【悶々81】「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。

あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。

人気の記事

「これやっとけ」と資料を投げる、無礼で無能な"あるある"アホ上司

さて今回のネタは、全働く女子が感涙の『ドリーム』。

当初の雑な邦題で炎上騒動が起こり、こんな「もう一声!」というか「結局何の映画」みたいなタイトルになってしまっちゃっていますが、原題は『Hidden Figure』(隠された功労者)。草創期のNASAで「人間コンピューター」として活躍した3人の黒人女性たちについての物語です。

ADの後に記事が続きます

スマホ世代の人たちにはちょっと想像もつかないかもしれませんが、1950年代はコンピューターどころか計算機すらもない時代です。でも宇宙開発では、例えば打ち上げたロケットが地球に戻るには、時速何キロくらいがいいわけ?とか、回収の都合上、この辺の座標に落ちてほしいんだけどどうすれば?とか、ジェットエンジンのこの風圧に耐えるには、機体の鉄板の厚さはどのくらいに?とか、ぜーんぶ計算で割り出さねばなりません。

これ当然ながら、ルートとかシグマとかサインコサインとか、なんだかようわからんニョロっとした記号とかがごっちゃり入った、小数点以下含めた10桁とか15桁とかの計算になります。計算機すらない時代にそれどうやるんですか?って思いますね。暗算です。ひゃああああ。それも「じゃあ明日までに」とかじゃなく、「この場合はどうなるかね?あつみくん」と聞かれたら「はいはい、そうなるとこれがこうなってこうなって、こんなん出ました」的に、その場で黒板で即座に計算しちゃう。3人は尋常じゃない天才なんです。

ところが、彼女ら含めた「黒人計算係」は、黒人(それも女子)であるために、単なる「計算機」としてしか扱われません。その日常は、ちょっと信じがたい「エンガチョ的」な黒人の扱いはもとより、無能な上司に「これやっとけ」って資料投げられ、完璧に仕上げた報告書にはそのバカ上司の名前のみ、会議の出席を認めてもらえないために二度手間三度手間、認められたと思ったら鼻先で扉が閉まり……の連続。その憤懣は、働く女子ならきっと1度は経験したことのあるもので、それでもくじけず品位を失わず、自分たちの地位を勝ち取ってゆく姿には、声援を送らずにいられません~!

「せっかくいい大学出たくせに、なんでバリバリ働かないの?」

映画を見て――まあ悪くはないけど良くもない、しょせん文学部でしょと言われがちな、中途半端な学歴の――私は思いました。頭がよくて仕事がデキる高学歴の女子って、ほんとカッコいいなと。能力と性差の相関関係などないと、誰にも文句を言わせない形で証明できるんだなと。そして、私ももう少し頭が良ければこうなりたかった、こういう人たちこそ世の女子をリードしてほしい!働く女子の閉そく感を打ち破るパイオニアになってほしい!と。骨の髄まで凡人的発想で、思っちゃったわけです。

そんな中で耳にした「昨今の高学歴女子は、"結婚し子供を産んだ後も、長く働けるから"と業務職を選ぶ人が多い」というニュースには、残念さと反省とがないまぜとなった悶々に陥りました。もちろんマイペースで働ける業務職だってぜんぜん悪くはない。でもやっぱり「残念だな」と思うのは、「舞台に立ちさえすれば凡人にはできないことを成し遂げられる。だから諦めないで!」と思うから。そしてそれと同時に「身勝手な思いばっかり託してお尻を叩き続けて、ごめんよ高学歴女子。そりゃ疲れちゃうよね」と反省もしたのです。

『ドリーム』の主人公3人のうちの1人、メアリーが、ユダヤ人の上司(彼も差別されている)に技師になることを薦められ、黒人女性には無理と断る場面を思い出します。「もし君が白人男性だったら、なりたいかね?」と聞かれ、メアリーはこう答えるんですね。

「白人男性なら、とっくになっています」

そこには「しょせん無理」な人間とは比べ物にならない、高学歴ゆえのより大きな失望があります。高い目標だからこそ目の前に立ちはだかる壁もめっちゃ高く、ゆえに人知れず何かを諦めている場合も少なくないのかもしれません。

もし彼女たちが業務職を選べば、人々は「こんないい大学出たのに、なんで?」とどこか非難がましく言っちゃったりもするし、エグゼクティブになれば「いい大学出てるんだから当たり前」と片づけちゃったりもする。強いから。美人だから。〇〇だから。そんなふうに言っちゃう私たちは、裏を返せば「私は〇〇じゃないから」と、責任逃れしているだけなのかもしれないなあ。

『ドリーム』

(C)2016 Twentieth Century Fox

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。
映画
シェア
亡きレイア姫への想い…『スター・ウォーズ』キャストが来日
いよいよ公開!本作が遺作となったレイア姫役のキャリー・フィッシャーへの想いも…
映画
シェア
「女性を分断しようとする連中に、私は利用されたくない」
美しく強い女性を演じ続けるジェシカ・チャスティン本人に迫る!
批判をよそに、大成功したびっくりキャスティング9選
映画
シェア
批判されたけど大成功!ヒット映画のキャスティング秘話9
キャスティングの是非は、映画が完成するまでわからない!