悲しすぎる…31歳のイギリス人美女が自殺したワケ

忘れないで、あなたは1人じゃない。

人気の記事

人生を生きていると、何もかもが嫌になる瞬間も訪れるかもしれない。でも、そんなときこそ、1度立ち止まって周りを見渡してみてほしい。

今回お届けするのはコスモポリタン イギリス版で紹介された、ある女性の悲しいニュース。

「私は一生結婚できないのかしら…」。仲のいい友だちが次々に恋人を見つけ、結婚し、新しい人生の一歩を踏み出していくのを横目に、31歳のダニエル・ソウルの悩みは、心の奥でどんどん深くなっていった。

ダニエルは5年ほど前に別れた元彼のことが未だに忘れられずにいた。その彼への一途な想いが、彼女にとっては命取りになってしまった可能性がある。

2015年6月の夜、友だちと夜遊びをしていたダニエルは街で偶然ばったり元彼に遭遇。片時も彼を忘れたことがなかったダニエルの胸はときめいた。彼とよりを戻せるかもしれない…一縷の望みをかけて、ダニエルは彼を他の友だちと一緒に自宅へ誘った。

が、そんな彼女のささやかな望みはすぐに打ち砕かれてしまった。パーティーの後一夜明けて、彼は帰っていった。復縁の望みは叶わず、彼女は傷心のまま取り残されてしまった。

数日後、ダニエルと連絡が取れないことに不安を感じた友人が彼女の自宅を訪れ、そこで首を吊って死んでいるダニエルを発見。

この件を担当した検死官の証言によると、ダニエルは恋愛関係の悩みだけでなく、仕事上のストレスも抱えていたらしい。

「ダニエルの家族はまだ、ダニエルが死ぬつもりだったなんて信じられずにいるのよ、もしそうだったなら少しは納得できたのかもしれないけど…私はアルコールのせいで、ダニエルが自分のやっていることを理解できなくなってたんじゃないかって思ってるの」

自殺は意図的だったのか、アルコールによる刹那的なものだったのか…いずれにしても、彼女の死は同じ女性にとって、とても悲しい。「やっぱり人は1人では生きていけないの…?」という不安感も芽生えてくる。

だけど、本当に彼女を追い詰めたのは「シングルの自分と、恋人やパートナーのいる友人とを比べてしまったこと」だったのではないだろうか。そんなとき、私たちは自分を愛して、側にいてくれる友だちや家族のことを忘れてしまう。本当は、私たちは1人ぼっちなんかではないのだ。

恋人がいようがいまいが、結婚していようがいまいが、人生にはおもしろいことがたくさんある。生きる価値がある。ロマンスだけが人生ではない。

今がどれほどツラくても、生きている限りどんな未来が待ち受けているかなんて、誰にもわからないのだから。

※この翻訳は抄訳です

Translation: 山下 英子

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
恋愛
シェア
【SNAP】ニューヨーカーが「世の女性に物申したいこと」って?
イケメンたちの真っ当な意見に、ぐうの音も出ない…!
恋愛
シェア
毎日違うアプローチを実践!週5で出会ってみたinイタリア
マッチングアプリから逆ナンまで!バラエティ豊かなイタリア人男性たちと週5デート♡
失恋を乗り越えるためのアプリが登場!?
恋愛
シェア
失恋を乗り越えるための「アプリ」があるらしい!
失恋から立ち直るためのパーソナルトレーナー!?
恋愛
シェア
初公開!人気コスモモデルのマタニティフォト
"不器用な自分が、結婚して、ましてや母親になるなんて考えてもみなかった"
恋愛
シェア
【SNAP】パリの素敵カップルに「2人の馴れ初め」を聞いてみた!
「自分の好きなこと」への情熱が、パリのカップルの距離を近づけるきっかけ!?
恋愛
シェア
【SNAP】ベルリンのイケメンに「出会える場所」を聞いてみた♡
ロマンスを愛するパリのイケメンたちが理想とする「出会い方」って?
恋愛
シェア
【SNAP】パリジャンが「春の出会い」を求めて行く場所を調査♡
ロマンスを愛するパリのイケメンたちが理想とする「出会い方」って?
恋愛
シェア
外国人の彼と初「映画デート」で使える英語フレーズ集
あなたなら、どんな映画チョイスする?
恋愛
シェア
【SNAP】ニューヨーカーに聞いた「恋をモノにする秘密の方法」
ニューヨークの美女たちはどうやって意中の相手をオトす…?
プロポーズで膝ついてる男性と喜ぶ女性
恋愛
シェア
プロポーズのとき、男性が「片膝をつく」のはなぜ?
ちょっと胸キュン♡