性愛のカタチは色々。人気女装家が語る「ポリアモリー」

ブルボンヌが綴る、ゲイの世界でも昔から存在していた「多重的恋愛」って?

人気の記事

はーい、2017年1発目のコスモポリタン人気女装エッセイだよー。自分でアピるの大事。大晦日は「新宿2丁目女装紅白歌合戦」で紅組キャプテンをやってたんですけどね(紅も白も全員女装)、ギャラ2倍を賭けた勝負で紅組が負けちゃったもんだから、銭ゲバ女装たちが荒れまくって大変な年納めだったの。でも明けて女装升酒を振る舞ってたら、よく見りゃ場内にケイティ・ペリーさんとオーランド・ブルームさんがいるじゃないの! 世界のセレブ・カップルが何を血迷って新宿2丁目の女装紅白会場で2017年を迎えてしまったのか、よく分かりませんけど、獅子舞以上にお目出度い気分にはなれたわ!

ADの後に記事が続きます

さて、編集ガールから、今回はポリアモリーなどの新しい恋愛観について語ってほしいと言われ、こっそり「ポリアモリー」をググったババアです。ヤバい、知ったかで記事書くのかアタシ…と焦ったら、あ、なんだコレか! コレなら知ってるよ。

ポリアモリー

関係者全員の合意に基づき、多重的な性愛関係やロマンチックな関係を営むライフスタイル、また、その関係性のことである。出典:Wikipedia

「ポリガミー」(複婚)っていう言葉でも語られてきた関係ね。「オープンリレーションシップ」ともかぶるわ。

これ、書き方間違えると怖いテーマなのよ。主婦層の怒りを買うの。ま、コスモポリタン読者は主婦少なそうだし、いっか!(ユルい)

そうよ、ちょうど1年前、2016年はベッキーの不倫騒動で幕を明けたんじゃない。去年はその勢いで1年じゅう不倫スキャンダルの嵐。もうこれでもかってくらい不倫ネタがほじくり返されたせいで、2017年は袴田くんと元グラドル女性のアパホテル愛用不倫という、ものすごく微妙なネタで幕を開けちゃったじゃないの。ちなみに袴田くんは、売り専ホスト(男娼)役で映画デビューしたのよ~(トリビアばばあ)。

でもそもそも不倫が叩かれるのって「裏切り」行為だからよね。最初から「あなただけじゃないけど、付き合おう」って関係者一同が理解してる状態なら、裏切りにはならないわけ。そして一般的にはまだまだ男の浮気と耐える女の構図が優勢だろうけど、実は女側の浮気も意外なほど多いみたいよ。バラつきがあるけど、女性向けサイトのアンケートで「7割以上の女性が浮気・不倫経験あり」って結果も。女も男もお互いを縛りつつ、裏ではけっこうな割合で浮気をしてるんだとしたら、そういう人同士で、嘘いつわりなく、いろんな人と楽しむ形もありえるのではってことよね。

あのね、このテーマが来ちゃったから言うけど、アタシもまさしくポリアモリーで生きてるオカマなんですよ。この春で同居27年目に突入する、おばさんみたいなおじさんがいながら、その間に何人ものオトコとネンゴロになってきましたもの。まあ同居人とセックスがあったのは最初の1年くらいなので、四半世紀はチューもしていない関係ですけど、今でも猫を挟んで一つのベッドで寝てる仲良し家族でもあり。8年くらい前に知り合って、今一緒に仕事をしてるホモ社長も、最初の2~3年はヤリヤリでしたが、社長のほうにも10年以上の彼氏がいて、今となってはどの組み合わせにもセックスはない4人でご飯を食べたり旅行に行ったりも。

こんなこと言うとゲイはみんな浮気しまくりのスキモノだと思われちゃいそうだけど、これはアタシ個人の例で、一途なゲイもいっぱいいます。でも、「法的な契約がない」「子供のできない」「男性的な生理同士」のゲイだからこそ、成立しやすい関係だったとも言えるかも。社会的な契約してるわけじゃないから違反にはならないし、子供に辛い思いをさせる心配もないし、いろいろヤリたい気持ちもその軽さも分かりやすいオトコ性同士だし、ってね。

