結婚生活が長続きするカップルの特徴6

夫婦の絆を強めるものは?6人の妻が教えます。

人気の記事

「結婚はゴールではなくスタート」という言葉どおり、誰もがうまくいくわけではないのが現実。では、結婚生活が長続きする夫婦が実践していることって?

コスモポリタン アメリカ版より、「長続きする結婚の6つのサイン」をお届け。 

1.「何かおもしろいことが起きると、いつも一番に夫にメールしたくなる」(コロラド州ハイランズ・ランチ在住/エリン・Wさん)

心理療法士で『Building a Love That Lasts(長続きする愛を築く/原題)』の著者でもあるチャールズ・シュミッツ&エリザベス・シュミッツ夫妻は、夫や妻を、噂話や笑い話をする相手として考えるのは大切なことだと言います。「仲のいいカップルは、パートナーを親友として捉えていることが多いですね」とチャールズ氏。「内輪ネタやたわいない話をするだけでも、絆が深まります。その日にあったおもしろい出来事を共有するのがポイント。同僚が、共用の冷蔵庫からダイエットコーラを盗まれたと言って大騒ぎした、というような些細なことでいいんです」。

ADの後に記事が続きます

2.「夫と私は家事をいつも半々に分担しているわけじゃないけど、自分たちは同じチームだと思ってる」(ワシントン州フェデラルウェイ在住/アマンダ・Kさん)

人間関係の専門家で、『The Problem with Women… Is Men(女性を悩ませるのは"男"/原題)』の著者、チャールズ・J・オーランド氏によると、「よいカップルでいるために、すべてを半分に分ける必要はありません。キッチリしすぎては相手を怒らせてしまいます」とのこと。家事を分担するのは必要なことですが、オムツ交換やお鍋を洗った回数をカウントする、なんて厳しすぎ。「精神的にキツいと感じているときに、正直に話せる関係でいること。ゴミ出しを1回忘れたからといって責め立てないこと。それが2人の絆を強くするのです」。

3.「夫には今でも驚かされるの。パーティーで突然立ち上がって、ラブソングを歌い始めたりして。歌がうまいなんて全然知らなかったわ」(カリフォルニア州カラバサス在住/オーレア・Bさん)

「重大なことを長い間秘密にするのはもちろん御法度ですが、こっそりステップダンスのレッスンを受けて、あなたのいとこの結婚式で披露したり、夏休みのプランを内緒にしておいたり、そういうことなら絆はぐんと深まります」と言うのは『Marriage, for Equals(平等な結婚/原題)』の著者、シャウナ・スプリンガー博士。「知りすぎるのはロマンスの敵。お互いに、ある程度自由に成長していくことが大切」だそう。

4.「夫は私の母以上に、私を怒らせる。でも怒るのが一番の対処法なのよ」(カナダ オンタリオ州トロント在住/ベッカ・Nさん)

健全なカップルは、どうしたら相手が怒るかを心得ているとか。怒っても議論することができれば、すべてを内に留めて悶々としているより、はるかに良いそう。2011年の研究結果によると、最初は全く衝突しなかったのに、5年経って文句を言い合うようになったカップルより、何年も一定レベルの対立を経験しているカップルの方が、関係は強固とのこと。人間関係の専門家で、『Don't Bet on the Prince(王子様に期待しないで/原題)』の著者であるギルダ・カール博士はその理由を、怒りが増幅しないからだと分析しています。「怒りはいたって健康的な感情です。早めに謝って後腐れないのであれば、怒っても問題ありません」。

5.「夫と私は、苦しい時期をずっと一緒に乗り越えてきたの」(ニュー・ジャージー州サミット在住/アミーナ・Pさん)

結婚生活は簡単ではないけれど、ウェディングベールとケーキを思い出しながら、結婚の誓いを立てた日を振り返るのは簡単。ずっと厄介なことを一緒に乗り越えてきたなら、これから先もどんなことにも対処できるということ。2011年の研究結果では、「死が2人を分かつまで」結婚生活が続くと信じているカップルは、その考えに疑念を抱くカップルより、長く続くことが判明したそう。道は険しくても、最後までやり遂げると心の底から誓い合うことが大切なんですね。

6.「夫と一緒にいて、退屈したことがないの。土曜日に庭仕事をしているときでもね」(ニュー・ジャージー州シコーカス在住/クリッシィ・Jさん)

新しいことやいつもと違うことを一緒にするカップルは、それが畑仕事のような単純なものだとしても、同じ決まったことしかしないカップルより幸福感が高い、という調査結果が出ているそう。「つきあい始めの頃は、新しい場所に行って、相手がどう感じているのか不安に思うもの。それがドキドキ感につながっていたんです」と言うのは、精神科医で『Surviving Infidelity(浮気を乗り越える/原題)』の著者、スコット・ハルツマン氏。「ところが時が経つと、互いに対してリラックスしすぎて無関心になる」のだとか。バンジージャンプにトライする必要はないけれど、車の中で歌うとかエクササイズとしてダンスをするとか、とにかく楽しいことを続けるのが、相手に「無関心」になるのを防ぐ方法だそうです。

※この翻訳は、抄訳です。

TranslationYuko Oguma

COSMOPOLITAN US 

コメントする

Read Next:
女子10人に聞いた!彼を「運命の人じゃない」と思った瞬間
恋愛
シェア
女子10人に聞いた!彼を「運命の人じゃない」と思った瞬間
「『歌手になりたいから、サポートしてほしい』と言われたとき」…w
車を見れば分かる?「彼には要注意」のサイン8
恋愛
シェア
車を見れば分かる?「彼には要注意」のサイン8
悪趣味、不潔、浮気性…車には彼の隠れた性質が表れているかも!?
7人が告白!「2人の愛が終わった」と悟った瞬間
恋愛
シェア
7人が語る「パートナーとの愛が終わった」と気づいた瞬間
愛の終わりは、ときに残酷…
離婚してしまったセレブカップル アンジーとブラピ
恋愛
シェア
アメリカでもっとも「離婚」が多いシーズンは?
「家族のイベント」が離婚の原因に…?
同じベッドで眠れずにいるカップル
恋愛
シェア
パートナーと一緒にベッドに寝るのが「よくない」理由
いつまでも一緒にいたいからこそ、一緒に寝ない!?
恋愛
シェア
彼の頭の中が「あなたでいっぱい!」なサイン10
デート前に知っておきたい♡
世界各国からコメントをお届け
恋愛
シェア
国によってこんなに違う!世界9カ国の恋愛事情
意外にもみんな淡白!?
もらって困るプレゼント
恋愛
シェア
なんでコレ…?彼から貰って困るプレゼント10選
貰ってもどうしていいか分からないんですけど…。
一体、なぜ?私との交際をオープンにしない彼
恋愛
シェア
私との交際を周りに公表しない彼…これって怪しい?
人気男性ライターが、女子の悩みに真剣回答!
「運命の人」を探すため、仕事を辞めて世界旅行へ!【体験談】
恋愛
シェア
仕事を辞めて世界旅行へ!目的は「運命の人探し」!?
1度切りの人生、たまには思い切ってみるのもいいかも?