元彼への「SNSストーキング」をやめたほうがいい理由

新しい恋に踏み出すために…

人気の記事

「元彼のSNSを見るのがどうして悪いの? 別に何かするわけじゃないし」。もしあなたがそう思っているとしたら、注意が必要かも。実はある研究によって、その行為が失恋の痛手から回復するための深刻な妨げになっていることがわかったんだそう。元彼へのSNSストーキングをやめたほうがいい、その理由をコスモポリタン フィリピン版から!

新しい関係を始めることに不安があるときほど、元彼(女)をストーキングし、かえって落ち込むことになる。

ADの後に記事が続きます

ハワイ大学とオハイオ州立大学による2015年の共同研究では、過去1年間に失恋を経験した人で、相手も自分もFacebookのアカウントを持っていた431人の学生を調査。

調査執筆者のジェシー・フォックスさんとロバート・トクナガさんによると、つきあっている間も、いつも自分が相手にどう思われているか心配し、相手に気持ちを確認していた人ほど、関係が危うくなったとき(別れた場合はもっと)心の傷を受けやすいのだとか。この傷によって、別れた後もFacebookで元彼をモニタリングする傾向が強まり、自分がいなくなった後の彼らの生活を見て、心がズタズタになるのだそう。

もし、これが自分のことみたいだと思ったら、持てる意志を総動員して、悪循環をスッパリと絶つべき。

別れた相手のSNSを見れば見るほど、良かった時ばかりが思い出され、前に進めなくなる。

SNSサイトは、過去の投稿やお互いのやりとり、写真などをシェアしているので、つきあっていた人たちにとっては、バーチャルなスクラップブックのようなものになりえます」とフォックスさんとトクナガさん。「自分自身のSNSを見ることも、失恋についての熟考や反芻を促す可能性があり、特に関係に固執する人々にとっては、精神的苦痛を長引かせる要因となりえるのです」。

覚えておきたいのは、"過去の写真は過去のもの"だということ。

元彼が新しい彼女を作ったのを見て、その彼女をストーキングしたくなるかもしれないけれど、それは絶対にダメ。

フォックスさんとトクナガさんは元彼の新しい彼女を発見した人が、その彼女をストーキングする可能性についても言及。それは結局、わずかな情報から自分と彼女を比べる行為に行き着くのだそう。「彼女は私よりかわいい? 私よりセックスが上手? 彼女は私より一体何がいいっていうの!?」これでは、あなたの自尊心が傷つくだけ。

まだ関係が続いている場合でも、Facebookで情報を断片的に見ることにより、嫉妬を引き起こすことも。別れた後なら、なおさら…?

ADの後に記事が続きます

2009年に行われたある研究では、カナダのゲルフ大学の研究者が308人の大学生を調査し、「Facebookの使用増加は、Facebookをきっかけとした嫉妬が増えることを大いに予測させる」と指摘。さらに、「フィードバックの応酬により、Facebookにはパートナーに関する曖昧な情報が残りますが、これはそもそもFacebookがなければ見ることのできなかったものです。見てしまったことによって、さらにFacebookの使用に拍車がかかります」とのこと。

つまり、彼のFacebook上の女友達と彼の関係をいちいち憶測すればするほど、あなたは嫉妬に苦しみ、ストーキングし続け、また嫉妬し、という悪循環に。

元彼をストーキングすればするほど、彼とよりを戻したくなり、連絡をとりたくなるもの。でも、それは失恋の痛手から回復するどころか、真逆に突き進むことに…。

2012年に行われたイギリスのブルネル大学の研究では、SNSユーザーである相手との破局を経験したことがある、464人のFacebookユーザーを調査。

研究著者であるタラ・マーシャルさんが学術情報サイト<The Conversation>に語ったところによると、「このようなFacebookストーキングは、別れた相手との失恋を乗り越えるための自然なプロセスを、阻害する可能性があることがわかりました。より具体的に言いますと、Facebookを通じての別れた相手への監視は、別れた相手への執着、否定的な感情や性的な欲求、精神的な成長の停滞など、失恋に関するより大きな苦痛と関わっています」。

そして、こうした感情を持ち始めると、再び元彼(女)とコンタクトを取り始めるまで、時間はあまりかからないのだとか。マーシャルさんは2011年に行った大学生のネットストーキングについての研究を挙げて、「Facebookで元彼(女)をストーキングをする人々が、ストーキングをしない人々に比べて、別れた相手に復縁を迫る割合は6倍で、後をつけたり、連絡をしたり、手紙を送ったり、プレゼントを置いていったりします」とコメント。

マーシャルさんはさらにこう説明。「これは別れた相手にとっては、緩やかな脅迫ととられかねません。(元恋人の行動によって)不安になったり、落ち込んだりさせられるわけですから」。

まとめると、SNSストーキングはお互いの傷を深めてしまう可能性が高いということ。

あなたにはきっと、もっと素敵な出会いが待っているはず。元彼をSNSで追うのは、今日で終わりにしませんか?

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN PH

More from Cosmopolitan Japan:
ティガラ
GIF
恋愛
シェア
実体験からお届け!世界の恋愛事情〜フランス編〜
やっぱりロマンティック♡ フランス人男子との恋愛って?
どんなときも女性らしくがキーワード!ミランダ・カーが結婚生活で意識していることって?
恋愛
シェア
ミランダがアンサー!円満な結婚生活を続けるコツ♡
新婚ほやほやのミランダ・カーが夫婦生活を赤裸々に告白♡
パートナーと収入に格差が…どうお金を出し合う?
恋愛
シェア
パートナーとの「収入差」が大きいときの7つの心得
どっちがどれだけ負担するか、話し合うためのヒント
20歳と25歳、女が男に求めるものはどう変わる?
恋愛
シェア
20歳と25歳、女が男に求めるものはどう変わる?
成長するにしたがって男性の理想も変わる?
「運命の相手」が見つからない、5つの理由と対策法
恋愛
シェア
恋愛コーチ直伝!運命の相手が見つからない理由とは?
あなた自身を見つめ直すきっかけに。
恋愛
シェア
シーン別♡外国人の彼を「褒める」ときに使う英会話
国際カップルが上手くいく秘訣のひとつは「褒め合うこと」…?
US版コスモポリタン男性コラムニスト「ローガンの悩み相談」/口論する同棲中のカップル
恋愛
シェア
同棲を始めた彼から「結婚はしたくない」と言われたら?
開始後4カ月で、彼の気が変わってしまった…
肉体関係より厄介な「プラトニックな浮気」が最悪な理由/他の女性に目を奪われる彼氏に怒っている彼女
恋愛
シェア
「プラトニックな浮気」が厄介&最悪な7つの理由
「浮気」の線引きが微妙だし…
リハビリ中の夫が妻にキス…悲劇で強まった夫婦の絆に感動
恋愛
シェア
意識不明から目覚めて…夫婦の「数カ月ぶりのキス」が泣ける
病める時も、健やかなる時も、愛し合うということ。
恋愛
シェア
セレーナ・ゴメス&ザ・ウィークエンドののデートをのぞき見♡
ニューヨーク、アルゼンチン、イタリア…世界のあちこちで2人は愛を育んでいるみたい♡