【悶々8】身体は男で心は女。心身共に男。恋の相手はどちらも男?

答えはトランスジェンダーの女子とゲイ男子。ことほどさように、セックスは複雑。

人気の記事

「男女」「男男」「女女」だけじゃない

前回は悶々のあまり「オッパイ問題」に終始してしまった『リリーのすべて』ですが、今回はもう少しちゃんと映画の内容をお伝えせねばなりません。てか、それが本来の仕事だってば。

物語はある日「本当は女性だと思う」と言い出した夫アイナー(ことリリー)を、大混乱に陥りながらもサポートし続けた妻グレタの、愛情を描いてゆきます。ふたりはデンマークの首都コペンハーゲンに住む芸術家のカップルなのですが、2人はグレタの個展をきっかけにパリに移住します。基本的に実話をもとにした映画なんですが、ここらへんの実際の事情はちょっと違うようです。

ADの後に記事が続きます

当時「ベル・エポック」と呼ばれた時代の自由にあふれるパリでは、リリーがリリーとして生きやすいことはもちろんではありますが、実はグレタにとっても自分がレズビアンであることを公表できる場所だったようです。当時のデンマークでは同性愛は違法でした。

さてこの映画、基本的にはわかりやすい作品ですが、世の中の性を「男と女とそれ以外」みたいに大雑把に考えてる人にとっては、え?あらっ?どしたこと?と思う点があります。それがリリーの女性としてのファーストキスの相手、青年ヘンリクとの関係です。リリー役がエディ・レッドメインでヘンリク役がベン・ウィショーという女子の勘所を抑えた配役は、まるで『キャロル』のB面のような眼福ですが、まあそれは置いといて。

あるパーティーで女装した自分を熱烈に口説てきたヘンリクの部屋を、いけないわいけないわ、と思いながら訪ねてしまったリリーは、ヘンリクが自分の身体をまさぐり始めると、ヤバいヤバいヤバいダメダメダメ!と撥ね退けます。ところがヘンリクは「大丈夫だよ、分かってるから」。リリーはバレてないと思っていましたが、ヘンリクはすべてを承知で誘っていたんです。彼は同性愛者だったんですね。

後も続くふたりの関係にグレタは嫉妬するのですが、リリーは「ただの友達よ、だって彼は同性愛者だから」と笑い飛ばします。リリーは本来的に女性なので、ヘンリクの相手じゃないんです。「男女」以外にも「男男」「女女」がある――なんて程度の認識は、性的指向性においては大雑把すぎるほど大雑把なわけです。

よく分かんなくても、ふんわり認め合うことはできるはず

映画ではあんまり触れられていませんが、リリーは男性器とともに未発達の女性器も持つ両性具有だったのではないかとも言われています。遺伝子的に女性は「XX」で男性は「XY」ですが、両性具有は「XXY」とか「XXXY」とか「XXXXY」だったりするわけで、実のところ性別はパックリふたつに分かれてるわけじゃなく、グラデーションなんだなーと思ったりもします。

ここにリリー&ヘンリク的な性的指向性がからんでくると、もうなにがなにやらややこしく、理解しようとすると悶々としちゃうわけですが、まあ究極のところは理解なんてせず、「ふうん。じゃあ、そういうのもアリってことで」でいいのかもしれません。そもそも「男女」の「XY」と「XX」だって、分かりあえないことだらけなんですから。

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?
知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされている……のかも。
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。
あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない
普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」