彼にベッドで「こうしてほしい♡」を、上手に伝える方法6

パートナーを傷つけず、かつ批判もせず、セックスを向上させるには?

人気の記事

満ち足りたすばらしいセックスライフを楽しんでいたとしても、新しい提案をするのは難しいもの。してほしいことがあっても、ダメだしされていると思ってほしくないし、彼を傷つけたくないと思うと言い出しにくい…。セックスはお互いをさらけ出す親密な行為だから、慎重になるのは当然。

でも、セックスで満足したいと思うのは当たり前の感情だし、そのためにはオープンに話し合うことも必要

ADの後に記事が続きます

「女性がベッドでの要求を言葉にすることに抵抗がある理由は2つあります」と話すのは、人間関係セラピストのエイミー・ハートスタインさん。

「女性は性的なことにはシャイでつつましくあるよう社会的に求められがち。女性が受けとるメッセージは玉石混交で、中には『セックスの喜びを追求するのは軽い女』なんていう声もあります。だから、ベッドでどうしてほしいか自覚するのも、さらにそれをパートナーに伝えるのも、難しいことなんです」

では、女性がセクシュアリティをきちんと主張しつつ、パートナーの気持ちを傷つけないためにはどうすれば? ハートスタインさんがコスモポリタン イギリス版に語った、この6つの方法を参考にしてみて。

1.あなたはセックスで満足してもいい!

まず、セックスライフはパートナーを喜ばせるだけでなく、自分も楽しむものだということを思い出して。

ハートスタインさんによると、これも女性の抱える大きなジレンマの1つなのだとか。

「前述の理由に続き、もうひとつの問題は、女性は男性に尽くし、受け身になりがちだということ。でもセックスは気持ちの良いことをするために参加するもの。自分がどうしたら気持ちが良いのか、わかるのはあなただけですよ」。

気おくれするようなら、こう考えてみては? あなたにはすばらしい思いをする価値があるし、パートナーだってあなたが喜ぶことを望むはずだと。

2.口調と状況を選ぶ

パートナーがどう反応するかは、伝え方でずいぶん違ってくるもの。「ベッドでしてほしいことを伝える一番いい方法は、ダイレクトに、でも相手を尊重し、優しく言うことです」。

セックスの直後は男性が特に無防備な状態だから、避けたほうが無難かも。自然な感じで話題にできるタイミングを見計らって、相手が攻撃されていると感じるような爆弾発言はせず、優しく、でもはっきりと言うことを心がけてみて。

3.わかりやすく伝える

伝えると決めたら、まわりくどい言い方はしないこと。パートナーもはっきり言ってもらったほうが理解しやすいはず。

「触り方をもっと強くしてとか、ソフトにしてとかは、ストレートに言いやすいはずです。男性にとっても助言があった方が助かるでしょう」。

4.プレイの一部にしてしまう

セックスについて話すのはちょっと…というあなたも、思いきって話せばだんだん慣れてくるはず。直接言うのに抵抗があるという人は、セクスティング(セクシーなメールやメッセージ)を試してみて。メールの中に、してもらいたいことや、どんなふうに触れてほしいかをうまく盛りこむことであなたの望みが伝わるし、彼をその気にさせることにも繋がるかも。

5.ポジティブに表現する

「もし彼が気にすると思うなら、彼とのセックスで好きなポイントと合わせて伝えると効果的よ」とハートスタインさん。「パートナーに、『今してくれているXとYはとっても素敵、一緒にZもしてくれるとうれしい』、という風に言うの」。

また、"サンドイッチ作戦"も有効なのだとか。すでに楽しめていることから始めて、その流れで『次はこれをしてみよう』と提案し、自分の希望することについて説明する方法。これなら批判と受けとられることはないので、セックスライフについて話すときにおすすめとのこと。

6.相手の希望を聞く

まずはパートナーにベッドでしてみたいことがないか聞くのも、上手な話のもっていき方。パートナーが望みを話した後なら、あなたが自分のしたいことを言い出しても、"現状に不満なんじゃなくて、2人で新たに開拓していきたいんだな"、と思ってもらえるとのこと。

セックスについて話すのは、慣れていなければなおさら、地雷を踏みそうで怖いもの。でも「それは同時に自分を大切にすること」と、ハートスタインさん。

「どう話をするのかはあなたの自由です。でも、自分自身の感情と喜びを大切にすることを忘れないでください」。

2人が満足できるセックスライフに辿り着くために、時には勇気を出して、オープンな会話をしてみては?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Noriko Sasaki(Office Miyazaki Inc.)

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
専門家が教える「マスターベーション」のメリット9/セクシーに手で唇を触る女性
ラブ & セックス
シェア
専門家が教える「マスターベーション」のメリット9
なぜか、恥ずべきことって思われてきたけど…。
気をつけて!「離婚の引き金」になる4つのふるまい
ラブ & セックス
シェア
気をつけて!離婚の引き金になりかねない行動4
日常的にやってない…?
専門家に聞く!彼と結婚前に話し合うべき10のテーマ
ラブ & セックス
シェア
専門家が伝授!結婚前に彼と話し合うべき10のテーマ
こんなはずじゃなかった…なんてことにならないように
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
ラブ & セックス
シェア
嫌な予感…付き合わない方が無難な男のタイプ11
長期的に見ると、相手にしないほうが身のためかも…
「複数恋愛」実践者が、聞かれて困る11の質問
ラブ & セックス
シェア
「複数恋愛」実践者が、よく聞かれる11の質問
「楽しく自由に恋愛している」イメージだけど…周りからの質問に困る側面もあるよう
それ、浮気のサイン!?専門家が教えるポイント12
ラブ & セックス
シェア
専門家たちが教える、見逃しがちな「浮気のサイン」12
一見罪はなさそう、でも用心にこしたことはない?
セックスセラピストが教える、「性の悩み」との向き合い方
ラブ & セックス
シェア
性のプロに聞く!「セックスの悩み」と向き合う5つの方法
「最大の生殖器は、『脳』です」
カップルに起こりがちな、避けるべき「6つの過ち」
ラブ & セックス
シェア
付き合いの長いカップルが陥りやすい「6つの過ち」
末永く幸せに暮らすために…
男女10人が語る「パートナーの浮気を発見した瞬間」
ラブ & セックス
シェア
男女10人が明かす、「私たちが浮気を発見した瞬間」
浮気の数だけ発覚方法がある…
彼も大興奮!?男子の知られざる「感じるパーツ」9♡
ラブ & セックス
シェア
彼がムラムラ♡男子が触られて喜ぶパーツ9選
次回のセックスの時に、早速試してみよう!