【ハワイの王道】とろーり♡エッグベネディクト5選

ホテルの贅沢ブランチから、地元の名店まで。ハワイ在住ライターがオススメを紹介。

人気の記事

リゾートにぴったりの定番ブランチメニュー「エッグベネディクト」。エッグベネディクトとは、イングリッシュマフィンの上に、ハムなどの具材とポーチドエッグを乗せて、オランデーズソースをかけたもの。ポーチドエッグを割って、とろーりと黄身が溶け出す瞬間は、幸せなひととき♡ ハワイでオススメのエッグベネディクトを5店舗、厳選して紹介します!

ADの後に記事が続きます

1.不動の人気エッグベネディクト!「ハウツリーラナイ」

ニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテルの「ハウツリーラナイ」。オーシャンフロントのレストランには、数百年前からあるという大きな木がそびえ立っています。ハワイの自然に心から身を委ねられるような空間です。

ここで不動の人気を誇るのが、クラシックエッグベネディクト。濃厚過ぎず程よいオランデーズソースは、格別の味わいです。エッグベネディクト好きなら、一度は食べるべし!

2.リゾート気分に浸りたい、オーシャンビューレストラン「オーキッズ」

ハレクラニホテルの「オーキッズ」。ダイヤモンドヘッドとワイキキビーチを一望できる、贅沢なロケーションです。

シンプルなエッグベネディクトは、とろりととろけるポーチドエッグとコクのあるオランデーズソースが絶妙。心地よい風に吹かれながら、優雅なブランチタイムを楽しめそう。

3.ハワイ伝統料理を楽しめるローカルカフェ「スイート イーズ カフェ」

ワイキキから車で5分ほど行ったカイムキ地区にある「スイート イーズ カフェ」。地元の女子がゆったりとおしゃべりを楽しむ人気のカフェです。

ここのエッグベネディクトは、ハワイ伝統料理のカルアポークを取り入れたもの。付け合わせにはフライドライスがオススメ。ボリューム満点のハワイらしいブランチを味わえます。

4.パンケーキの名店も見逃せない!「エッグスンシングスン」

ハワイのパンケーキといえば、いちばんに名前が挙がる「エッグスンシングスン」。パンケーキ以外のメニューも見逃せないんです。

イングリッシュマフィンの上に、カニコロッケとポーチドエッグが乗ったクラブケーキベネディクト。やや酸味の効いたオランデーズソースで、あっさりと仕上がっています。

5.知る人ぞ知る、隠れ家レストラン「ザ・ヌーク・ネイバフッド・ビストロ」

ワイキキから少し離れた、ハワイ大学近くにある「ザ・ヌーク・ネイバフッド・ビストロ」。ここでは、卵、牛乳、野菜、肉など、ハワイ地産の食材にこだわっているのだそう。ハワイの食通が足繁く通うという、知る人ぞ知る名店です。

スタッフさんのオススメは、ポークベリーベネディクト。イングリッシュマフィンとポーチドエッグの間にカリッカリに揚がった豚肉が入った、お腹が満たされる一品。

店によって特徴もさまざま。目も舌も喜ぶエッグベネディクト、リゾート気分に浸りながら、ぜひ味わってみてください。

♦【ハワイの王道】の記事一覧はこちらでチェック

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART3】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART3】
「お気に入りの旅行ブログをのぞくのをやめて、もっと冒険しましょう」
滞在コストがお手頃な、ヨーロッパの都市ランキング!
旅行
シェア
街歩きに最適♡お手頃価格で遊べるヨーロッパの都市10選
周遊するのも楽しそう♡
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART2】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART2】
「旅に一番大切なのは、探求心があること、根性があること、何でも質問すること」
冒険を仕事に!旅をしながらお金を稼ぐ方法【PART1】
旅行
シェア
「旅」を人生に!旅行しながらお金を稼ぐ方法【PART1】
「世界がどうなっているのかを知る一番の方法は、自分で出かけてみることです」
ハイパーループ・ワン アメリカ高速移動システム
旅行
シェア
えっ、NYとワシントンD.C.間が20分で移動可能に!?
電車だと3時間はかかるのに…
数千万円も!?インスタで稼ぎながら旅するカップル
旅行
シェア
インスタで数千万円!?稼ぎながら旅するカップルがすごい
投稿1枚が、3000ドル(約33万円)以上らしい…
イギリスのEaton House StudioというAirbnbで泊まれるピンクの家
旅行
シェア
泊まりたい♡Airbnbの「ピンクの家」が可愛すぎ
パーティー大好き女子は必見!
旅行
シェア
原因はトランプ大統領?アメリカの観光客が激減
特にロサンゼルスとサンディエゴが大きな影響を受けているみたい…
旅行
シェア
CAが「死ぬまでに行くべき」と思う都市って?
中には渡航国50以上のCAも。経験豊富すぎる彼女たちが選んだのは…。
旅行
シェア
英語も通じない国へ行ってみたら…?【人生を変えた海外体験】
超必死になることで、外国人とのコミュニケーションが楽しいと思えるように。