【悶々8】身体は男で心は女。心身共に男。恋の相手はどちらも男?

答えはトランスジェンダーの女子とゲイ男子。ことほどさように、セックスは複雑。

人気の記事

「男女」「男男」「女女」だけじゃない

前回は悶々のあまり「オッパイ問題」に終始してしまった『リリーのすべて』ですが、今回はもう少しちゃんと映画の内容をお伝えせねばなりません。てか、それが本来の仕事だってば。

物語はある日「本当は女性だと思う」と言い出した夫アイナー(ことリリー)を、大混乱に陥りながらもサポートし続けた妻グレタの、愛情を描いてゆきます。ふたりはデンマークの首都コペンハーゲンに住む芸術家のカップルなのですが、2人はグレタの個展をきっかけにパリに移住します。基本的に実話をもとにした映画なんですが、ここらへんの実際の事情はちょっと違うようです。

ADの後に記事が続きます

当時「ベル・エポック」と呼ばれた時代の自由にあふれるパリでは、リリーがリリーとして生きやすいことはもちろんではありますが、実はグレタにとっても自分がレズビアンであることを公表できる場所だったようです。当時のデンマークでは同性愛は違法でした。

さてこの映画、基本的にはわかりやすい作品ですが、世の中の性を「男と女とそれ以外」みたいに大雑把に考えてる人にとっては、え?あらっ?どしたこと?と思う点があります。それがリリーの女性としてのファーストキスの相手、青年ヘンリクとの関係です。リリー役がエディ・レッドメインでヘンリク役がベン・ウィショーという女子の勘所を抑えた配役は、まるで『キャロル』のB面のような眼福ですが、まあそれは置いといて。

あるパーティーで女装した自分を熱烈に口説てきたヘンリクの部屋を、いけないわいけないわ、と思いながら訪ねてしまったリリーは、ヘンリクが自分の身体をまさぐり始めると、ヤバいヤバいヤバいダメダメダメ!と撥ね退けます。ところがヘンリクは「大丈夫だよ、分かってるから」。リリーはバレてないと思っていましたが、ヘンリクはすべてを承知で誘っていたんです。彼は同性愛者だったんですね。

後も続くふたりの関係にグレタは嫉妬するのですが、リリーは「ただの友達よ、だって彼は同性愛者だから」と笑い飛ばします。リリーは本来的に女性なので、ヘンリクの相手じゃないんです。「男女」以外にも「男男」「女女」がある――なんて程度の認識は、性的指向性においては大雑把すぎるほど大雑把なわけです。

よく分かんなくても、ふんわり認め合うことはできるはず

映画ではあんまり触れられていませんが、リリーは男性器とともに未発達の女性器も持つ両性具有だったのではないかとも言われています。遺伝子的に女性は「XX」で男性は「XY」ですが、両性具有は「XXY」とか「XXXY」とか「XXXXY」だったりするわけで、実のところ性別はパックリふたつに分かれてるわけじゃなく、グラデーションなんだなーと思ったりもします。

ここにリリー&ヘンリク的な性的指向性がからんでくると、もうなにがなにやらややこしく、理解しようとすると悶々としちゃうわけですが、まあ究極のところは理解なんてせず、「ふうん。じゃあ、そういうのもアリってことで」でいいのかもしれません。そもそも「男女」の「XY」と「XX」だって、分かりあえないことだらけなんですから。

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
パーティーが苦手。パリピが苦手。
……という人に、明日から使える(かもしれない)発想の転換。
映画
シェア
だまされたと思って一度『ワイスピ』をご覧あれ!
おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!
アメリカ各地に『ラ・ラ・ランド』劇中バーが出現!
映画
シェア
映画『ラ・ラ・ランド』のジャズバーが現実に登場!?
アメリカ各地のジャズバーが続々と「Seb's」に変身!?『ラ・ラ・ランド』の世界に浸れる1日♡
映画
シェア
ゴールデンウィーク恒例!「イタリア映画祭」が今年も開催
濃密な恋愛映画から軽快なクライムアクションまで、イタリア映画の魅力をたっぷり堪能して♡
映画
シェア
思い込みの「パターン地獄」でがんじがらめ
イケメンは美人としか付き合わない――と思い込んでいると、チャンスを逃す、かも。
映画
シェア
映画『美女と野獣』の衣装が銀座で見られちゃう!?
実際にエマ・ワトソンが着用したドレスや、劇中で使われたバラが来日中!
映画
シェア
気になる♡ガガ様、主演映画『スタア誕生』のひとコマ公開
「大きなスクリーンに映し出される女優になりたかったの」
映画
シェア
愛され続ける『セックス・アンド・ザ・シティ』の誕生秘話♡
"インテリ"たちの目に留まったのがブレイクしたきっかけ!?
映画
シェア
「デブのくせに!」と罵る、偏見まみれの世の中
謎の美少年作家の正体は、太ったオバさんだった――それ、何か問題でもありますか?
映画
シェア
タラレバ女子こそ観ておくべき、教訓映画『T2』
おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!