【毎日を幸福にするヒント】雑貨もグルメなものも充実

自分用にも欲しくなるものがたくさん

人気の記事

こんにちはMakikoです。

編集者になって早20年以上! 編集の仕事を長くしていると自分の生活もエディットしているんだな、と最近つくづく感じるようになりました。

日々の暮らしがちょっぴり幸せになる楽しいこと、素敵なもの、アイディアをご紹介していきます。

最新マカオおすすめスポット魅力的なホテルおいしいものとご紹介してきて今回がマカオ旅の最終回。

ADの後に記事が続きます

楽しい旅の最後に待っているもの。それはお土産選びです。マカオのお土産なんにしよう?と悩んでいるなら、こちらを参照にしてみてください。

私のお土産選びの基本は、なるべく消えもの、かさばらない、重くないです。荷物を持ち帰りやすいのはもちろん、差し上げた人の負担にならないことも考えます。でも、せっかくだから地元のものや名産品、けれどもいかにもお土産みたいです、みたいなのもイヤ、と相当わがままです(笑)。

写真のかわいいパッケージに入っているのは、今回のマカオ土産での収穫品。1887年創業の歴史あるポルトガルの石鹸「Claus Porto」です。かつてポルトガルの植民地のマカオとはいえ、Made in Macaoじゃないじゃない?というのは目をつむっていただいて、何と言ってもパッケージと香りのバリエーションが豊富。この石鹸は誰にあげよう、なんて選ぶ時に想像できるのも楽しいのです。石鹸だけじゃなくて同じシリーズでハンドクリームなどもあります。値段も小さな石鹸1個日本円で約630円。箱入りのクラシックなデザインのラベルのソープもかわいくて、なかなか決められずに結構長くお店をうろうろしました。

これを買ったのは、聖ポール天主堂跡近くの、最近注目のアートな小道にあるお店「HMPH!」。小道の突き当たり左側にあります。

どこにいっても必ず行くのはスーパーマーケット。20店舗以上あり見つけやすいのが來來超級市場というスーパー。ここではのど飴をゲット。お土産は余分に買っておく方が安心なので、こういうところですこし多めに買っておきます。

ADの後に記事が続きます

昔ながらの街の雰囲気が楽しめる「十月初五日街」にある、レトロな「英記茶荘」は、マカオ最古の中国茶専門店。ここでは、小さなパックや缶のお茶をお土産に。私が気に入っているのは鉄観音や龍井、ジャスミンといったベーシックなものですが、種類もグレードもあるので、お願いすれば缶からお茶の香りを嗅がせてくれます。その場で手際よくパックしてくれるのを見ているのも楽しいもの。希望すれば真空パックもしてもらえます。

この通り沿いにある「南屏雅敍」は、ガイドブックではベーカリーと書いてあったけれど、ローカルカフェといった感じ。

地元の老若男女がひっきりなしに来店しているので、吸い込まれるように店内に。しかし、何をオーダーしていいかわからず、周りを見回せば、8割以上がミルクコーヒーとなにやら蒸しカステラ状のものを注文。私も真似して注文取りにきたおばちゃんに指差しで同じもの、と伝えて出てきたのがこちら。

ADの後に記事が続きます

この蒸しカステラのようなものは、触ったらまだ暖かく、そしてふわふわ! 程よい甘さであっという間にお腹に収まってしまい、あまりのおいしさにおかわりしてしまいました(笑) これ、日本にお店があったら行列ができること間違いなしになりそうです。もちろん持ち帰りもできるので、翌日か当日に帰国するなら、これを買って帰るのもありかな、と思いました(もちろんハンドキャリーで。でもその価値あり!)。値段がこれまた、伝票もなく、メニューも読めず、わからなかったのですがコーヒー代込みで約450円くらいだったので、そんなに高くないはずです。ここは次回マカオにいってもリピート決定のお店です。

上記2箇所はHPなどがないのですが、マカオのガイドブックには十月初五日街は必ず出ています。現地に行けばすぐに見つかるので、探してみてくださいね。

この十月初五日街からほど近くに「福隆新街」があるのですが、ここはかつて遊郭だった場所。当時の面影が残る通りには、飲食店や土産物店などがならんでいますが、気になる店構えを見つけて中に入ってみたら、意外にもフランス菓子のお店。美しいケーキの他にチョコレートなどもあるので、これをお土産にしても。この「Tousy」は残念なことに年内に移転予定。Fbページでインフォメーションするとのことです。

