【悶々82】女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?

知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされてしまっている……のかも。

人気の記事

「奴隷はなぜ連帯しないのか」の、巧妙な「松・梅」システム

あの国民的アイドルがテレビで「公開処刑」と言われた謝罪をした時、『奴隷のしつけ方』という本がちょっと話題になりました。なぜここまでされて彼らは事務所を出ないのか、SMA…(おっと!)彼らほどの人気と実力があれば事務所なんて関係ないのでは!? と多くの人が思ったわけで、その考察のひとつとして話題になったのが「彼らは精神的に"奴隷"だから」というものでした。

ADの後に記事が続きます

『奴隷のしつけ方』は、「古代ローマの奴隷制度を上手に維持・運営する当時のハウツー本」風に書かれたシニカル系新書みたいなものなのですが、この中で「はー、ご主人様すごいなー」と私が思ったのは「奴隷を奴隷に管理させる」というものです。

ここで仮に「奴隷を管理する奴隷=奴隷・松」「管理される奴隷=奴隷・梅」としましょう。「梅」を管理する「松」は、待遇がちょっと良く、奴隷としては特権的な立場にいます。でもご主人様の逆鱗に触れれば、いつ何時「梅」に転落するかわかりませんし、そうならないとしても「梅」がいることで自分たちの地位が維持されているわけですから、「こんな扱いをするなんて"梅"が可哀そう!」なんてことは100人中99人が言いません。「同じ奴隷を虐げるなんてイヤ」とか「連帯して奴隷解放を目指そう!」なんていう真っ当な行動をすれば、奴隷制度で成り立つ社会自体から敵として標的にされてしまうし、失敗でもした日には目も当てられません。そういうわけで「松」は消極的に――驚くべきは時として積極的に――この奴隷制度を維持する層となってゆきます。

さて今回のネタは、前回に引き続き『ドリーム』。この映画を見たときに、私はこの、奴隷制度を維持する「松・梅システム」を思い出しました。「梅」はもちろん、黒人女子たち。そして「松」が誰かと言えば、白人女子です。

日本の「女性活躍の時代」が、お題目でしかない理由

映画にキャラクターとして出てくる白人女子はふたりだけ。そのうち印象的なのは、キルスティン・ダンストが演じるヴィヴィアンです。彼女は黒人女子のみで構成された「西計算グループ」に組織からの指示を渡す役割で、それこそ黒人の計算係を「あの部署に計算機2つ持って行って」みたいな調子で、常に高圧的に接してきます。3人の主人公のうちのひとり、誰もやる人がいないので仕方なくグループを仕切っている姉御肌のドロシーは、「現状として私が仕切っているんだから管理職にしてもらえないか」と訴えますが、ヴィヴィアンは「黒人は管理職にはなれない。理由は知らないけど、上に聞くつもりもない」と一蹴。マジで嫌な女なんですね。

映画でフューチャーされるのは「黒人女子の計算係」ですが、それとは別に「白人女子の計算係」もいて、両者には待遇差――配属される部署、給料、出世――があることがそれとなく示されます。でもじゃあ白人女子が白人の男に対して差別されていないかと言えば、やっぱりされてるんですね。だってNASAの有人飛行計画の中枢には白人の男しかいないし、白人女子の計算係は結局は「計算機」で、当時導入されつつあったコンピューターによってお払い箱にされるのは目に見えているんです。

この「松・梅システム」、実のところ今の時代にも形を変えながら普通に残っています。「業務職と総合職」も「派遣と正社員」も、ちょっとひねって「産む人と産まない人」というのもあるかもしれません。何らかの理由で、例えば総合職が「女のくせに」とケナされるとき、業務職は「女らしく」男たちに尽くしてしまうし、「産む人」の遅出早帰りを、「産まない人」は「こっちは深夜残業なのに気楽なもんだよね」と、男中心の社会になじみ切った思考回路で責めてしまいます。でも人間だもの、この両者が一枚岩になるのは、やっぱりすごーく難しいなとも思います。

映画でこの状況をぶっ壊してくれるのは、ケビン・コスナー演じる有人飛行計画を仕切っている上司なのですが、それは決して彼が立派な人だったからではありません。彼ら白黒男女の唯一の共通項である「アメリカ人」に、ソ連という強大な敵がおり、一枚岩にならなければ彼らを打ち負かせない!という、強烈な目的意識と危機感があったからです。

