【悶々71】「ご飯」や「飲み」の約束は、単にそれだけの同意

それのどこをどう考えれば「セックスOK」になるのか、さっぱりわからないんですが。

人気の記事

当時はファスベンダーの裸にしか目がいきませんでした。

マイケル・ファスベンダーに関する長めの原稿を書くために、過去の作品をいろいろと見直していたのですが、誌面に使う出演作のスチールを選ぶときに、これは絶対に外せないよねと即決まったのが『シェイム』――30代のセックス依存症の男の日常を描いた作品です。日本での公開当時のことをすごくよく覚えていますが、二枚目俳優ファスベンダーがオールヌードで出ている、海外の映画祭でも物議をかもしたそれはそれは過激な映画らしい、それって日本では公開できるの?的な噂で、日本の映画業界は持ちきりだったこと覚えています。

ADの後に記事が続きます

でもって今回、海外でのインタビューなんかもいろいろ読み、そのうえで映画を見直してみて、つくづく思いました。なんていい映画なんだろうと。ヌードばかりに気を取られていた、当時の私のなんたるバカさ。もちろん「やっぱり世の中には正義のヒーローが必要!」とか「私が求める理想の王子様」という結論でヒャッホー!な気分にしてくれるハリウッド映画も、私は決して嫌いじゃありません。『キャプテン・アメリカ』も『アイアンマン』も『マジックマイク』も『美女と野獣』も大好き。

でもそういう映画しか見てこなかった人には、「セックス依存症が陥った袋小路(つまり全然治らない)」を見せられても、「で、どうしろっていうの?」的に言われてしまいます。もしくは「"セックス依存症の男"とかそれだけでダメ」と言って、見てくれない。ま、わかりますよ、わかるんだけども。

セックスに依存度の高い男は、依存症の男だけじゃない

もちろん私だって、こんな男と友達には決してなりたくない。営業部の**さんってセックス依存症らしいよ、会社がPCをチェックしたらエロ動画だらけで、取引先の女の子にのべつまくなしに手を出してるのが問題になってるし、トイレでひとりでやってるのも目撃されている……なんて話を聞いたら、勘弁して**さんの触ったものキモくて触れないとか思うと思います。

でも映画は「確かに人間ってこうなんだよね」っていう感じが大事で、『シェイム』にはそれがある!と熱弁し、まあ要するに私はこの映画をすごーく買っているわけですが――女子としてはマジで恐ろしいと思う場面もあります。それは冒頭、主人公ブランドンが地下鉄の中で、なんとなく一人の女子に目を止める場面です。

まず男の視線に気づいた彼女、目が合ってごまかすように微笑みます。彼が送り続ける視線にその後もなんとなく応じていたのですが、ふいに男が組み替えた脚に目をやっていることに気づき、居心地が悪くなって立ち上がる。男も立ち上がって彼女の後ろに立ち、彼女が手すりをつかむ手に少し触れる。明らかに顔色を抱えた彼女は、扉が開いた途端に飛び出す。追う男。彼女は階段を駆け上がり、男はそれに追いすがり――人ごみの中に彼女を見失います。よ、よかった……。

この場面は映画の構造として意図的にこんなふうに作っているのですが、見ていて本当に怖い。笑顔だけで向こうもその気と判断したこと、そしてそう思ったらそこから突き進んでいく姿が衝撃です。てかこういうのをどれだけ女子が怖いと思うのか、わかっていないんだろうか。男たち。ファスベンダーみたいなイケメンでも、ぜんぜん関係ないんですけど。

セックス依存症って怖いわ……と思っていたらNHKの某番組のアンケートで、「ふたりでご飯」「ふたりで飲み」「車に乗る」「泥酔」でセックスの同意を得たと思っている男があまりに多いことを知りました。自分に都合のいい理解は依存症の人だけじゃないみたいなんで、どうぞみなさん気を付けて。

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック


SHAME−シェイム− (字幕版)

