【悶々78】『ワンダーウーマン』の後に、『アナ雪』を見て思うこと。

「みんな辛いのよ」と語りかけ、辛いままの現実を生きる勇気と共感だけを与えちゃったりする、いわゆる「エルザの功罪」。

人気の記事

「女のくせに」を完全スルーするワンダーウーマン

さて今回も、前回に引き続き『ワンダーウーマン』

ワンダーウーマンことダイアナは異次元空間にある、神話の国の美しく平和な(でもいざという時のためにバリバリ鍛えている)女子だけの島に住むお姫様です。何の拍子かその島に突如現れた第二次大戦下の英軍人スティーブ(イケメン)を通じて、彼が追う極悪ナチ将校の存在を知った彼女は、「そいつこそ幼い頃から聞いてきた"世界を破壊する戦争の神アレス"に違いない」と思い込み、「アレス」を倒すべく生れた自身の宿命に駆り立てられて、人間界の戦争へと飛び込んでゆく――とこんなお話です。

ADの後に記事が続きます

というわけで人間界にやってきた彼女、初めての場所で見るもの触るものすべてが新鮮で、「なぜ?なに?」だらけ。前回、この描写が往年のロマンティック・コメディ『ローマの休日』にそっくりだということを書きましたが、オードリー・ヘプバーンが演じたアン王女とダイアナが歴然と違うのは、彼女が女子だけの世界――女子が王で、女子が戦闘員で、女子が自己主張してすべてを決定し、男が一人もおらず、だからこそ「男に頼る」という発想すらない世界にいたことです。

傑作は、彼女の世話を焼くスティーブの秘書に「セクレタリーって何?」と聞いたときのこと。「命じられたことを何でもやるの」と答えた相手に、ダイアナは言います。「私の世界では、それはスレイバリー(奴隷)っていうけど」。

「なんで女だけが!?」と爆発して、意外と気が済んじゃう人

そんなわけで、人間界の常識なんて知らないダイアナは、女性が普通はしないこと、女性に許されないことを、思うままに実行。「そういうことはするもんじゃない」と言われば「なぜ?」と聞きかえし、「いいから言うとおりに」と言われれば「ふーん」と返しながら本質的にはスルー。空気を読む気全然ナシ。「これをやったらまずいかな?」という「事前読み」はもちろん、「周囲は私を変な目で見てるかも」という「事後読み」も全くナシ。

そして最も素晴らしいのは、その際に「女だから許されないなんて頭にくる!」とか「なんで私が悪く言われなきゃいけないの?」とか「白い目で見られるのが悲しい」みたいな感情的反応も一切せず、それでいて納得しないことには全然従わないところ。こういうのがほんと大事なんだよ……と思った私の頭の中に、かつて一世を風靡したあるヒロインが思い浮かんびました。『アナと雪の女王』のエルサです。

エルサはものすごい能力を持ちながら、それゆえに疎まれ、周囲に望まれる自分と本当の自分のギャップに悶々とし、ありのままの自分でいるために世界を捨て、そいう自分の悲劇をめちゃめちゃ実感しながら強がりまくってるお姫さまです。『アナ雪』が2030代の大人の女子の琴線に触れたのは、「エルサは私なのよぉぉぉ~」という、その悲しみへの共感にほかなりません。

そうした『アナ雪』フィーバーのさ中、私は密かに思いました。「誰かに望まれる自分でいたい」女子だらけの日本に、「"ありのままの自分でいたい"と思ってる人って、そんなにいたんだ?」と。そしてもしかするとそういう女子たちって、この映画で「私だけじゃない」と共感して号泣して、それだけで意外とすっきりしちゃって、理不尽な明日を生きていく勇気をもらっちゃうんじゃないだろうか、と。状況は何ひとつ変わらない、変えないままで。

