離着陸時に、必ず機内が暗くなるのはなぜ?

あんまり気にしてなかったけど…

飛行機に乗っているときは、行く先での旅や仕事などに思いを膨らませていて、どんなことが行われているかなんていちいち気にしたり、疑問に思ったりすることは少ないもの。

コスモポリタン イギリス版が紹介した<テレグラフ>の記事によると、離着陸時に電気を消すのにはれっきとした理由があるのだそう。

ADの後に記事が続きます

電気を消すのは乗客がよりリラックスできるからだと思うかもしれないけど、実は、安全性を考えて行っているとのこと。

エアラインパイロット兼『Cockpit Confidential』の著者であるパトリック・スミスは、「電気を消すと目が暗闇に慣れるので、予期せぬ事態が発生したり、突然停電になったりして暗闇や煙の中でドアに素早く向かう際、目が眩んでしまうのを防ぐことができます」と、<テレグラフ>にコメント

「また、緊急時の避難ルートを示す足元のライトや点灯サインが見えやすくなります。さらに機外の様子も見えやすくなるので、どっちが上の方向かなど、基本的な方向感覚が把握しやすくなるのです」

ちなみに、離着陸時にブラインドを開ける理由も同じ理屈なのだとか。おまけに、そうすることによって客室乗務員は避難の障害となり得る外的危険要因が見つけやすくなるのだそう。

意識していなかったとは言え、ちょっと得した気分になれるトリビアだと言えるかも!?

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
旅行
シェア
1位は日本のアノ島!「人気上昇中の観光地」トップ10
世界最大級の旅行サイトがランキングを発表。次のバカンス候補にしてみて!
これは行きたい!世界で「カラフルな街」9選
旅行
シェア
まるで絵画…!世界の「カラフルな街」9選
死ぬまでに行きたい場所リストに加えて!
猫を連れて、アメリカの州立公園59箇所を周ったカップル
旅行
シェア
お供は「猫」!あるカップルの旅インスタが素敵♡
いつかこんな旅に出てみたい!
行きたい!ファッション業界人御用達のおしゃれホテル12
旅行
シェア
ファッション業界人御用達!人気都市の素敵ホテル12選
もちろん、セレブの姿もちらほら♡
旅行
シェア
大迫力な世界のカウントダウンスポット4
年末年始に行きたい、ラスベガス・シンガポール・ハワイ・ドバイの魅力をお届け!
旅行
シェア
世界的ガイドブックが発表!2018年に訪れるべき10の国
新スポットが誕生しているアジアや、大自然を感じられるアフリカなど、次のバカンス先にいかが?
いつか泊まってみたい♡イギリスの古城ホテル10
旅行
シェア
泊まってみたい♡イギリスの素敵な古城ホテル10選
気分はプリンセス♡
大好きな友だちと、旅行する前のチェックポイント8つ
旅行
シェア
友だちと旅する前に、見極めておきたい8つのポイント
友情を深める旅にするために、確かめておきたい大切なこと。
手荷物の取り間違え防止が目的、自分の顔をプリントできるスーツケース
旅行
シェア
欲しい!?顔をプリントできる「スーツケースカバー」
なんとなく分かるけど、持ち歩くのは…w
旅行
シェア
モデルは旅先でも美味しくヘルシーに体型維持!
あれ、バカンス太り?ってならないために。