育ててくれた人、すべてに感謝したくなる!【よしひろまさみちの私的エンタメ】

おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!

人気の記事

先週末から公開された『20センチュリー・ウーマン』。サブカル好きな人だったらもうチェック済みかな~。じつはこの映画の公開前夜に新宿ピカデリーで『20~』とマイク・ミルズ監督の前作『人生はビギナーズ』(Netflixでも配信中)の特別連続上映がありまして~。その上映前に映画コメンテーターのLiLiCo姐さんにお話を聞くというイベントをいたしたんですな。イベントがあったから、ではなく、そもそも問題でこの映画、あたしは大好きなんだけど、思い出せば出すほど自分の親に対する思いと重ねちゃう映画なのね~、と実感するばかり。みんなにもそれを味わって欲しいのでご紹介!

左:息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育方針に悩むシングルマザーのドロシア(アネット・ベニング) 右:同居人のアビー(グレタ・ガーウィグ)と、ジェイミーの幼なじみジェニー(エル・ファニング)

ADの後に記事が続きます

この作品はマイク・ミルズ監督のお母さんのお話(ストーリーの詳細はググってね)。といっても、お母さんそのものの伝記ってわけではなくて、実体験や実話をベースに、70年代を生きるシングルマザーと思春期の少年の関係を描いているの。これにはいくつかワケがありまして。ひとつ、監督のママはもうお亡くなりに……。監督のママって戦前生まれの女性だったんだけど、劇中のドロシアと同様、自立心が強くてショートヘア、パンツルックで仕事に行く、って感じだったんだそうで。でも、日本でもそうだけど、戦前生まれの人って「自分語り? なにそれ、かっこわる!」っていう価値観なのね。だから、生前もそんなに自分のことを話さなかったんだそう。監督の思い出の中にいるママと、プラスある程度の脚色が必要だったってわけ。ふたつ、これは前作『人生はビギナーズ』につながることだけど、映画の中ではシングルマザー、実際はパパがいた、ってこと。『人生は~』はパパの話なんだけど、ママが亡くなってからパパが息子(マイク・ミルズ自身を投影した役で、ユアン・マクレガーが演じてます)に「ゲイでした」とカミングアウトして、第二の人生を謳歌するってお話。実際のところ、ママはパパがゲイだってことに気づいてたんだって(監督談)。でも、監督を含め子どもは3人。よき家庭を育んでいたからヨシとしていたんでしょう(そこも含めてママ、最先端)。ということで、今作の設定自体を父不在の家庭に。

でねー。ここからが全くあたしとかぶるのよ。主人公の家には赤の他人だけどドロシアが信頼している同居人がいるのね。思春期の息子をどう扱って良いのやらわからないドロシアは、彼女と息子の幼なじみの女子に手ほどきを託すの。これこれ! これ、まるであたし! うちも共働きで両親ほぼ不在だったから、同じ境遇の従姉(通称:おねえ)と一緒に祖母に育てられていたの。じつの姉弟じゃないんだけど、いとこ同士という微妙な関係性だからこそ成り立つ義姉弟関係。だもんで、この息子ちゃんがされる手ほどきの数々や、お母さんの動揺っぷりとか。おねえとあたしの関係がモロ完全再現されちゃってて……あたしが動揺するわい!

おねえを彷彿とさせるパンクな写真家のアビー(右)

しかもですよ。物語の終盤でジミー・カーター元大統領の名演説が引用されているんだけど、これが染みるのなんの。いまどきの親御さんは、子どもに対して「あなたの好きな道を歩みなさい」っていうのが多いじゃない? この演説の内容は、そういった「道を選ぶ自由」を得たからには人道、道徳、社会的役割など、道義的な分別をわきまえた上でないと、必ず分断が起き、自由の名のもとに破綻が訪れるってことを説いていたの。劇中の息子ちゃんも自由を謳歌しようとするんだけど、その瞬間にこの演説引用。いや~、マイク・ミルズ、さすがだわさ。タイミングといい、引用のうまさといい、文句ナッシング。

は……ごめん。あたし語りばかりじゃんか!(監督のママを見習え!)というようにですね、この映画ってどんな人でも、自分が育った環境を思い出させてくれる作品なのですよ。ちなみに日本でもアメリカでもなく、スウェーデン育ちのLiLiCo姐さんも、自分と母親の関係を思い出したっていうし、こりゃ全世代網羅してる映画だわ、と確信した次第。なので、父の日を前にママの話ってどうよって感じではあるけど、自分を育ててくれた人々全てに感謝するつもりで観て。っていうか、自然と感謝したくなるわよ!

左:母の存在に感謝するはず! 右:連続上映イベントでLiLiCo姐さんと

20センチュリー・ウーマン

監督:マイク・ミルズ/出演:アネット・ベニング、グレタ・ガーウィグ、エル・ファニング、ルーカス・ジェイド・ズマン ほか/配給:ロングライド/公開:現在、丸ノ内ピカデリーほか全国ロードショー中

(C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事
関連記事

☆「よしひろまさみちの私的エンタメ」の記事一覧はこちら

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?
知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされている……のかも。
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。
あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない
普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」