「しっかり者」が陥りがちな、夫婦間の9のジレンマ

「彼が洗濯物を色別に分けて洗うなんて、ありえない」

人気の記事

カップルや夫婦間で、あなたが「しっかり者」、彼が「そうでなかった」場合…「しっかり者」はこんなジレンマを抱えているかも? 

コスモポリタン アメリカ版がリストアップした、「しっかり者ならではの悩み」をお届け。自分に当てはまると思った人は、たまには肩の力を抜いて、パートナーに頼ってみて。

ADの後に記事が続きます

1.スケジュール作りに追われる

今日やることのスケジュールから始まり、明日、今週、今月、買い物、雑用まで…。もちろんスケジュールの一番最初にくるのは"新たなスケジュール表を作ること"。…キリがない!

2.彼に雑用を頼んでも、結局は自分でやる羽目に

彼が雑用をやってくれるのは、「あれやってよ」と何度もお願いし、そのうち2回くらいはケンカになってからのこと。だったら、自分でやったほうが早いと思っちゃう…。

3.買い物担当はいつも自分

彼に頼むと大量の冷凍ピザや、リストにないものばかり買ってくるから! それなら自分で買ったほうが、イライラせずにすむ。

4.クローゼットを見れば一目瞭然

私のクローゼットは整理整頓されているけれど、彼のほうは泥棒に荒らされたかのような状態。これ、誰が整えるの?

5.旅行の計画を立てるのも自分

飛行機のチケット手配も、リーズナブルな宿泊先を探すのも…いっつも私! でも裏を返せば、自分の好きに選べるってこと!?

6.もちろん洗濯も

彼は洗濯物を色別に分けて洗うなんてしないし、保護ネットに私のランジェリーを入れて洗うなんて、もっとありえない。洗濯機の使い方くらいわかると思うけど、やっぱり自分でやったほうが、トラブルが少ないのよね…。

7.夫婦宛ての連絡は…いつも自分に来る

私ならメールや電話にすぐに対応してくれる、と周りにも思われてるから。

8.とはいえ、自分が主導権を握れるのは悪くない

自分のしたいように洗濯できたり、旅行のときも自分好みのホテルを予約したり…ちょっとしたことを思い通りにできるのは、けっこう快感。

9.実は…自分だけの開かずの扉がある

使わないガラクタが山積みだったり…そこの一角だけはカオスなんだけど、これは誰にも秘密!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
元彼と復縁するなら?ヨリを戻す前に確認すべき5項目
恋愛
シェア
専門家が指南!元彼とヨリを戻す前に確認したいこと5つ
再び同じ結末を辿らないために…。
深い関係を避けたがる「コミットメント恐怖症男子」の特徴16
恋愛
シェア
真剣交際を避けたがる「コミットメント恐怖症」の特徴16
約束事がなかなか決まらない…という彼は要注意!
元カノが新たな上司!?別れを告げず姿を消した男の末路
恋愛
シェア
捨てた元カノが新上司に!?ある男性の投稿が話題
ケジメはしっかりつけましょう
男性陣が振り返る「これまで最も頑張ったデートプラン」9
恋愛
シェア
男性陣が振り返る「これまで最も頑張ったデートプラン」9
実は男性の方がロマンチックだったりして…
恋活英会話
恋愛
シェア
え、そうなの!? 実は使えない「和製英語」を解説!
それ、英語風の日本語ですよ!
ボディランゲージで見分ける!彼があなたに夢中なサイン21
恋愛
シェア
彼のココに注目!好きな女子にだけ男が見せる仕草21
彼がこんな仕草をしていたら脈ありかも♡
落ち着かない彼氏を疑う様に見ている彼女
恋愛
シェア
浮気疑惑が浮上した婚約者と、このまま関係を続けるべき?
彼の人間性を冷静にジャッジして。
不毛なケンカを減らそう!夫婦が避けるべき「10のセリフ」
恋愛
シェア
専門家が指摘!夫婦がやめるべき「不毛なケンカ」10
専門家が、些細な夫婦ゲンカの根本的な原因と解決策を伝授!
専門家がアドバイス!失恋後にやってはいけない9のこと
恋愛
シェア
専門家がアドバイス!失恋後にやってはいけない9のこと
自分に追い討ちをかけないために…
彼女に隠れてメールをチェックしている男性/テーブル席で悪い雰囲気のカップル
恋愛
シェア
元妻から彼に定期的にメールが…不安を解消するには?
連絡をゼロにするのは難しいかもしれないけれど…