【悶々67】自分のブランド化って…何だそれ。

ブランドになりさえすれば認められちゃう世の中って。

人気の記事

10倍の値段を払っても、人はやっぱりブランドが欲しい

この間、さる取材で工場見学に行った時、工場の担当者から「商品に寄った写真は撮らないでください、うちでは別のブランドの商品も作っているので」と説明があり、まあその時はなるほどなるほどと大人の対応で了解したものの、心の中では「こういうのってなんだか不思議だわあ」と思っていた私です。

ADの後に記事が続きます

例えば海外のハイブランドAのデニムは、実は日本の***県のB工場で作っている、製品は品質から縫製から全く同じで、そのブランドならではのラインなどもこの工場ならでは技術――だけどAの値段はBの10倍、みたいなことはないことではありません。

ところが、そしたらBのデニム買えばいいじゃない――とはならないのが不思議なところ。もちろんブランド物は品質が保証されている、それもある種の事実ですが、全く同じ品質のノーブランドよりもブランドものが欲しいのは、そこに人が求める何かがあるからに違いありません。それって何なのかしら。

さて今回のネタは、クリステン・スチュワート主演の『パーソナル・ショッパー』。この映画を見て「パーソナル・ショッパー」なる仕事を初めて知ったのですが、忙しいセレブのための服やアクセサリーのお買い物代行業。ヒロインのモウリーンはそのパーソナル・ショッパーで、自分の服はそっちのけで年中他人の服ばっかり買っている人です。そんな彼女がある時、クライアントの服に袖を通してしまったことから、物語には妙に危険な空気が漂い始めるのですー。

衣装を脱いだ時のアナタは、いったい何者なのかしら

うーむ、すごいなと思うのは、それまでおっさんみたいな格好しかしていなかったモウリーンが、ブランド服を着て鏡を見て、ある種の恍惚状態に陥ることです。もちろんモウリーンを演じるのが超絶美女のクリステンなので、おっさんスタイルとキラキラドレスの落差は観客にとっても半端ないものではありますが、それ以上に、ふわふわしていたモウリーンが重みを取り戻したような感じというか。実はモウリーン、つい最近双子の兄を失っていて心にぽっかり穴が空き、そこを埋めるものをずっと渇望しているのですが、ブランドの持つ"なんか"がそれを埋めているのかもしれません。

俳優さんに「役作り」について訊ねたときに、よく聞くのは「衣装を着ると自然と役になれる」という言葉です。イメージが確立したブランドものって、そういう衣装みたいなものかもしれません。衣装を着ると確かにそれらしく、周囲がそう見ていることも感じられ、なんとなく落ち着きはするけれど、その反面、衣装を脱いだ時の自分は何者にも見えず……と思うと、なんだか私は妙に怖くなります。服だけじゃなく、大手企業とか、偉い肩書とか、そういう"衣装"にずーっと着られていたら、欲しい"衣装"が手に入らなくなった時、基準も自由も失ってしまうのではないかしら。もちろんそれはブランドの罪でなく、それを盲目的に信仰する人間の問題。

自分をブランド化しなきゃ!とか広告代理店みたいなこという人もいるのですが、何だそれ。そもそもブランドにならないと認められない社会、ブランドになっちゃえば認められちゃう社会って何かしら。それって楽しい? 正しい?

『パーソナル・ショッパー』

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
圧倒的な権力にセックスを強いられる侍女たち
ゴールデングローブ賞で話題のドラマは、まるでハリウッドの寓話。
新年に見たい「フィアレス女性」が主役の映画7
映画
シェア
新年にこそ観たい「フィアレス女性」が主役の映画7
新年にこそ観たい!フィアレス(恐れ知らず/大胆な)な女性を参考に、自分に火をつけて!
ほぼ同時期に公開された「そっくり映画」ガチバトル6
映画
シェア
公開時期までほぼ同じ!?「そっくり映画」ガチバトル6選
ヒットしたのは、果たしてどっち?
映画
シェア
「嫉妬」するのは女子だから?
人間だもの、嫉妬しちゃう時もある。その悶々が過ぎ去るまで、あの美女はこんなふうにしてるらしい。
1997年12月の公開から20年を迎えた映画『タイタニック』。タイタニック号を舞台に、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が恋に落ちる物語で、現在も世界興行収入ランキングで2位をキープするほどの大ヒットを記録した。ジャックとローズは架空の人物で、2人のラブストーリーはフィクション。でも実はこの映画、実在したカップルも登場していることが明らかに。そのカップルとは、一体どんな人物だったのか。US版『カントリーリビング』誌が、2人のひ孫で歴史家のポール・クスマン氏に聞いてみた。
映画
シェア
映画『タイタニック』に描かれていた!実在のラブストーリー
ジャックとローズは架空の人物だけど、あの老夫婦は実在していた!
55th Cannes film festival: Stairs of 'Searching for Debra Winger' and 'Marie-Jo et ses deux amours' In Cannes,
left : Sharon Stone, Rosanna Arquette and Patricia Arquette. Jewels in Diamonds. (Photo by Pool BENAINOUS/DUCLOS/Gamma-Rapho via Getty Images)
映画
シェア
「ワインスタイン」一色だった、今年こそ見たい女子映画
30人を超える女優たちが15年前に告白していた、ハリウッドのセクハラ事情。
映画
シェア
キュンとしちゃう♡甘くて切ない「遠距離恋愛」映画8選
濃厚なラブストーリーに、コメディ、ミュージカル…名作を厳選!切ないロマンスに泣けるはず
今回は、ホリデーシーズンに観たいステキな「キスシーン」のある映画9作品をご紹介。キスするシーンは数あれど、一度観たら脳裏に焼き付くような印象的な名場面も多いもの。思い続けた人との初めてのキス、2人の愛情の証のキス、ドキドキセクシーなシーン中のキス…。一度キスしたことがある人なら、心が揺さぶられること間違いなしの映画を集めました♡ 1人でも、カップルでも、観終わった後はどこか温かい気持ちになれるはず。
映画
シェア
彼と見るのもアリ!「キス」が心を揺さぶる映画9
彼と一緒でも、クリぼっちでも。冬のホリデーシーズンには、恋愛気分にどっぷり浸ってみるのもいいかも。
刺激的すぎ!セックスシーンが話題になった映画8選
映画
シェア
刺激強め!セックスシーンが話題を呼んだ映画8選
でも、観てみたい…♡
映画
シェア
「僕の愛する君が、そんなことするはずない」は、愛じゃなくて脅迫
「愛」を盾にすれば、どんな要求でも通ると思ってる、むちゃくちゃな人たち。