転じて現在の日本。「女性活躍の時代」とお題目並べてる政治家のおっさんたちは、高度経済成長とかバブルとか美味しい時代を、どこぞのお坊ちゃんとして生きてきて、危機感なんてこれっぽっちも感じたことのない人たちばっかり。こんなんで女子たちの悶々がなくなるわけないよなあ。

『ドリーム』

(C)2016 Twentieth Century Fox

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ジェニファー・ローレンス アクティビストになるため休業
映画
シェア
ジェニファー・ローレンス、1年休業し「活動家」として注力!?
1年間でも、彼女の新たな演技が観られなくなるなんて…
ホラー映画に出ていたスター
映画
シェア
今や黒歴史?若手時代ホラー作品に出ていたセレブ13人
ひょっとしたら本人たちは「早く忘れてほしい」と思ってるかも…?
ハリウッドは賞レースシーズン真っただ中。ゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)などが続々と発表され、各賞の結果を受け、3月4日に開催される映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の受賞予測がさらに白熱。今年のアカデミー賞の有力候補に挙げられているのが、13部門にノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』、8部門にノミネートされた『ダンケルク』、そして7部門にノミネートされた『スリー・ビルボード』など。けれど、ノミネート数が多いことが必ずしも受賞につながるわけではないので、本番当日までドキドキワクワクは続く。授賞式まであと3週間あまり、ここでひと足早くオスカー主要8部門の最有力候補をおさらいしましょう。ノミネート作品はこちらから。
映画
シェア
オスカーは誰の手に!?今年のアカデミー賞のゆくえを大予想
ひと足早く、主要8部門の最有力候補をおさらい!
2月10日(現地時間)に21歳の誕生日を迎えた、人気ハリウッド女優、クロエ・グレース・モレッツ。最近はブルックリン・ベッカムとの熱愛も注目のクロエだけれど、本業は女優。しかも、演技派! 子役モデルとしてキャリアをスタートし、7歳から女優に転向。既に数々の賞を受賞し、輝かしいキャリアを誇る。そんな彼女のバースデイを祝して、クロエの魅力がぎゅっと詰まった8作品を厳選してご紹介。そのキュートなルックスとは裏腹に、実はホラー映画のオファーが多いという意外な一面にも注目!
映画
シェア
絶対見るべき!クロエ・モレッツの魅力が詰まった映画8選
ブルックリンとの復縁でも話題のクロエ・グレース・モレッツ。女優業も順調で羨ましい♡
まとめてチェック!2017年に海外で大ヒットした映画15本
映画
シェア
映画好き女子必見!昨年海外で大ヒットした作品15
これから日本公開になる作品も続々!
2月14日、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。たまには、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!
映画
シェア
LOVEムードが高まる♡バレンタインに観たい名作映画15
不朽のラブロマンスからアクション大作まで!恋愛の世界にどっぷり浸れる作品をご紹介♡
「自分の出演映画が嫌い」!?セレブが後悔している14作
映画
シェア
そうなの!?セレブが好きになれない「自身の出演作」14
世界的にヒットしたのに…
現地時間2月4日(日)に放映された、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボウル2018」。アメリカ全土が視聴しているため、この時間を狙って放映されるCMや、解禁される注目作の予告編は、毎年大きな話題に(広告費は30秒で約6億円もかかるのだとか…!)。そこで、今回放映されたトレイラーをここで一挙ご紹介。見逃せないエンタメ巨編が勢揃いしているので、予習も含めてしっかりチェック!
映画
シェア
スーパーボウルで予告編がお披露目!今年の注目映画8
今年見逃せないエンタメ巨編は?日本公開日と合わせてチェック!
これを見れば王室通♡「イギリス王室を描いた映画」6
映画
シェア
これを見れば王室通!「イギリス王室」を描いた映画6
エリザベス1世からダイアナ妃まで、イギリス王室がよく分かる!
映画
シェア
見応えあり…!アカデミー賞ノミネート作も続々、2月の注目映画
どの映画も、忘れられない1本になるはず。