ショック…!夫は20年前に自分と「離婚していた」!?

奥さん気の毒すぎる…

人気の記事

コスモポリタン アメリカ版に衝撃のニュースが…。

59歳のクリスティーナ・カータ・ヴィラは、税金の徴収票を見て動揺を抑えきれなかった。その書類に、夫の法的な配偶者として自分の名前が書かれていなかったからだ

クリスティーナが31歳年上の夫ガブリエル・ヴィラと結婚したのは20年以上も前。2人の間には息子が1人いて、世界中を旅して周り、ごく普通の夫婦のように暮らしてきたはず…唯一、夫が結婚した数カ月後に、妻に無断で密かに離婚手続きをしていたことを除いては。

すべての元凶は「お金」だった。裁判所が調べたところによると、ガブリエルは20年前に結婚した後、密かに弁護士を雇いクリスティーナの代理人を装わせ、自分達が住んでいる場所とは離れたドミニカ共和国で離婚の手続きを進めたという。すべては自分の財産を年下の妻から守るため。

何も知らないクリスティーナは、20年間自分をガブリエルの法的な配偶者だと信じて、彼の健康管理やアシスタントのような役目を務めてきた。が、実は彼らはとうの昔に離婚していたのだ。しかも現在、ガブリエルは前妻との間にもうけた娘に自分たちの家を売り渡そうとしているという。

クリスティーナは、離婚の事実を受け入れて身を引く気は毛頭なく、このように当事者の了解もなく本人も法廷に顔を出さないような離婚は違法だ、と主張しているとのこと。

実はこうしたケースは他にもあるらしい2014年にも、ニューヨーク在住の男性が、離婚専門弁護士である元妻を訴えている。「自分に断りなく婚姻後の財産取り決めの書類を提出した後、密かに離婚を進めていた」という起訴内容だった。


Facebookで発覚!夫にはもうひとつの家庭が…
関連記事


夫の不貞に激怒!局部を2度切り落とした仰天妻
関連記事

※この翻訳は抄訳です

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
恋愛
シェア
英語でもバッチリ!外国人男性からデートに誘われらどう断る?
仕事&プライベートで使える「デートのお誘い」お断り英語フレーズ
恋愛
シェア
栗原ジャスティーンが実践♡彼と仲良くするための4つの方法
「付き合うっていうのは、コミュニケーションの積み重ね。そして香りも大切に♡」
「食べるの大好き!」カップルが共感するSNS投稿11
恋愛
シェア
わかるw「食べるの大好き」カップルにありがちな11のこと
美味しいものさえあれば、大体のことはうまくいく!?
大人の恋の悩みに…女性恋愛コーチがズバっとアドバイス!
恋愛
シェア
清々しい!女性恋愛コーチの「恋のお悩み」一刀両断
「白馬の王子様があなたを探しに来てくれるというのは現実にはあり得ません!」
恋愛
シェア
国際結婚の先輩に聞いた「グローバル婚活」成功の鍵って?
辛口だけど愛あるグローバル婚活アドバイス!
恋愛
シェア
取引先にタイプの外国人男性が!ってときのための英会話術
クライアントとの打合せで超タイプの彼を発見! どうやって彼とお近づきに…?
恋愛
シェア
国際恋愛につきまとう「遠距離の壁」、どう乗り越える?
遠距離でも彼を繋ぎとめておきたい…なんて、ちっさい心配をしてる女子を女装家ブルボンヌがブッタ斬り!
恋愛
シェア
キュートな年下オランダ人とのリアルセックスエピソード
長さ20cm超え!?気持ちよすぎたセックス体験談をお届け。
恋愛
シェア
「会社で気になる外国人の彼に出会った時」に使える英会話術♡
通りすがりの彼に一目惚れ、社内のカフェでイケメン発見!そんな時に使える出会いの英語フレーズ♡
それ、赤信号かも?関係が長続きしない12のサイン
恋愛
シェア
当てはまったら要注意…?彼との関係が続かない12の兆候
お互いを「変えよう」としてない?