実はさっきの4人の関係を、以前、なんとEテレの番組で語らせていただいたことがあったのよ。その時はポリアモリーなんてシャレた単語じゃなく、「元彼家族」ってフリップまで出しちゃってね。なんとかこの、地方のお茶の間にドン引きされかねない関係をうまく言えないかと思って、「アタシたち、下の血縁を拡げて家族が作れないんだから、横に拡げた擬似家族を作らせとくれよ!」みたいなことも言った気がする。

スキモノオカマが堂々とかましてきた結果、はからずも時代の最先端なラブ関係を築いていたことになるのかしら。そう、「アタシの恋は、ポリアモリー」(コスメCMキャッチコピー風にポーズきめるアタシ)。

ADの後に記事が続きます

笑える会話も、ロマンティクなデートも、激しいセックスも、温かい生活も、全部満点のオールマイティな相手を探して「ここがダメ、あれが足りない」って結局オンリーワンも見つからないなら、それぞれが得意な人とそれぞれの分野を楽しませてもらっても、いいかな~? ってか。

問題はどれだけその自由さやユルさを、一般の男女間含めた「世間様」が受け入れられるものか、よねぇ。原始的か文化人的か、古今東西、両極の世界ではずっと存在する関係だと思うけど、本当の意味で「全てオープンで、みんなが納得して楽しめ継続する」関係なんてそうそうないのも事実なの。セックスのない友達関係ですら悪口言ったり絶交したりするんだから当然よね。そんなトラブルの苦情を言われても困るから、「ポリアモリーおすすめだよ」なんてアタシが小娘ちゃんたちに勧めることは絶対にしないわ! 傷ついたり、罵倒されるリスクだって多い、割と難易度の高いコースだもの。

ただ、「性愛の形はいろいろ」だって意味では、他人のポリアモリー的な関係を嫌悪し過ぎることは、同性愛が「対象となる性別の矛先が少数派」ってだけで、理解されずに迫害を受けたりするのと似たようなものだと思うの。

ま、心配しなくても、これからも世界の主流は一夫一婦制だろうし、一途に恋愛してようが、ポリアモリー楽しんでようが、それぞれに波あり谷ありなのも間違いないわよ。自分が選んだ人生プランだもの、別コースの人の悪口言ってるヒマがあったら、自分の旅を全力で楽しめって話よね~。一途ちゃんも、移り気ちゃんも、HAVE A NICE FLIGHT!

関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
More from Cosmopolitan Japan:
研究で分かった!別れ話の前に使うべき「一言」
恋愛
シェア
研究で分かった!別れ話の前に使うべき「一言」って?
相手のダメージを、少しでも減らすために…
元彼と復縁するなら?ヨリを戻す前に確認すべき5項目
恋愛
シェア
専門家が指南!元彼とヨリを戻す前に確認したいこと5つ
再び同じ結末を辿らないために…。
深い関係を避けたがる「コミットメント恐怖症男子」の特徴16
恋愛
シェア
真剣交際を避けたがる「コミットメント恐怖症」の特徴16
約束事がなかなか決まらない…という彼は要注意!
元カノが新たな上司!?別れを告げず姿を消した男の末路
恋愛
シェア
捨てた元カノが新上司に!?ある男性の投稿が話題
ケジメはしっかりつけましょう
男性陣が振り返る「これまで最も頑張ったデートプラン」9
恋愛
シェア
男性陣が振り返る「これまで最も頑張ったデートプラン」9
実は男性の方がロマンチックだったりして…
恋活英会話
恋愛
シェア
え、そうなの!? 実は使えない「和製英語」を解説!
それ、英語風の日本語ですよ!
ボディランゲージで見分ける!彼があなたに夢中なサイン21
恋愛
シェア
彼のココに注目!好きな女子にだけ男が見せる仕草21
彼がこんな仕草をしていたら脈ありかも♡
恋が上手くいかないのはなぜ?プロが教える6つの要因
恋愛
シェア
プロが回答!あなたの恋愛が上手くいかない6つの要因
なぜかいつも恋が上手くいかない理由は、もしかしてこれかも…?
落ち着かない彼氏を疑う様に見ている彼女
恋愛
シェア
浮気疑惑が浮上した婚約者と、このまま関係を続けるべき?
彼の人間性を冷静にジャッジして。
不毛なケンカを減らそう!夫婦が避けるべき「10のセリフ」
恋愛
シェア
専門家が指摘!夫婦がやめるべき「不毛なケンカ」10
専門家が、些細な夫婦ゲンカの根本的な原因と解決策を伝授!