レストラン列車に飛び乗って、旅を味わい尽くそう

移動中もグルメを満喫♡

人気の記事

週末を利用した12日の旅行って、移動だけで疲れちゃうってこと、ありません?

気分転換に温泉へ行ったり、いつもと違う景色を見たいなって思ったりしても、何時間も電車に揺られることを考えると、つい億劫になってしまう…。

ならば、移動中もまるごと楽しめるスペシャルな列車を利用してみるのも手。

ADの後に記事が続きます

淡いピンクとホワイトのバイカラーがエレガントな車体。

小田原から伊豆急下田までの区間を走る「伊豆クレイル」は、716日にデビューを果たす今大注目のリゾート列車。

車窓を流れる美しい海や山の景色を楽しみながら、

自然豊かな伊豆の食材をふんだんに使ったランチやカフェを堪能できるのが魅力です。

車両によって、座席の趣が異なるのもこの列車の特徴。

さくっと気軽な1人旅なら、一般的なリクライニングシートでゆったりくつろぎながら自分時間を満喫して。

ADの後に記事が続きます

友人や恋人同士での2人旅なら、断然海側に面したカウンター席をセレクト。

ワイワイ女子会なら、半個室のコンパートメント席が正解ですよ!

バーカウンターでお酒やおつまみを調達すれば、思わず「到着するの、もう少し待って…」と心の中でつぶやいてしまいそうなほどに心地よい時間が過ごせるはず!

12日で伊豆の温泉を満喫するのはもちろん、もう1泊追加して箱根に立ち寄り、美術館巡りを組み入れてみる、なんてプランも素敵です♡

一方で、白い車体に独特のデザインが印象的な「東北エモーション」は、まさに"走るレストラン"をイメージした正真正銘のレストラン鉄道。

三陸の海が広がる八戸〜久慈を、ときにビュースポットではスピードを落としながら駆け抜けます。

列車内には象徴的なライブキッチンスペースを設けるなど、全体がレストラン空間になっているのが特徴。

ADの後に記事が続きます

福島の刺子織、青森のこぎん刺し、岩手の南部鉄など、東北各地の伝統工芸をモチーフにしたインテリアを随所にちりばめるなど、アーティスティックな空間に仕上げられています。

往路では、人気シェフの感性と地元食材の融合が織りなランチコースを、復路はオリジナルデザートやオードブル等を好きなだけ堪能できるブッフェ形式のアフタヌーンティーを提供。

ランチ時は、ソフトドリンクに加えてビールや赤白ワインなどのアルコール類も好きなだけ楽しめるフリーフロースタイルなのも見逃せないポイントです。

「食のサーカス」という言葉をヒントに担当シェフやメニューは定期的に替わるため、繰り返し利用しても飽きないのも、リピーターが絶えない秘訣なんだとか。

移動手段が旅の目的になってしまうほどの魅力にあふれた列車に飛び乗れば、車窓越しの風景がいつもと違って見えてくるかもしれません。

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART3】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART3】
「お気に入りの旅行ブログをのぞくのをやめて、もっと冒険しましょう」
滞在コストがお手頃な、ヨーロッパの都市ランキング!
旅行
シェア
街歩きに最適♡お手頃価格で遊べるヨーロッパの都市10選
周遊するのも楽しそう♡
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART2】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART2】
「旅に一番大切なのは、探求心があること、根性があること、何でも質問すること」
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART1】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART1】
「世界がどうなっているのかを知る一番の方法は、自分で出かけてみることです」
ハイパーループ・ワン アメリカ高速移動システム
旅行
シェア
えっ、NYとワシントンD.C.間が20分で移動可能に!?
電車だと3時間はかかるのに…
数千万円も!?インスタで稼ぎながら旅するカップル
旅行
シェア
インスタで数千万円!?稼ぎながら旅するカップルがすごい
投稿1枚が、3000ドル(約33万円)以上らしい…
イギリスのEaton House StudioというAirbnbで泊まれるピンクの家
旅行
シェア
泊まりたい♡Airbnbの「ピンクの家」が可愛すぎ
パーティー大好き女子は必見!
旅行
シェア
原因はトランプ大統領?アメリカの観光客が激減
特にロサンゼルスとサンディエゴが大きな影響を受けているみたい…
旅行
シェア
CAが「死ぬまでに行くべき」と思う都市って?
中には渡航国50以上のCAも。経験豊富すぎる彼女たちが選んだのは…。
旅行
シェア
英語も通じない国へ行ってみたら…?【人生を変えた海外体験】
超必死になることで、外国人とのコミュニケーションが楽しいと思えるように。