Buy Now


More from Cosmopolitan Japan:
ジェニファー・ローレンス アクティビストになるため休業
映画
シェア
ジェニファー・ローレンス、1年休業し「活動家」として注力!?
1年間でも、彼女の新たな演技が観られなくなるなんて…
ホラー映画に出ていたスター
映画
シェア
今や黒歴史?若手時代ホラー作品に出ていたセレブ13人
ひょっとしたら本人たちは「早く忘れてほしい」と思ってるかも…?
ハリウッドは賞レースシーズン真っただ中。ゴールデン・グローブ賞、全米製作者組合賞(PGA)、全米映画俳優組合賞(SAG)などが続々と発表され、各賞の結果を受け、3月4日に開催される映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の受賞予測がさらに白熱。今年のアカデミー賞の有力候補に挙げられているのが、13部門にノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』、8部門にノミネートされた『ダンケルク』、そして7部門にノミネートされた『スリー・ビルボード』など。けれど、ノミネート数が多いことが必ずしも受賞につながるわけではないので、本番当日までドキドキワクワクは続く。授賞式まであと3週間あまり、ここでひと足早くオスカー主要8部門の最有力候補をおさらいしましょう。ノミネート作品はこちらから。
映画
シェア
オスカーは誰の手に!?今年のアカデミー賞のゆくえを大予想
ひと足早く、主要8部門の最有力候補をおさらい!
2月10日(現地時間)に21歳の誕生日を迎えた、人気ハリウッド女優、クロエ・グレース・モレッツ。最近はブルックリン・ベッカムとの熱愛も注目のクロエだけれど、本業は女優。しかも、演技派! 子役モデルとしてキャリアをスタートし、7歳から女優に転向。既に数々の賞を受賞し、輝かしいキャリアを誇る。そんな彼女のバースデイを祝して、クロエの魅力がぎゅっと詰まった8作品を厳選してご紹介。そのキュートなルックスとは裏腹に、実はホラー映画のオファーが多いという意外な一面にも注目!
映画
シェア
絶対見るべき!クロエ・モレッツの魅力が詰まった映画8選
ブルックリンとの復縁でも話題のクロエ・グレース・モレッツ。女優業も順調で羨ましい♡
まとめてチェック!2017年に海外で大ヒットした映画15本
映画
シェア
映画好き女子必見!昨年海外で大ヒットした作品15
これから日本公開になる作品も続々!
2月14日、きたるバレンタインデーに向けて高まる乙女心。目下アツアツ恋愛中の人も、そうでない人も、恋のムードを盛り上げたいなら、ぜひここで紹介する恋愛映画を観てみて。たまには、暖かい部屋でゆっくり恋愛映画三昧コースもアリ!
映画
シェア
LOVEムードが高まる♡バレンタインに観たい名作映画15
不朽のラブロマンスからアクション大作まで!恋愛の世界にどっぷり浸れる作品をご紹介♡
「自分の出演映画が嫌い」!?セレブが後悔している14作
映画
シェア
そうなの!?セレブが好きになれない「自身の出演作」14
世界的にヒットしたのに…
現地時間2月4日(日)に放映された、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボウル2018」。アメリカ全土が視聴しているため、この時間を狙って放映されるCMや、解禁される注目作の予告編は、毎年大きな話題に(広告費は30秒で約6億円もかかるのだとか…!)。そこで、今回放映されたトレイラーをここで一挙ご紹介。見逃せないエンタメ巨編が勢揃いしているので、予習も含めてしっかりチェック!
映画
シェア
スーパーボウルで予告編がお披露目!今年の注目映画8
今年見逃せないエンタメ巨編は?日本公開日と合わせてチェック!
これを見れば王室通♡「イギリス王室を描いた映画」6
映画
シェア
これを見れば王室通!「イギリス王室」を描いた映画6
エリザベス1世からダイアナ妃まで、イギリス王室がよく分かる!
映画
シェア
見応えあり…!アカデミー賞ノミネート作も続々、2月の注目映画
どの映画も、忘れられない1本になるはず。