【悶々40】結婚に出産に・・・人生に迷うアナタに、目から鱗の金言。

"たられば"考えすぎると手も足も出ません。特に結婚と出産は。私が言うのもなんですが。

人気の記事

生き方がいろいろありすぎて、思わず「死んだ子の年を数える」

ご存知のように私はライターで、それもどちらかというとウケ狙いの気持ち満々のライターなので、「面白い言葉」を日々探しているところがあります。個人的に古い言葉が結構好きなのですが、「死んだ子の年を数える」というのもそのひとつ。子供を亡くした親が「もしあの子が生きていれば、今年は七五三だったはず。今頃成人式だったはず」と考えてしまうこと、結構切ない話ではあるのですが、つまりは「"たられば"考えて嘆いてもしょうがないこと」という意味で、これ女子が意外とやってしまうことだと思います。あの時の彼と結婚していたら今頃ニューヨーク住まいだったはず、とか、あの時仕事を辞めていなければ私にもキャリアがあったはずとか。生き方にバリエーションがありすぎる時代の、贅沢っちゃあ贅沢な悩みかもしれません。

ADの後に記事が続きます

なんのこっちゃとお思いでしょうが、さて今回のネタも前回に引き続き『少年は残酷な弓を射る』。主人公のエヴァは書店のショーウィンドウにその巨大なポートレートが飾られるような人気作家で、夫は旅先で出会ったフォトグラファー。2人は恋に落ちて結婚し、第一子であるケヴィンを設けます。ところが子供とは無縁の人生を送って来たエヴァには、その扱いが全く分かりません。どんなに頑張っても息子にはなんも伝わらず、ケヴィンは母親が嫌がることしかしない幼児へ、少年へと育ち、ついにはある大事件を起こしていしまいます。

考えれば考えるほど、子供を産むことは恐ろしすぎ

この作品を見た時、私が強烈に感じたのはこの一言に尽きます。「子供を持つことってマジで怖すぎ」。ケヴィン、難しすぎます。まるで子供を産みたくなかったエヴァを責めるかのように、赤ちゃん時代は常に他人が振り返るほど泣きまくり、幼児時代は懸命に遊んであげようとするママをガン無視、大きくなってもおむつ卒業を拒絶、食事はことごとくひっくり返し、新しく生まれた妹をイジめ、さらにこうした一般的な「母親の関心を引きたい」という行動とは程度が異なる、邪悪な行動も多々あります。

まあここまでは1万歩譲ってよしとしても(ぜんぜん、よし、じゃないけども)、何が怖いって、彼の行動の結果を、すべてエヴァが引き受けざるをえないことです。彼が起こした事件は「責任を取る」という言葉が無責任にしか聞こえない、とりかえしのつかない大事です。確かにエヴァは「ダメ母」ですが、この事件が彼女の行動いかんで防げたはず、彼女の責任だとは私は全然思いません。よく「親の愛情が足りないから子供が犯罪者になる」という古典的なことをいう人がいますが、親の愛がない人がすべて犯罪に走るわけじゃなし、すべてのパターンにおいてそれが真実とは言い切れません。

でもあたりどころのない社会はエヴァを徹底的に唾し続けるのも、わからないではありません。そしてすべてを失いながらその後も同じ町に住み続け、それ以外の「責任の取り方」を知らないかのように、その罰を徹底的に受け続けます。これが延々と続きます。客観的理論的に見て非常に理不尽です。

でも私を最も悶々とさせるのは、そういう客観的な理屈を当事者の「子供」は絶対に許してくれないに違いないことです。はた目から見てどんなにいいお母さんでも、子供は自分が満足できなければ「ママの愛が足りない!」と泣き続け、責め続け、母親に罰を与え続けます。小学校でいじめられっ子になる。中学校でいじめっ子になる。グレる。高校生なのに友達も恋人もできない。大学受験に失敗する。社会に出て鬱になってしまった。仕事しないでひきこもる。ネトウヨになる。ヘイトスピーチし始める。とんでもない事件を起こす。

んなことを考えると、恐ろしすぎて子供なんて産めたもんじゃないよね――と、子供を産もうとしたことすらない友人たちと、よく話します。そんな時にふと気づくのは、自分が「死んだ子」どころか「産んでもいない子供の年を数えている」ことです。ここまで深追いした思考と、そこに費やした時間の、今世紀最大の無駄っぷり。

私は40代で子供を産んだ友人に「子供を持つ恐怖になぜ打ち勝てたのか?」と尋ねました。返って来た答えは「考えるのが面倒になったから」。なんと言う金言。発想の転換。ブレイクスルー。煩悩が哲学に変わる瞬間。いろいろ迷っているそこのアナタ、考えるのを止めることですってよ。

♥ 【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
ゼンデイヤ、リース・ウィザースプーンと映画制作でタッグ!
名門私立大を卒業した初めてのアフリカ系アメリカ人を演じることに。
映画
シェア
「スロー」ファッションへの取り組みが話題!
ドキュメンタリー映画『Slowing Down Fast Fashion』を上映。環境に負担をかけないファッションの楽しみ方って?
映画
シェア
レオ様が43歳に!出演作品を一挙おさらい
『ロミオ+ジュリエット』、『タイタニック』、『華麗なるギャツビー』…あなたはどのレオ様が好み?
映画
シェア
売れっ子女優♡エマ・ストーンのキャリアを出演作で振り返り
「2017年世界で最も稼いだ女優」で1位に輝いた、トップ女優エマのデビューから最新作まで!
韓国 俳優
映画
シェア
韓国映画のお楽しみ♡釜山映画祭で出会った新旧イケメン俳優
大御所からライジングスターまで、釜山国際映画祭でキャッチした韓流イケメンたち!
感性が豊かになる…♡11月公開の音楽・アート・ファッション映画
映画
シェア
アートにファッション!11月は感性が豊かになる映画を
主人公のファッションに惚れる、トム・フォード監督作ほか
映画
シェア
都会の真ん中で楽しめる!野外シネマナイトイベントが開催
コッポラ作品を芝生の上で…11月の3連休はここで幕開けを!
映画
シェア
さすがハリウッド女優!体を張った過酷な撮影裏話9
歯が欠けても、骨を折っても、最後まで演じ切る彼女たちの「女優魂」が素晴らしい…!
映画
シェア
ハン・ソロ主役の『スター・ウォーズ』、タイトルが決定!
大人気キャラ、ハン・ソロの若き日々を描いたスピンオフ。タイトル発表にも監督の粋な計らいが…!
映画
シェア
深夜に見ると後悔するかも!?思わず舌つづみを打つ飯テロ映画7選
美味しそうな料理の数々に目がクギヅケ!