原因はトランプ大統領?アメリカの観光客が激減

特にロサンゼルスとサンディエゴが大きな影響を受けているみたい…

難民の受け入れの一時停止や移民の入国規制を強化する、ドナルド・トランプ米大統領。その影響で「米国は外国からの旅行者を歓迎しない」という解釈が広まり、米国への旅行者が激減、アメリカの観光産業を直撃しているという。

モバイルアプリを手がける米フォースクエアが、約13,00万人のユーザーを対象に行なった調査によると、201610月〜20173月の間に海外を訪れた国際旅行者数は前年比6%増だったのに対し、アメリカの観光客到着数は前年比11%減。20173月においては、アメリカを訪問した観光客数が16%減と大幅ダウン。3月といえば、トランプ大統領が6カ国の市民に対する新たな入国禁止の大統領令に署名した時期...。やはりトランプ大統領の影響と言えるのか。

ADの後に記事が続きます

米ソフト大手アドビも同様の調査を行なった結果、特にロサンゼルスとサンディエゴでの観光客の減少が目立つことが分かったそう。ロサンゼルス観光局の総裁アーネスト・ウーデン氏は、「ロサンゼルスは6年連続で過去最高の観光客数を更新してきました。だが『米国は外国からの旅行者を歓迎しない』というイメージの影響で、観光客が大幅に減少しています」とトランプ大統領の入国制限を批判し、「ですが、ロサンゼルスはアメリカの中でもっとも多民族な都市で、新たなビジネスに対して常にオープン。海外からの観光客も大歓迎です」と続けた。

アメリカへのビジネス旅行者やレジャー客は今後どうなっていくのか、気になるところ。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Reiko Kuwabara

From: Harper's BAZAAR UK

More from Cosmopolitan Japan:
猫を連れて、アメリカの州立公園59箇所を周ったカップル
旅行
シェア
お供は「猫」!あるカップルの旅インスタが素敵♡
いつかこんな旅に出てみたい!
行きたい!ファッション業界人御用達のおしゃれホテル12
旅行
シェア
ファッション業界人御用達!人気都市の素敵ホテル12選
もちろん、セレブの姿もちらほら♡
旅行
シェア
大迫力な世界のカウントダウンスポット4
年末年始に行きたい、ラスベガス・シンガポール・ハワイ・ドバイの魅力をお届け!
旅行
シェア
世界的ガイドブックが発表!2018年に訪れるべき10の国
新スポットが誕生しているアジアや、大自然を感じられるアフリカなど、次のバカンス先にいかが?
いつか泊まってみたい♡イギリスの古城ホテル10
旅行
シェア
泊まってみたい♡イギリスの素敵な古城ホテル10選
気分はプリンセス♡
大好きな友だちと、旅行する前のチェックポイント8つ
旅行
シェア
友だちと旅する前に、見極めておきたい8つのポイント
友情を深める旅にするために、確かめておきたい大切なこと。
手荷物の取り間違え防止が目的、自分の顔をプリントできるスーツケース
旅行
シェア
欲しい!?顔をプリントできる「スーツケースカバー」
なんとなく分かるけど、持ち歩くのは…w
旅行
シェア
モデルは旅先でも美味しくヘルシーに体型維持!
あれ、バカンス太り?ってならないために。
インスタ映え最強!SNSユーザーに人気の旅行スポット17選
旅行
シェア
インスタ映え最強!SNSユーザーに人気の旅行スポット17選
どこもかしこも行きたい!!
"プラスサイズの人"専用のリゾートがバハマに
旅行
シェア
カリブ海に浮かぶ「プラスサイズ専用のリゾート」が大人気!
家具はすべてDIY!? とあるアクシデントから生まれたリゾート施設が話題に。