なぜ!?アメリカで離婚件数が急増するのは「8月」

「家族のイベント」が離婚の原因に…?

人気の記事

2人が別れを決意するのには「季節」も影響しているかもしれない、という記事をコスモポリタン アメリカ版から。

ワシントン大学の研究者たちによると、実は「離婚」が急増するのは8月なんだそう。社会学の准教授であるジュリー・ブラインズと研究者のブライアン・セラフィニは、2001年から2015年までの間、8月と3月に離婚件数が大幅に増加したことを発見。2人は「家族のイベント」が離婚の原因ではないかと分析している。

ADの後に記事が続きます

ブラインズとセラフィニはこの研究結果を第111回アメリカ社会学会で発表。もともと2人はワシントン州における不景気の影響について研究していたものの、離婚件数に一定のパターンがあることに着目し、冬と夏という主要な長期休暇の後に離婚を申請する夫婦が多いことを指摘した。その背景として、家族が集まって過ごす休暇期間は離婚をするのにふさわしくないと彼らが考えているからではないか、とブラインズは分析している。

過去にがっかりした休暇の経験があるにもかかわらず、人は休暇に高い期待を抱きがちです。『新しいことを始められるかも?』『日常とは違う特別な何かが起るかも』『新しい自分に生まれ変われる!?』といった、ポジティブな気持ちになれる時期でもあるのです

ところが休暇を楽しめなかった場合、期待が一転「ストレス」となってしまい、夫婦が離婚の決断をする後押しをしてしまうのではないか?という仮説を研究者たちは立てている。3月は出費が多い休暇を経て家計を見直す時期であり、8月9月は子どもたちの新学期が始まる前に不愉快なことは済ませてしまおうと思う時期であるため、決意しやすいのかもしれない。

これらの結果を踏まえ、ブラインズとセラフィニはオハイオ、ミネソタ、フロリダ、アリゾナ州における離婚件数のパターンにも注目。すると、同じような傾向が見受けられたという。

この結果はあくまでもアメリカ国内で実施された調査結果であり、アメリカの新学期が9月スタートであることも影響しているはず。とはいえ、お正月やお盆をどちらの義理の家族と過ごすかで揉めたり、休暇期間に久しぶりに会った義理の家族との間でトラブルがあったりすることは日本でもよくあること。でも、ストレスが高まる時期だからこそ、お互いを普段よりも思いやるように心がければ、離婚という最悪の事態は避けられるかも。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
研究で分かった!別れ話の前に使うべき「一言」
恋愛
シェア
研究で分かった!別れ話の前に使うべき「一言」って?
相手のダメージを、少しでも減らすために…
元彼と復縁するなら?ヨリを戻す前に確認すべき5項目
恋愛
シェア
専門家が指南!元彼とヨリを戻す前に確認したいこと5つ
再び同じ結末を辿らないために…。
深い関係を避けたがる「コミットメント恐怖症男子」の特徴16
恋愛
シェア
真剣交際を避けたがる「コミットメント恐怖症」の特徴16
約束事がなかなか決まらない…という彼は要注意!
元カノが新たな上司!?別れを告げず姿を消した男の末路
恋愛
シェア
捨てた元カノが新上司に!?ある男性の投稿が話題
ケジメはしっかりつけましょう
男性陣が振り返る「これまで最も頑張ったデートプラン」9
恋愛
シェア
男性陣が振り返る「これまで最も頑張ったデートプラン」9
実は男性の方がロマンチックだったりして…
恋活英会話
恋愛
シェア
え、そうなの!? 実は使えない「和製英語」を解説!
それ、英語風の日本語ですよ!
ボディランゲージで見分ける!彼があなたに夢中なサイン21
恋愛
シェア
彼のココに注目!好きな女子にだけ男が見せる仕草21
彼がこんな仕草をしていたら脈ありかも♡
恋が上手くいかないのはなぜ?プロが教える6つの要因
恋愛
シェア
プロが回答!あなたの恋愛が上手くいかない6つの要因
なぜかいつも恋が上手くいかない理由は、もしかしてこれかも…?
落ち着かない彼氏を疑う様に見ている彼女
恋愛
シェア
浮気疑惑が浮上した婚約者と、このまま関係を続けるべき?
彼の人間性を冷静にジャッジして。
不毛なケンカを減らそう!夫婦が避けるべき「10のセリフ」
恋愛
シェア
専門家が指摘!夫婦がやめるべき「不毛なケンカ」10
専門家が、些細な夫婦ゲンカの根本的な原因と解決策を伝授!