最後は「MGMマカオ」のペストリー バーで、おいしいと評判のオートミールのクッキー(約1,000円)とXO醬をゲット。クッキーはたっぷり入っているので、家族や大人数がいるところへのお土産にしました。XO醬は自分へのお土産に。ホテル内のブティックなので、すこし値段は張りますが、MGMはまだ日本にないホテルということもあり、目上の人に差し上げるお土産としても重宝しました。

お土産も抱えて帰りの直行便に乗ったら、ジェット気流もありわずか4時間余りで成田に到着。時差は日本マイナス1時間なので、時差ボケもなく快適なマカオ旅でした。次回は新しいホテルがオープンしたら行こうかなと思っています。情報収集はマカオ観光局のホームページが頼りになるので、時折チェックして次の旅のプランを練ろうと思っています。

【毎日を幸福にするヒント】の記事一覧はこちらでチェック

コメントする

Read Next:
マーメイド姿で泳ぐ女性
旅行
シェア
気分はアリエル♡フィリピンに「マーメイド学校」が誕生
記念撮影だけでもOK!
羨ましい♡旅しながら仕事なんて…!
旅行
シェア
羨ましい♡キャビンアテンダントの素敵なトラベルライフ
世界中を飛び回るキャビンクルーたちの素敵すぎる日常
旅行前、小さなスーツケースに無理やり荷物を詰め込む女性
旅行
シェア
旅準備にいいかも?50着以上の服をバックに詰めるテク
そんなに持っていかないけども…w
気圧の調整のためにある飛行機の窓の「小さな穴」
旅行
シェア
知ってた?飛行機の窓にある「小さな穴」の役割
知っていたら、かなりの航空通!
楽しそう♡イギリスに登場した『ハリポタ』風B&Bが話題
旅行
シェア
行きたい!イギリスに『ハリポタ』風の宿泊施設が登場
ファンはもちろん、誰もが楽しめそう♪
あちこち回りたい!ヨーロッパの穴場な旅先15選
旅行
シェア
行きたい!ヨーロッパ旅行でオススメの穴場15選
知れば知るほど…ヨーロッパって奥深い!
旅行サイトが厳選した、世界の「絶景ビーチ」16選
旅行
シェア
行きたい!世にも美しい「世界のビーチ」16選
写真だけでも現実逃避できそう(笑)。
飛行機の窓からの眺め
旅行
シェア
そうだったんだ!離陸時に機内の電気が消える理由
あんまり気にしてなかったけど…
旅行
シェア
ハネムーンの新定番!ラグジュアリーに楽しむ「サファリ旅」
セレブたちも休暇で訪れるアフリカ大陸の魅力を、写真家の作品と共にチェック♡
モティーフ レストラン & バーこちらの特徴は、シャンパーニュを中心に、ワイン、カクテルもフリーフローで楽しめること! さらに、シェフ特製のお料理は、前菜、魚、肉とプチ贅沢が味わえる内容。とことんシャンパーニュを堪能するなら、トップメゾンのシャンパーニュやスプマンテ、ワインを月替わりで楽しめる「First class of the month」へのアップグレード(2,500円の追加料金)もアリ。女性だけでなく男性の利用もOKなので、デートや合コンにも使えます!ゆったりとしたソファ席で、眼下にきらめく東京駅の夜景を見下ろしながらシャンパーニュを傾けるなんて、オシャレすぎる…!お店選びの際にはさりげなくセンスの良さもアピールできる、とっておきの一軒です。時間:平日17:00~21:00、土日祝日15:00~21:00 ※席は2時間制、来店時間から90分間のフリーフロー ※最終入店は19:00料金:シェフ特製のお料理付き(前菜、魚、肉の3 品)6,000円、First class of the month 8,500円(いずれも税・サービス料別)フォーシーズンズホテル丸の内 東京モティーフ レストラン & バー
旅行
シェア
出会いもあるかも♡ 「ホテル」のお得な飲み放題3選
オシャレ女子会は賢く贅沢に♡