恋愛&結婚迷子のわたしが、婚活イベントに行ってみた:後編

お酒好き×婚活。50人のイベントに行くとどうなる?

もっと読む 出会い
20 articles
【SNAP】NYのイケメンが「出会い」を求めて行く場所って?
【SNAP】NYの素敵カップルに「馴れ初め」を聞いてみた!
【LGBTQ+スナップ】オージーに聞く「出会いを求めにいく場所」

前回の体験に、ちょっと勇気づけられた32歳、未婚のわたし。今月のコスモポリタンは「出会い」をテーマにしているからこそ、"なにもしないでいる"って状況は脱却できた(と思っている)!

初の婚活イベントは「1対1タイプ」だったので、ほかのものにも参加してみようじゃないかと、今回は大人数のパーティに参加してみました。早速調べてみると、なにやら今の婚活イベントは種類が豊富なよう。毎日のように、年齢、職業別、趣味別に…とカテゴライズされるほど幅広いイベントがあるものなんですね! こんなに世の中に結婚したい人がいるなんて、なんで気づかなかった!!

ADの後に記事が続きます

「お酒が好き」という趣味と、お酒が入ると恥ずかしくなくなるかも、という打算的な理由から「日本酒婚活イベント」に参加してみました。

毎月、どこかの都道府県をテーマに開催していて、今回は佐賀県。佐賀から農家男子&東京近郊の男子が婚活しに来るというイベント。目的は出会いに加えて、日本全国の蔵で造られる地酒を通して地域活性化につなげるという狙いもあるのだとか。日本酒の飲み比べと、佐賀からの特産品の軽食が付くというもの。男性は6500円、女性5000円。普通に都内で飲む金額を考えるとお安いもの。だって、出会えるかもしれないし。

初めてのイベントでの"リアル戦闘モード服(赤、カーキ、ミリタリー)"着用の反省を活かし、今回は花柄の淡い色味のトップス着用。

今回はどうなることか…。

【当日の流れ】

▼受付でチケットを引く

1人で突入した私でしたが、2~3人で来ている人も多いよう。ただ、入り口でチケットを引き、テーブルもバラバラになるので、1人でも全然平気! むしろ正解。

▼各テーブルで自己紹介

名前/出身地/好きな日本酒の名札シールがあり、記入し貼って全員が揃うのを待ちます。6~8人が男女半々で立ち飲みのテーブルへ。空のおちょこと水、特産物が並び、地方の物産展的なワクワクがあるのは嬉しい。

全員が揃い、司会の「婚活マスター」がある程度仕切ってくれて、自己紹介スタート。やっぱり、本気でお酒が好きな人が多いよう。佐賀がテーマでしたが、日本全国の日本酒が豊富なお店で、ほんとのお酒好きさんにオススメを教えてもらえるっていうメリットもありました。

▼10分程度で男性がローテーション

テーブルが8つほど用意されていて(全参加者は50人ほど)、男性が司会に促される形で回ってくれます。女性は動かなくてOK! ヒール(いつもはしないオシャレをして来たこと)への優しさを感じる。

今回は、時間の関係で、全テーブルに人が回りきれずと、気になっていた隣のテーブルのメガネさんとは話せなかった…というのが残念ポイント。

▼フリータイム! 気になる人のところへ

ここで、自分のテーブルを離れて、気になる人の元へ行ってOKという流れに。なんとなくかっこいいな~と思いつつも、「すごく話したい!」というところまで熱が上がらず、自分のテーブルにステイ。

これが正直ドキドキする。誰も来なかったら…っていうのが、女ゴコロ。

とはいえ、同じテーブルの女性が楽しい人だったので、そのまま一緒に話しつつ、かろうじてやってきてくれた男性と「特産品の早食い競争しようよ!」など、お酒が入ったならではの遊びを楽しむという…。

▼距離が縮まるクイズ大会

最後にクイズ大会に全員で参加。ちょっとずつシャイな男性たちの緊張がほどけていくことを感じます。こういうときに勝ちたくなる性分は、どうしたものか…笑。

実は来る前に熟読してきた運命の人を見極める「判断力」のテクニックを実践しようと思っていたのに、お酒が入ってすべてが飛ぶという失態。お酒好きでも、弱い人は気をつけましょう!

▼最後に連絡先を交換して、終了!

残念なことに、クイズの途中でやんごとなき事情によりタイムアップとなったわたし。最終的にちょっといいな!と思えた人がいたら、きっと連絡先をお酒の勢いも借りて聞けたはず…。ちなみに最後、カップルに佐賀空港までの航空チケットのプレゼントがあったらしい!


大人数のパーティに参加してみて感じたのは、「積極性が、何よりも大事!」ということ。

途中、守りに入ってメガネさんに話かけられなかったことは、今回一番の反省点。こういうときに一歩踏み出す自信が「今の自分にはない」ということを実感してしまいました。

ただ、こういうテーマのイベントって、婚活が苦手だったり、婚活してます!ってものより「日本酒が好きだから」という"自分への言い訳"ができるのは、男女ともに足を運びやすいかも。お酒だけじゃなく、共通の趣味が最初から同じと分かって出会える人だったら、その後のお付き合いもスムーズに行きそうですし。

「仕事だから…」と出不精な自分に言い聞かせ、2回の"婚活"体験してみて案外良かったと思ったのは、なんにもしないでいるよりも、「次はこうしよう!」と自分を振り返られること。誰が決めてくれるわけじゃない結婚。ちょっとずつだけど、進んでいきたいものです!

婚活イベント
関連記事
More from Cosmopolitan Japan:
恋愛
シェア
【SNAP】シドニーの素敵カップルに「馴れ初め」を聞いてみた!
オージー流、運命の人との出会い方を学んじゃおう♡
恋愛
シェア
【SNAP】LAの素敵カップルに「馴れ初め」を聞いてみた!
爽やかなLAカップルたちは出会い方もカリフォルニア流♡
世界のイケメンスナップ〜出会いたい時どこにいく?〜#LA編
恋愛
シェア
【SNAP】LAのイケメンが「春の出会い」を求めて行く場所を調査♡
陽気でアクティブなカリフォルニアボーイズたちが理想とする「出会い方」って?
恋愛
シェア
【SNAP】ベルリンに住む素敵カップルたちの「馴れ初め」って?
「自分の好きなこと」への情熱が、ベルリンのカップルの距離を近づけるきっかけ!?
恋愛
シェア
【SNAP】ニューヨーカーが「世の女性に物申したいこと」って?
イケメンたちの真っ当な意見に、ぐうの音も出ない…!
恋愛
シェア
毎日違うアプローチを実践!週5で出会ってみたinイタリア
マッチングアプリから逆ナンまで!バラエティ豊かなイタリア人男性たちと週5デート♡
恋愛
シェア
【SNAP】パリの素敵カップルに「2人の馴れ初め」を聞いてみた!
「自分の好きなこと」への情熱が、パリのカップルの距離を近づけるきっかけ!?
デート
シェア
出会いたければ毎日だって出会える
出会いたいなら声をかけちゃえば?
恋愛
シェア
【SNAP】ベルリンのイケメンに「出会える場所」を聞いてみた♡
ロマンスを愛するパリのイケメンたちが理想とする「出会い方」って?
オースティン・マホーン インタビュー
海外セレブ
シェア
6度目の来日!オースティン・マホーンに聞く「出会い」
テイラー・スウィフトと出会ったのは、ナッシュビルのカフェの一角だった!?