【悶々8】身体は男で心は女。心身共に男。恋の相手はどちらも男?

答えはトランスジェンダーの女子とゲイ男子。ことほどさように、セックスは複雑。

人気の記事

「男女」「男男」「女女」だけじゃない

前回は悶々のあまり「オッパイ問題」に終始してしまった『リリーのすべて』ですが、今回はもう少しちゃんと映画の内容をお伝えせねばなりません。てか、それが本来の仕事だってば。

物語はある日「本当は女性だと思う」と言い出した夫アイナー(ことリリー)を、大混乱に陥りながらもサポートし続けた妻グレタの、愛情を描いてゆきます。ふたりはデンマークの首都コペンハーゲンに住む芸術家のカップルなのですが、2人はグレタの個展をきっかけにパリに移住します。基本的に実話をもとにした映画なんですが、ここらへんの実際の事情はちょっと違うようです。

ADの後に記事が続きます

当時「ベル・エポック」と呼ばれた時代の自由にあふれるパリでは、リリーがリリーとして生きやすいことはもちろんではありますが、実はグレタにとっても自分がレズビアンであることを公表できる場所だったようです。当時のデンマークでは同性愛は違法でした。

さてこの映画、基本的にはわかりやすい作品ですが、世の中の性を「男と女とそれ以外」みたいに大雑把に考えてる人にとっては、え?あらっ?どしたこと?と思う点があります。それがリリーの女性としてのファーストキスの相手、青年ヘンリクとの関係です。リリー役がエディ・レッドメインでヘンリク役がベン・ウィショーという女子の勘所を抑えた配役は、まるで『キャロル』のB面のような眼福ですが、まあそれは置いといて。

あるパーティーで女装した自分を熱烈に口説てきたヘンリクの部屋を、いけないわいけないわ、と思いながら訪ねてしまったリリーは、ヘンリクが自分の身体をまさぐり始めると、ヤバいヤバいヤバいダメダメダメ!と撥ね退けます。ところがヘンリクは「大丈夫だよ、分かってるから」。リリーはバレてないと思っていましたが、ヘンリクはすべてを承知で誘っていたんです。彼は同性愛者だったんですね。

後も続くふたりの関係にグレタは嫉妬するのですが、リリーは「ただの友達よ、だって彼は同性愛者だから」と笑い飛ばします。リリーは本来的に女性なので、ヘンリクの相手じゃないんです。「男女」以外にも「男男」「女女」がある――なんて程度の認識は、性的指向性においては大雑把すぎるほど大雑把なわけです。

よく分かんなくても、ふんわり認め合うことはできるはず

映画ではあんまり触れられていませんが、リリーは男性器とともに未発達の女性器も持つ両性具有だったのではないかとも言われています。遺伝子的に女性は「XX」で男性は「XY」ですが、両性具有は「XXY」とか「XXXY」とか「XXXXY」だったりするわけで、実のところ性別はパックリふたつに分かれてるわけじゃなく、グラデーションなんだなーと思ったりもします。

ここにリリー&ヘンリク的な性的指向性がからんでくると、もうなにがなにやらややこしく、理解しようとすると悶々としちゃうわけですが、まあ究極のところは理解なんてせず、「ふうん。じゃあ、そういうのもアリってことで」でいいのかもしれません。そもそも「男女」の「XY」と「XX」だって、分かりあえないことだらけなんですから。

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
話題の映画で再注目! ナンシー・ケリガン襲撃事件の真相
映画界で旋風を巻き起こしたことで、再び当時の事件にも注目が…!
映画
シェア
圧倒的な権力にセックスを強いられる侍女たち
ゴールデングローブ賞で話題のドラマは、まるでハリウッドの寓話。
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
映画
シェア
「嫉妬」するのは女子だから?
人間だもの、嫉妬しちゃう時もある。その悶々が過ぎ去るまで、あの美女はこんなふうにしてるらしい。
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
55th Cannes film festival: Stairs of 'Searching for Debra Winger' and 'Marie-Jo et ses deux amours' In Cannes,
left : Sharon Stone, Rosanna Arquette and Patricia Arquette. Jewels in Diamonds. (Photo by Pool BENAINOUS/DUCLOS/Gamma-Rapho via Getty Images)
映画
シェア
「ワインスタイン」一色だった、今年こそ見たい女子映画
30人を超える女優たちが15年前に告白していた、ハリウッドのセクハラ事情。
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