だからこそ、その3年後に登場したヒロイン、ダイアナの「空気の読まなさ」を、私はより一層称えたい。自分の思うように行動し、納得できなければ「なぜ?」と問う。周囲の反応をスルーしながらこれを何度も繰り返し、「ありのままの自分」を周囲に理解させる人だからです。だって欲しいのは、傷を舐めあう仲間じゃなく、自分が傷つけられることのない世界なんだから。

『ワンダーウーマン』

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ハリウッドは賞レースシーズン真っただ中。ゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)などが続々と発表され、各賞の結果を受け、3月4日に開催される映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の受賞予測がさらに白熱。今年のアカデミー賞の有力候補に挙げられているのが、13部門にノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』、8部門にノミネートされた『ダンケルク』、そして7部門にノミネートされた『スリー・ビルボード』など。けれど、ノミネート数が多いことが必ずしも受賞につながるわけではないので、本番当日までドキドキワクワクは続く。授賞式まであと3週間あまり、ここでひと足早くオスカー主要8部門の最有力候補をおさらいしましょう。ノミネート作品はこちらから。
映画
シェア
オスカーは誰の手に!?今年のアカデミー賞のゆくえを大予想
ひと足早く、主要8部門の最有力候補をおさらい!
2月10日(現地時間)に21歳の誕生日を迎えた、人気ハリウッド女優、クロエ・グレース・モレッツ。最近はブルックリン・ベッカムとの熱愛も注目のクロエだけれど、本業は女優。しかも、演技派! 子役モデルとしてキャリアをスタートし、7歳から女優に転向。既に数々の賞を受賞し、輝かしいキャリアを誇る。そんな彼女のバースデイを祝して、クロエの魅力がぎゅっと詰まった8作品を厳選してご紹介。そのキュートなルックスとは裏腹に、実はホラー映画のオファーが多いという意外な一面にも注目!
映画
シェア
絶対見るべき!クロエ・モレッツの魅力が詰まった映画8選
ブルックリンとの復縁でも話題のクロエ・グレース・モレッツ。女優業も順調で羨ましい♡
まとめてチェック!2017年に海外で大ヒットした映画15本
映画
シェア
映画好き女子必見!昨年海外で大ヒットした作品15
これから日本公開になる作品も続々!
2月14日、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。たまには、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!
映画
シェア
LOVEムードが高まる♡バレンタインに観たい名作映画15
不朽のラブロマンスからアクション大作まで!恋愛の世界にどっぷり浸れる作品をご紹介♡
「自分の出演映画が嫌い」!?セレブが後悔している14作
映画
シェア
そうなの!?セレブが好きになれない「自身の出演作」14
世界的にヒットしたのに…
現地時間2月4日(日)に放映された、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボウル2018」。アメリカ全土が視聴しているため、この時間を狙って放映されるCMや、解禁される注目作の予告編は、毎年大きな話題に(広告費は30秒で約6億円もかかるのだとか…!)。そこで、今回放映されたトレイラーをここで一挙ご紹介。見逃せないエンタメ巨編が勢揃いしているので、予習も含めてしっかりチェック!
映画
シェア
スーパーボウルで予告編がお披露目!今年の注目映画8
今年見逃せないエンタメ巨編は?日本公開日と合わせてチェック!
これを見れば王室通♡「イギリス王室を描いた映画」6
映画
シェア
これを見れば王室通!「イギリス王室」を描いた映画6
エリザベス1世からダイアナ妃まで、イギリス王室がよく分かる!
映画
シェア
見応えあり…!アカデミー賞ノミネート作も続々、2月の注目映画
どの映画も、忘れられない1本になるはず。
映画
シェア
思わずうっとり♡「プロポーズ」が印象的な映画12選
こんなプロポーズされてみたい!? 人気作が知る人ぞ知る1本まで!
シェイプ・オブ・ウォーター
映画
シェア
日本公開日まとめ付き!第90回アカデミー賞ノミネート作品
最多13部門ノミネートは、『シェイプ・オブ・ウォーター』!