が回答!女子が男子に抱く「素朴な疑問」9
考えてみたら実は知らない、あんなことやこんなこと
元SMの女王が告白!「私が男について学んだ16のこと」
ラブ & セックス
シェア
元SMの女王がこっそり教える、「男とセックスの秘密」16
足フェチは「本当に多い」!?
男女11人が「失恋から立ち直るためにやったこと」
ラブ & セックス
シェア
男女11人が実践した「失恋から立ち直るための方法」
効果あるかも…!
ベッドで男性を誘ってる笑顔の素敵な女性
ラブ & セックス
シェア
セックスに誘うのはいつも私…彼を積極的にするには?
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
セックスにおける「複数恋愛」のメリットとデメリット10
ラブ & セックス
シェア
「複数恋愛」を試して、セックスはどう変わった?
経験者4人に聞いてみた!
ヒゲ男子が「オーラルセックス」について密かに思うこと9
ラブ & セックス
シェア
ヒゲ男子が「オーラルセックス」の最中に考える9のこと
ヒゲ男子とセックスする時、笑ってしまいそうw
ツラいけどウケるw男子7人の「失恋」エピソード
ラブ & セックス
シェア
ツラいw男子7人が語った、ちょっと笑える失恋ストーリー
本人にとっては笑えないだろうけど…。
男子が語る!「セックス後の密かな楽しみ」9
ラブ & セックス
シェア
男子が実は大好き♡な、セックスついでの「9のおまけ」
男子も実は「抱っこ」が大好き?
出産を控えた妻に、夫が「ジェラシー」を感じる瞬間
ラブ & セックス
シェア
男が妊娠中の妻を「うらやましい」と感じる瞬間
子供の誕生を待ちわびる、ちょっとかわいい「夫」の本音
あるある!同棲カップルが直面しがちな8のジレンマ
ラブ & セックス
シェア
あるある!同棲カップルが直面しがちな8のジレンマ
「彼にこんな一面、あったんだ…」