【毎日を幸福にするヒント】散歩しながら楽しむマカオ

カルチャーミックスの街並みに心ときめく

人気の記事

こんにちはMakikoです。

編集者になって早20年以上! 編集の仕事を長くしていると自分の生活もエディットしているんだな、と最近つくづく感じるようになりました。

日々の暮らしがちょっぴり幸せになる楽しいこと、素敵なもの、アイディアをご紹介していきます。

今回のマカオの旅では、自分の足で散歩して街を歩くことを楽しみにしてきました。マカオは全体的にコンパクトな街なので、徒歩でいろいろ回れてしまうというのも魅力的です。歩いて観光すると、街の雰囲気や位置関係を体がしっかり覚えてくれるので、どこにいっても歩いて回るのは私の旅の基本的なポイントでもあるけれど、マカオはまさにぴったり。世界遺産やお気に入りポイントをピックアップしますね。

ADの後に記事が続きます

スタートは、マカオ半島側にある世界遺産の中でも最も有名な「聖ポール天主堂跡」へ。1835年の火事で木造の建物は焼けてしまい、石作りのファサードだけが残されているのが特徴。小高い丘の上にあり、眺めも良いのです。この近辺を散策してみると「恋愛通り」に迷い込みました。キリストの受難を表すポルトガル語が間違って情熱と訳されてしまったことが、この通りの名前の由来なんだそう。ポルトガルにいったような気分になれるこの小さな通りは恋人達にちょうどいいのかも。

次は「民政総署」へ。ポルトガルのアズレージョと呼ばれるタイルが壁面にたくさんあしらわれ、どこか有田焼を連想させるこのタイルは、ノスタルジックマカオの象徴でもあるのです。

そのあとテクテクと脇の坂道を登って、「聖オーガスティン広場」を抜け、その先にある19世紀に作られた「ドンペドロ5世劇場」へ。中もクラシックで素敵。なんと今もコンサートなどで実際に使われているそう。世界遺産でライブを聞けちゃう贅沢、いつか体験してみたいものです。

がんばってもう少し歩くと「リラウ広場」に到着。天然の湧き水の井戸があった場所だそうですが、ここは日本と同じ呼び名のキオスクというかわいい売店があって、飲み物を買って木陰で小休憩するのにちょうどいい場所。

ADの後に記事が続きます

次に訪れたのは1881年に建てられた大きなお屋敷「鄭家屋敷」。一度は荒れ果ててしまい、しかも普通にアパートのように人が住んでいた時期もあったとか。それを8年かけてマカオ政府が修復して見学できるように。中は本当に素敵で、ここでセルフィー中のアジア人女子ブロガーもみかけたので、記念撮影スポットにもいいのかも。

そして、少し散策コースからはずれて、どうしても行ってみたかった「ポルトガル領事官邸」へ。ここは、作家の沢木耕太郎さんの名著でもある「深夜特急1 香港マカオ編」で登場した場所。今回の旅にはこの本を持ってきていたので、どうしても行ってみたくて足を伸ばしました。1970年代前半にバックパッカーだった沢木さんが、高級だと思ったら、意外にもお手頃に泊まれた古いけれど優雅な雰囲気のホテルだったのです。その後持ち主が代わり、たった8室しかない、超高級ホテルとして営業していた時期もあったそうですが、返還後は領事館官邸に。当然中に入れるわけもなく、外観だけみることになりましたが、それでも十分満足。中を想像する余韻が残されていることにかえって贅沢な気持ちになりました。

最後は見晴らしのいい「ペンニャ教会」へ。歩いていると日本ではお目にかかれないような、ユニークなベランダを持つアパートが目に留まったり、歩いていると、人々の暮らしも身近に感じられるものです。教会の中に入ったら、ステンドグラスが床を照らしていて厳かな空気が流れていました。

西洋と東洋の歴史が詰まったマカオの散策。起伏のある地形なので歩きがいもあり、携帯の歩数計をチェックしたら軽く2万歩を超えていました。観光しながらエクササイズもできちゃうマカオ散策(笑)今回ピックアップしたのはその一部。マカオ観光局のおすすめウォーキングコースがいくつかあるので、地図を片手にあちこち回るのも楽しいですよ。さて次回はどこを回りましょうか。

【毎日を幸福にするヒント】の記事一覧はこちらでチェック

コメントする

Read Next:
飛行機の窓からの眺め
旅行
シェア
そうだったんだ!離陸時に機内の電気が消える理由
あんまり気にしてなかったけど…
旅行
シェア
ハネムーンの新定番!ラグジュアリーに楽しむ「サファリ旅」
セレブたちも休暇で訪れるアフリカ大陸の魅力を、写真家の作品と共にチェック♡
モティーフ レストラン & バーこちらの特徴は、シャンパーニュを中心に、ワイン、カクテルもフリーフローで楽しめること! さらに、シェフ特製のお料理は、前菜、魚、肉とプチ贅沢が味わえる内容。とことんシャンパーニュを堪能するなら、トップメゾンのシャンパーニュやスプマンテ、ワインを月替わりで楽しめる「First class of the month」へのアップグレード(2,500円の追加料金)もアリ。女性だけでなく男性の利用もOKなので、デートや合コンにも使えます!ゆったりとしたソファ席で、眼下にきらめく東京駅の夜景を見下ろしながらシャンパーニュを傾けるなんて、オシャレすぎる…!お店選びの際にはさりげなくセンスの良さもアピールできる、とっておきの一軒です。時間:平日17:00~21:00、土日祝日15:00~21:00 ※席は2時間制、来店時間から90分間のフリーフロー ※最終入店は19:00料金:シェフ特製のお料理付き(前菜、魚、肉の3 品)6,000円、First class of the month 8,500円(いずれも税・サービス料別)フォーシーズンズホテル丸の内 東京モティーフ レストラン & バー
旅行
シェア
出会いもあるかも♡ 「ホテル」のお得な飲み放題3選
オシャレ女子会は賢く贅沢に♡
美しい夕焼けの空を飛ぶ航空機
旅行
シェア
驚愕!NY⇔ロンドンがたった3時間15分で移動可能に!?
その技術はまさにSF小説レベル!
フィンランド オーロラ
旅行
シェア
冬のアクティビティを満喫♡フィンランドをPHOT TRIP
一度は訪れたい、北欧の冬時間。
大人だからこそ行きたい!ボストンを最高に楽しむ方法
旅行
シェア
大人の街!ボストンを最高に楽しむ旅ガイド
NYやLAとは違った魅力満載!!
新婚旅行を5年間!?カップルが教える旅の節約術
旅行
シェア
1日約1450円!?5年間旅を続けるカップルの「節約術」
もちろん飛行機代&宿泊費込み!
今回はフィンランド政府観光局「Visit finland」さんのプレス・ツアーに参加。ヘルシンキの取材を終え、後ろ髪を引かれながらも日本への帰らねば…と思っていたら、まさかのエコノミークラスがビジネスクラスにアップグレード! 「…え、いいんですか!?」と小躍りをしながら搭乗。だって、人生初なんですもの!
旅行
シェア
10時間じゃ足りない…初めての「ビジネスクラス」体験記
まさかのアップグレードで、「フィンランド航空」のビジネスクラス体験。正直、10時間のフライトじゃ物足りない…!
旅行
シェア
幸せの極み♡甘酸っぱい「苺のスイーツ」食べ放題プラン
女子会にもデートにも♡
旅行
シェア
おしゃれカフェとアートを巡る♡メルボルンをPHOTO TRIP
世界で住みやすい都市ランキング6年連続1位の街を、写真で旅してる気分に♡