「彼氏探しをやめれば出会える」って噂はナンセンス!

欲しいものがあれば、欲しいと認めるのが正解

人気の記事

「男なんて、サイテー! 付き合う価値のある男なんてどこにもいない」とあなたが愚痴った時、「彼氏探しを、やめた途端に出会いがあるもの」なんて言う女友だちはいませんか? そんなセリフを鵜呑みにしたら、一生チャンスを逃しちゃうかも! そこで、コスモポリタン アメリカ版の恋愛ライター、レーン・ムーアが出会いの極意について指南してくれます。

"出会いがあったのは、自分が出会おうとしたから"

ADの後に記事が続きます

「女友だちの言い分も多少わかる。鼻息荒く、出会う気満々でいちゃダメ、というアドバイスは、ごく真っ当。でも、『出会いがほしい、彼氏がほしい』という人に彼氏探しをやめろというなんて、バカバカしいにもほどがある。

なぜかというと、『これをやっちゃだめ」と言われるほど、かえってやりたくなるのが人間の性(さが)だから。ダイエット中に『ハンバーガー、アイスクリーム、ピザ、ドーナツは食べちゃダメ』と言われると、余計頭の中が禁止フードでいっぱいにならない? それと同じこと。

自分が自分に対して『彼氏探しをするな』と言い聞かせたところで、それは息を吸うな、食事をするな、自分に似合う服を探すな、というようなもの。それらは皆、自分にとって大切で必要なもの。そもそも、『彼氏探しをするな』という戦略自体、結局根底に『出会いたい』という目的があるんだから、そんな中身の無い戦略を立てること自体がナンセンス。

もちろん、自分にフォーカスし、シングルでも自分を幸せにできる術を知っている人がいればそれはそれでよし。でも、そんなことができたら、この世の中から悩みなんてなくなるはず。

就職に置き換えてみればわかりやすい。いい仕事を探しているとき、あなたに対して『仕事探しをやめてスタバでたむろしていれば、いつかチャンスが降って湧いてくるはず』なんていう人、この世にいる? まともな人なら、就活中であることを周囲にアピールし、そのための時間と努力を費やすのが真っ当なアプローチ。幸せなカップルの多くは、出会おうとして出会った人が多いのが事実。

私自身、素敵な男性とたくさん恋愛してきたけど、出会いがあったのは、自分が出会おうとしたから。恋愛が原因でどん底まで落ち込んでいたときでさえ、出会いのチャンスがあれば、自分から食いついた。だって、私は感情を持った人間だから。

だれでも愛を求めている。それは人間として当然の行為。ロマコメものの映画やドラマを見たがるのも、人間の性。でも、自分のニーズを疎かにし、自分を変えてまで出会いを求めるのはNG。そんなことをしてカップル成立したところで、彼があなたの本性を知ったときに同じように愛してくれるかはわからないから。

傷つくかもしれないけど、胸を張って愛を探し求めて。恥ずかしくても、とびきり素敵な彼氏と一生一緒に過ごしたいって認めて。最悪、一生独身でいることになるかもしれない。でも、あなたの心の底に眠っているロマンスのキューピッドを目覚めさせて。すべての人の心に、そんなキューピッドが眠っているのだから」

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
元彼への「SNSストーキング」をやめたほうがいい理由
恋愛
シェア
次の恋に影響?元彼のSNSを見てはいけないワケ
新しい恋に踏み出すために…
恋愛
シェア
最新情報も!浮気スキャンダルのあったセレブカップル#1
名女優からリアリティスターまで、パートナーの浮気を乗り越えたセレブたちをご紹介!
恋愛
シェア
さすが!フランス人男子の「異性を落とすテクニック」31選
これは女性も使えるかも…!?
恋愛
シェア
【SNAP】NYのカップルに聞く「好きになった理由」
ニューヨークの街角で、オシャレカップルたちに"馴れ初め"を直撃♡
ドキっ!男性のふとした仕草に萌える瞬間17
恋愛
シェア
ドキドキしちゃう!男子のふとした仕草17選
この「不意打ち」はズルイ!
ビヨンセとJayZカップル
恋愛
シェア
調査で判明した「カップルの理想の年の差」はいくつ?
関係が長く続く?
女の子の部屋・ベッドルーム
恋愛
シェア
男子誰もが思う?女子の部屋でみたくないもの11選
寝室にペットのトイレってどうなの?
スマホをいじる女性の手
恋愛
シェア
SNS世代が彼氏と別れたら起こる"あるある"16
「過去のこの日」機能なんていらない!
恋愛
シェア
【12月のテーマ】愛は足りていますか?
今月のテーマはLOVE。今年1年を振り返るきっかけに。
喧嘩、言い合いをしているカップル
恋愛
シェア
言ってない?パートナーをイラつかせる「口癖」
後悔しないように、自分の発言には気をつけて…。