【悶々77】「女子には無理」は、単なる「思い込まされ」

管理職とか経営者とかすし職人とか映画監督とか。女は編集長にはしない、という出版社もいまだにあるようです、はい。

人気の記事

「女には無理」な職業は、アクション映画の監督?

その昔「女はすし職人になれない」と言われていました。「すし職人なりたがる女がいない」じゃなくて「なれない」ってどういうこと?と思っていた私は、その理由を「女は手が温かいから、ネタが生臭くなる」ともっともらしく説明する周囲の大人の襟首に、氷のように冷えた自分の手(スーパー冷え症)を滑り込ませて、「冷たっ!」と言わせて面白がっていました。

ADの後に記事が続きます

100人の女と100人の男の手の平均温度を比べたら、冷え性が多い女の方が低いのはほぼ間違いないこと、つまりここにはおそらく別の理由があるわけですが、さらにまた別の説「女は生理がある(=不浄のもの)から」があることを知りぶっ飛びました。性器触らないとトイレが済まない男のほうが100倍汚いだろ、っていうのはあくまで個人的感覚ではありますが。

もちろん「女子には向かない(けど人による)」「女子は好んでやらない(けど人による)」という職業はあると思いますが、それ男も同じだし、「男には無理」な職業がないのと同じように、「女には無理」なんて職業なんてないんじゃないかなー。女は論理性に欠けるとか、女は感情的とかいうけど、論理的思考なんてその気になれば誰でもできるし、感情的で面倒くさい男なんて石投げりゃその辺にいくらでも。女子がそう思い込まされてるだけです。

さてそんなこんなで、今回のネタは話題の『ワンダーウーマン』。この映画は、ふたつの「女には無理」を達成した映画として映画史に残る作品となりました。

それは「女性監督」と「女性の主役」が、「アクション超大作を大ヒットさせること」です。

『ワンダーウーマン』は、『ローマの休日』アクションバージョン

アクション超大作と言えば、当然ながらハリウッドのメインストリームであり、大ヒットが大命題という作品でもあります。そのジャンルを支える観客は男で、男が求めるもの(マッチョなヒーローとか、それに惚れる露出度の高い巨乳女とか)を散りばめ、そういうのがわかってる人、つまり男性監督に任せる――という考え方がスタンダードです。でもこれは最近のハリウッドで戦闘的な女優たちがよく口にすることですが――もし女性好みの映画があれば、お金を払う女性観客も当然います。

というわけで大ヒットしたのが『ワンダーウーマン』です。というのもこのヒロイン、最強であると同時に、神話世界からやってきたお姫様なんです。そして彼女を伴って戦場を行く軍人との関係は、完全にオードリー・ヘプバーンの『ローマの休日』なんです。

さてこの作品を大ヒットに導いた監督パティ・ジェンキンスには、映画公開の後にすごく嬉しいことがあったといいます。それはある幼稚園の女の子たちが

「将来、ダイアナ(ワンダーウーマンのこと)みたいに何か国語もしゃべれるようになりたい」「お誕生日会は『美女と野獣』パーティーにしようと思ってたけど、『ワンダーウーマン』パーティーにする」「"世界を救う必要があるなら、その準備をしたい"と翌日からワンダーウーマンの格好で来るようになった」

素直で自分の可能性を自ら狭めない子供のうちに、こういう体験することすごく大事。もちろん才色兼備で最強の正義のお姫さまは、そりゃ絵空事ではありますが、優しくカッコいいヒーローが男の子に道を示すように、ワンダーウーマンは女子にカッコいい生き方を示すある種のロールモデルになったんではないか、なーんて思ったりもします。

「これを知ってあらゆる苦労がふっとんだ」と喜ぶパティ・ジェンキンス監督も、ミス・イスラエルにして兵役経験のある主演女優ガル・ガドットもまたしかり。すし職人じゃないですが、「女子には無理」なんてことは「思い込み」であり「思い込まされ」です。この映画をきっかけに、カッコいい女子たち、増えてゆくかもしれません。

『ワンダーウーマン』

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
ジェニファー・ローレンス アクティビストになるため休業
映画
シェア
ジェニファー・ローレンス、1年休業し「活動家」として注力!?
1年間でも、彼女の新たな演技が観られなくなるなんて…
ホラー映画に出ていたスター
映画
シェア
今や黒歴史?若手時代ホラー作品に出ていたセレブ13人
ひょっとしたら本人たちは「早く忘れてほしい」と思ってるかも…?
ハリウッドは賞レースシーズン真っただ中。ゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)などが続々と発表され、各賞の結果を受け、3月4日に開催される映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の受賞予測がさらに白熱。今年のアカデミー賞の有力候補に挙げられているのが、13部門にノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』、8部門にノミネートされた『ダンケルク』、そして7部門にノミネートされた『スリー・ビルボード』など。けれど、ノミネート数が多いことが必ずしも受賞につながるわけではないので、本番当日までドキドキワクワクは続く。授賞式まであと3週間あまり、ここでひと足早くオスカー主要8部門の最有力候補をおさらいしましょう。ノミネート作品はこちらから。
映画
シェア
オスカーは誰の手に!?今年のアカデミー賞のゆくえを大予想
ひと足早く、主要8部門の最有力候補をおさらい!
2月10日(現地時間)に21歳の誕生日を迎えた、人気ハリウッド女優、クロエ・グレース・モレッツ。最近はブルックリン・ベッカムとの熱愛も注目のクロエだけれど、本業は女優。しかも、演技派! 子役モデルとしてキャリアをスタートし、7歳から女優に転向。既に数々の賞を受賞し、輝かしいキャリアを誇る。そんな彼女のバースデイを祝して、クロエの魅力がぎゅっと詰まった8作品を厳選してご紹介。そのキュートなルックスとは裏腹に、実はホラー映画のオファーが多いという意外な一面にも注目!
映画
シェア
絶対見るべき!クロエ・モレッツの魅力が詰まった映画8選
ブルックリンとの復縁でも話題のクロエ・グレース・モレッツ。女優業も順調で羨ましい♡
まとめてチェック!2017年に海外で大ヒットした映画15本
映画
シェア
映画好き女子必見!昨年海外で大ヒットした作品15
これから日本公開になる作品も続々!
2月14日、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。たまには、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!
映画
シェア
LOVEムードが高まる♡バレンタインに観たい名作映画15
不朽のラブロマンスからアクション大作まで!恋愛の世界にどっぷり浸れる作品をご紹介♡
映画
シェア
「その気」を巡る、女と男のモヤる展開
僕はその気はないんで、の前に、私にその気があるかどうか、確認していただけると。
「自分の出演映画が嫌い」!?セレブが後悔している14作
映画
シェア
そうなの!?セレブが好きになれない「自身の出演作」14
世界的にヒットしたのに…
現地時間2月4日(日)に放映された、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボウル2018」。アメリカ全土が視聴しているため、この時間を狙って放映されるCMや、解禁される注目作の予告編は、毎年大きな話題に(広告費は30秒で約6億円もかかるのだとか…!)。そこで、今回放映されたトレイラーをここで一挙ご紹介。見逃せないエンタメ巨編が勢揃いしているので、予習も含めてしっかりチェック!
映画
シェア
スーパーボウルで予告編がお披露目!今年の注目映画8
今年見逃せないエンタメ巨編は?日本公開日と合わせてチェック!
これを見れば王室通♡「イギリス王室を描いた映画」6
映画
シェア
これを見れば王室通!「イギリス王室」を描いた映画6
エリザベス1世からダイアナ妃まで、イギリス王室がよく分かる!