「量より質」で濃厚な記憶定着を狙え【人生を変えた海外体験#3】

旅先での強烈な思い出ほど写真が残っていない現象を考察してみた!

もっと読む グローバル
20 articles
実践!「海外で働く」ってこんなこと~L.A.編〜
セックスから真剣交際へ♡仕事で出会ったオージーの彼
ベルギー人モデルの彼と何度もセックス♡

コスモポリタンの今月の特集は「グローバル」! ということで、編集部メンバーがリレー形式で「人生を変えた海外体験」をレポート。


パリは私にとって特別な街。それは、あのロマンチックな雰囲気が好みだとか、牛肉のタルタルに病みつきになったから…だけではなく。実は、初めて訪れた時の思い出が美しすぎるから。さらに何度も繰り返し思い出していくことで美化が進み、厚みを増していくわけですが、私、このプロセスを加速させるチート技を発見しました。早速さくっと答えを出しますが、それはズバリ、現地でのスマホ使用を最低限に絞るというもの。

ADの後に記事が続きます

思い返すと私が初めてパリを訪れたのは20119月。留学先で仲良くなったパリジェンヌの友人を訪ねて、3週間ほど彼女の実家に居候させてもらうことに(図々しい)。

当時の日本は、にわかに訪れたスマホブームの真っ只中。私も嬉々として使い慣れないiPhone3Gを持っていったのを覚えています。とはいえSNSといえばFacebookTwitterがメインストリームで、InstagramPinterestを活用する人がまだ少なかった時代。スマホの登場で手軽に写真を撮れるようになったものの、Wi-Fiだって今みたいに飛びまくっているわけではなかったので、旅先からリアルタイムで写真をSNSにアップするという習慣が、少なくとも私にはありませんでした。必然的にスマホを構える時間も減るわけで、3週間も滞在したのに残っている写真の少なさと言ったら! でもこれが、あの旅を特別にしてくれた他でもない理由なのです。私の持論では。

A post shared by Erin.H (@cosmo_erin_h) on

数少ない写真のうちのひとつ。友人宅に着くと、赤いバラと手づくりのリング、そして小さなオードトワレがテーブルの上に。ロマンチックすぎる旅の幕開け。

何度でも思い出したくなる旅の記憶は、実はそんなに多くない。たとえば夕暮れ時の運河沿いを、友人と友人の兄と3人でドライブして、大好きなEliza Doolitte「Pack Up」を歌いながら、ご機嫌にランダバウト(円形になっている交差点)を何周もグルグルと回ってみたこと。セーヌ河に停泊している船の中につくられたナイトクラブで、ラテンダンスを教えてもらったこと(何度教わっても上達しなかった)。旅の間つるんでいた友人たちとパブに集まり、いちごシロップを流し込んだビールとチーズをつまみに、ボックス席で夜な夜なトランプをしていたこと。実はこの思い出、すべて写真がありません。(文字だらけのコラムになってしまって申し訳ないという気持ちも相まって)写真がないことを悔やむこともあるけれど、「むしろこの逆境が思い出を濃厚にしているのでは」というのが私の推察。

A post shared by Erin.H (@cosmo_erin_h) on

サプライズ上手な友人。みんな仕事に出かけていってしまったある朝、ひとりで寂しく起きた私の目に入ってきたのは、ホームメイドのタルトと書き置き。写りきっていないけど、奥にはフランスパンとフォアグラ、そしてジャムが並んでいてまるでブッフェ。

写真がないからこそ強烈に思い出されるものがある一方で、写真を撮っていたからこそ、その少ないヒントの中から細い糸を辿るように思い出す記憶もあるはず(上の写真が良い例)。

だからSNSや写真を悪者扱いする必要はないし、私自身、写真は大好きです。でも、旅だからといって、別にすべての瞬間が特別だなんてことはないし、すべての瞬間を覚えておく必要なんてないと思うんです。それなのに今の自分だったら「どんな瞬間も全部おさめたい! みんなに共有したい!」って、ついついスマホを起動してしまいそう。そこをグッと抑えて、本当に心が動かされた瞬間だけを撮ることで、思い出に深みが生まれるような気がしています。

A post shared by Erin.H (@cosmo_erin_h) on

起き抜けにベッドでまどろんでいた私の側で、おもむろにアコースティックギターを弾き始めた友人。心を動かされたこんな瞬間は、写真に残すもまた一興。でもくれぐれも連写なんてして台無しにしないように…

果たしてこの仮説の信憑性は…。提唱したからには自分の身を持って実証すべく、この秋に改めてパリを訪れる際には、SNSやスマホから身を遠ざけてみようと思います(問題は仕事をすべて片づけて行けるかどうか…)。

More from Cosmopolitan Japan:
旅行
シェア
CAが「死ぬまでに行くべき」と思う都市って?
中には渡航国50以上のCAも。経験豊富すぎる彼女たちが選んだのは…。
映画
シェア
名作から最新作まで!世界4大都市を舞台にした映画12選
パリ、ロンドン、NY、LA。みんな大好きな人気都市を舞台にしたオシャレムービー12本をご紹介!
旅行
シェア
英語も通じない国へ行ってみたら…?【人生を変えた海外体験】
超必死になることで、外国人とのコミュニケーションが楽しいと思えるように。
旅行
シェア
ハイスペックなメンズと出会うなら、今シカゴがアツい!
羽田からも直航便が就航!キャリア女子からも注目が集まるシカゴ。イケメン率も高いらしい!?
美容
シェア
グランプリは誰の手に!?ミセス・インターナショナル日本代表が決定!
日本代表に選出されたグランプリは、アメリカで開かれる世界大会に挑戦!
海外セレブ
シェア
見た目だけの時代は終わり!社会貢献に力を注ぐセレブたち
倫理的消費活動や社会貢献が重要視される今。代表的なエシカルセレブ3人をご紹介。
LGBT
シェア
【LGBTQ+】ニューヨーカーに聞く「出会いを求めにいく場所」
マッチングアプリにパーティ!大都会NYの出会い方を大解剖♡
ファッション
シェア
自分でできる!ヨーロッパでウエディングフォト
編集長が自らプロデュースしたスペイン、バレンシアでのウエディング撮影。
恋愛
シェア
国際結婚の先輩に聞いた「グローバル婚活」成功の鍵って?
辛口だけど愛あるグローバル婚活アドバイス!
ハーフの本音
ライフスタイル
シェア
海の向こうの日本人:3人のイギリスハーフの生き方
イギリスの北と南に住む3人のティーンに聞いた、リアルライフ。