オリビアのセックス相談室「Case1:セックスレスどうやったら乗り越えられる?」

ラブライフアドバイザーとして多くの女性に、セックスライフのアドバイスをしてきたオリビア先生。今月は4人の読者のお悩みを解決してくれます。

人気の記事

Case1:30歳女性・デザイナー・彼氏あり7年

20代前半から付き合って7年になる彼氏がいます。

付き合った当初は、週2~3回のペースでセックスをしていましたが、ここ数年、年に1~2回あればいいほうです。お互い愛し合っているし、セックスがなくても心は通じ合っていると思っていますが将来は彼と結婚して、子供もほしいし、女性としてずっとみてほしいというのもあるので、最低週1回くらいはしたいです。なので、自分から「セックスしようよ」と素直に誘ってみたりしましたが、「今日は眠いから、疲れているから」と断られてしまいます。友達に相談したら、男は繊細だし、プライドがあるからそんな直球に誘っても、無理だよと言われてしまいました。どのように誘えば、彼は楽しくセックスをするようになるでしょうか?

ADの後に記事が続きます

女性からスムーズに誘える方法を教えてください。


OLIVIA's advice

こんにちは。ラブライフアドバイザーのOLIVIAです。

お付き合いして7年となると、熱量のある愛し方をしていた交際当初よりもセックスの回数が減るのはよくあること。自分から上手く彼を誘えなくて、悩んでいるのは、あなただけじゃありません。

だから安心してください。私と一緒に解決策を考えてみましょう。

彼とのセックスの頻度は、年に1~2回ということなので、セックスレスということになりますね。

セックスレスで悩む女性は、いくつかのタイプに分けられます。

① 妊娠待望型:子供が欲しいのでセックスレスを解消したい。

② 規範型:恋人はセックスがあって当たり前。一般論が気になり、他のカップルよりもセックス回数が少ないことに悩んでしまう。

③ セクシャル・アイデンティティー型:"男性"から"女性"として扱われることに心の拠り所をもっている。彼が、"女"として扱ってくれないことに強い不安を持つ。

④ 快楽追求型:女性として生まれたからには性の快楽を味わってみたい。

今回は、セクシャル・アイデンティティー型の特徴がみられますが、彼と結婚を考えているなら、子供を作ろうとするタイミングで妊娠待望型に移行していくでしょう。つまり、早かれ遅かれ、どこかのタイミングで、ふたりのセックスに真剣に向き合う必要が出てきます。日本人カップルに言えることですが、「女として見られたい」からと言って、エロモード全開な過度な演出は逆効果になることも。

男性をその気にさせるコツは、"プレッシャーを感じさせないこと"と"自らセックスに誘ったという達成感を感じさせること"です。女性から誘われてプレッシャーを感じるよりも、あなたのかわいらしい仕草にキュンとなり、自発的に「抱きしめたい」「セックスに誘いたい」という気持ちになった方が、その後に続くセックスも盛り上がります。童話「北風と太陽」の太陽になったつもりで、焦らずに彼の気持ちをセックスに向けていきましょう。彼の体調と心理を考慮した誘い方で、セックスの導入部分がグッとスムーズになります。

お疲れモードからHモードに切り替える膝枕ヘッドマッサージ

「疲れているから無理」は、セックスを断る常套句。働き盛りの男性は、嘘ではなく本当に疲れていることも多いのです。そんな時は、膝枕でヘッドマッサージをしてあげましょう。「ちょっと来て」とあなたの膝に招き、彼があなたに甘えられるシチュエーションを作ります。やさしく頭をナデナデしているうちに、「もっとイチャイチャしたい」と気持ちが高まっていくはず。気づいたら、やさしいキスからセックスへ…。

かわいいパジャマで「一緒に寝よう」

普段、彼にすっぴんやリラックスを重視した部屋着姿を見せることが多いなら、「今日はしたいな」という日は、お風呂上りに、つや感のある薄化粧をして、かわいいパジャマに着替えましょう。直接的ではなく、「一緒に寝よう」と誘えば、あなたに求められて素直に嬉しい気持ちに。

セックスの質を上げよう

男性がセックスを断る背景には、「セックスをリードしなくちゃいけない。頑張らなくちゃいけない」と、面倒くささを感じていることも。あなたから彼への愛撫は積極的にしていますか? 彼だけが頑張って、あなたを気持ちよくさせていませんか? 心当たりがあるなら、あなたが「彼を気持ちよくさせたい」という態度を示せば、彼の積極性ももっとアップするかもしれませんよ。

最終的には、「したい時に、気兼ねなく誘える関係」になると、ストレス・フリーになります。「彼とセックスしたい」という気持ちは自然な欲求です。卑屈になったり、恥ずかしがらずに、やわらかく表現してみてくださいね。


OLIVIA

1980年生まれ。 ラブライフアドバイザー。アロマセラピスト。学生時代に「女性のマスターベーション」をテーマに卒業論文を執筆。2007年より性に関する総合アドバイザーとして活動開始。日本のみならず海外での講演やテレビ・ラジオ出演、書籍出版、スクール運営など、多方面で「女性が幸せになるためのセックス」の情報発信と次世代のラブライフアドバイザーの養成を行っている。有名女性誌や週刊誌にも多数取り上げられ、SEX特集には欠かせない性のオピニオンリーダーとなっている。近著に「誰も教えてくれなかった!飽きないセックス」(KADOKAWA)、「最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス」(実業之日本社)など。http://olivia-catmint.com/

コメントする

Read Next:
海外女子11人の"恋人と暮らして驚いたコト"エピソード
ラブ & セックス
シェア
女子11人に聞いた!「恋人と同棲して驚いたコト」
「意外…彼が家事好きだった!(ラッキー♡)」
官能小説で十分?「ポルノは観ない派」男子の本音
ラブ & セックス
シェア
男がみんな「ポルノ好き」とは限らない? 男子の言い分!
「観るのをやめたら、セックスをプレッシャー無く楽しめるようになった」
嫉妬の嵐?「友だち以上、恋人未満」のモヤモヤ14
ラブ & セックス
シェア
モヤモヤする!「友だち以上恋人未満」あるある13
"まだ"彼氏じゃないから、どこまで言っていいのかわからない!
やってるかも?ハッピーな恋愛関係を阻む11の行動
ラブ & セックス
シェア
専門家が教える!幸せな恋愛を遠ざける11の要因
意識を変えるだけで、関係が長続きするはず。
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
ラブ & セックス
シェア
みんな経験する?人生における典型的セックス10パターン
「セックス観が一気に変わる瞬間」があるらしい
衝撃!「全人類の3分の2が性感染症」という調査結果が
ラブ & セックス
シェア
えっ! 全人類の3分の2が性感染症にかかってる?
やっぱりコンドームは大切!
ベッドの上で抱きしめ合うハッピーな美男美女カップル
ラブ & セックス
シェア
男子14人の本音!女子へのセックス・アドバイス
「もっとフェラして欲しい」がランクイン
ベッドの上でブランケットを強く握る女性
ラブ & セックス
シェア
オーガズムに達するのに、女子が必要な時間は何分?
あくまでご参考までに…
ラブ & セックス
シェア
「出会いを求めに行く場所」をイケメンに直撃!#北欧編
北欧のイケメンたちに、「出会いを求めて訪れる場所」を聞いてみた!
医師が教える、知っておくべき「性病」の基礎知識
ラブ & セックス
シェア
医師が解説!知っておきたい「性感染症」の基礎知識
感染したとき、適切な対処を行うために