カップルのケンカがもたらす、体への悪影響って?

​ やっぱり「体は正直」?

人気の記事

コスモポリタン アメリカ版によると、カップルのケンカの仕方には、その2人の恋愛関係が表れているのだとか。しかも、激しいケンカのさなかに相手をよく観察すると、これから先、相手の体に出てくるであろう不調のサインまでわかる、という最新の研究結果が。

この研究は、カリフォルニア大学バークレー校とノースウェスタン大学が共同で行ったもの。研究者が、録画された156組のカップルの会話における怒りのサイン(例えば、口をすぼめる、口をきゅっと結ぶ、眉間にしわを寄せる、声のトーンや大きさが変わるなど)と、"引く"ときの態度(表情が硬くなる、目を合わせないようにする、首が硬直するなど)について分析し、20年以上経ってから彼らの体に表れた病気の兆候と比較したところ、興味深い結果が。

ADの後に記事が続きます

怒りを表に出す男性たちは、胸痛や高血圧など心臓血管系の問題を抱えている傾向が強いのに対し、感情を抑え込む男性たちには、背中の痛みや関節痛の他、筋肉の緊張など筋骨格面での問題が見られたのだとか。

こうした結論は、多少"こじつけ"に聞こえるかもしれないけれど、実は専門家が「情緒反応(の蓄積)」と「健康問題」を結びつけたのは、これが初めてではない、とのこと(たとえば、"慢性ストレス" もその1つ)。従来の研究では、怒りは心拍数を増加させる可能性があり、感情の抑圧は筋肉の緊張を引き起こすとされているため、「長年の間にこうした症状を発症するのは理にかなっている」と、ノースウェスタン大学で人間発達学と社会政策学を専門とする共同研究者のクラウディア・ハース准教授は述べているそう。

日本でも、「夫源病」という言葉が現れて、夫といると体調が悪くなる女性たちがクローズアップされたのはここ数年のこと。その後は「妻源病」も指摘されているというから、これは実証されつつある現象かも…。カラダの声を聞きながら、健全な関係を作りたいものですね。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
2017年 結婚 セレブ
ウェディング
シェア
幸せそうでニヤけちゃう♡2017ゴールインしたカップル
もーう、幸せそう♡ 2017年、一生をともにすることを決めた2人を集めてみました。
ベッドで彼氏を前に悩む彼女/恋愛の悩み
ラブ & セックス
シェア
胸がコンプレックスで、彼とのセックスに踏み切れない…
「体の違いは君の個性」ということを忘れないで
恋愛
シェア
現在帰国中!祐真キキのホリデーの過ごし方
ハリウッドはすでにホリデーシーズン中という祐真キキさん、今年は日本でどう過ごすの?
時間を巻き戻せる特殊能力を持つ内気な主人公が、好きになった女の子へのアプローチが成功するまで時間を戻して何度もチャレンジ。その不器用な一生懸命さにドキキュン。愛する人と大事な家族と時間を共にすることの大切さを教えてくれる温かい作品。予告編はこちらから
恋愛
シェア
甦れ、恋心!女子の甘酸っぱすぎる「ドキドキ」エピソード
恋愛をお休みしてるあなた…こんな恋、またしたくない?
恋愛
シェア
国際恋愛♡外国人男性との「デートで使える」英会話術
成功させる秘訣は「遠慮しすぎず、明るいムード作り」♡
ウェディング
シェア
メーガン・マークルのブライズメイド候補って?
異母姉は暴露本を執筆中!メーガンの友人もブライズメイドになれない可能性が…
LGBT
シェア
演説中にサプライズ♡男性議員が同性パートナーに公開プロポーズ
同性婚合法化へ向けて議論しているオーストラリアで、またもハッピーなニュースが!
花嫁が実体験から綴る、「海外ウェディング」の心得9
ウェディング
シェア
先輩花嫁が語る、「海外ウェディング」の心得9
海外リゾートならではの結婚式の魅力を、経験者がアドバイス
フィリピン人女性5人が語る「国際結婚で学んだこと」
ラブ & セックス
シェア
大事なのは「愛」♡女子5人が国際結婚で学んだこと
彼との出会いから、困難の乗り越え方まで
バーレスクダンサーが教える、とっておきの「誘惑テク」8
ラブ & セックス
シェア
バーレスクダンサーが指南!男性を誘惑する8つのテク
普段の恋愛テクニックとしても、使えそうな要素が色々♡